JR各社で利用できるオレンジカードを知っていますか。何かの機会にもらったものの使う機会がなく、引き出しに眠っているという人もいるのではないでしょうか。今回は、オレンジカードの価値について解説していきます。

オレンジカードとは?

オレンジカードは、JR各社で利用できるプリペイドカードのことです。JRが国鉄時代の1985年3月に発売を開始しましたが、2013年3月31日をもって販売が終了しています。オレンジカードは、駅にある「みどりの窓口」やカード発売機などで購入できました。500円券、1,000円券、3,000円券、5,000円券、10,000円券の5種類があります。オレンジカードに対応した自動券売機で乗車券を購入するために使うほか、オレンジカード対応の自動精算機や有人改札のカード処理機でも利用できます。オレンジカードはテレホンカードのような外見なので、そのまま改札を通せると勘違いしている人もいるようです。しかし、改札を通すことはできず、あくまでもオレンジカード対応の自動券売機などで使うカードとなります。

オレンジカードは現在も利用可能!

2013年に販売が終了したオレンジカードですが、10,000円券と5,000円券を除いては現在も使用することができます。今後すぐに使えなくなることはないでしょうが、販売はすでに終了しているものなので、早めに使った方が良いでしょう。10,000円券や5,000円券を持っている場合は、一部の駅で1,000円券もしくは3,000円券のカードに交換してもらうことができます。また、1,000円未満の端数は払い戻しとなります。この2つのオレンジカードを持っている人は最寄り駅で交換が可能かどうかを尋ねてみると良いでしょう。


オレンジカードを換金するのも1つの手

オレンジカードは金券ショップで換金することも可能です。中には、取り扱っていない金券ショップもありますが、大手の金券ショップに行けば買い取ってくれるケースがほとんどです。来店前、公式サイトなどでオレンジカードを取り扱っているかどうかを調べてみることをおすすめします。換金率は、大体90%~98%です。少なくとも90%以上で買い取ってくれるお店を見つけましょう。オレンジカードの中にはプレミアが付くものもあり、一時期はかなり高額で取引されていたこともありました。しかし現在は、金券ショップでプレミアなどは考慮されないことがほとんどです。普段からJRをよく利用するのであれば、自分で使った方が手っ取り早いのですが、あまりJRを利用しない人は換金するのも1つの方法です。また、プレミアムが付きそうなオレンジカードを持っている場合は、金券ショップではなく、ネットオークションに出品した方が良いでしょう。ネットオークションは収集家の目にも止まりやすく、高値が付くケースが多いからです。まずは手元にあるオレンジカードがどのようなものなのかを確認しましょう。また、自分が普段JRを利用するか否かによっても、オレンジカードをどうするのかは異なってきます。くれぐれも引き出しの中に眠らせておくことのないよう、有効活用をしましょう。