近年使う機会も減ってきたため、使わずに放置されている切手をお持ちではありませんか? 思い切って買取りに出してみましょう。

切手を集めているコレクターも多く、たまたま持っていた物が思いもかけない高額で買取ってもらえることも少なくないのです。 国内だけでなく海外にもコレクターは多く、わざわざ日本まで珍しいものを探し求めに来る方もいらっしゃいます。 そのため、切手の買取販売を行っているところも非常に多いのです。

切手というのは、単に郵便料金を記したマークというわけではなく、小さいながらも美術品としての価値もあるのです。 また、時代を象徴するデザインが施されていたりして、作成された当時の時代背景を感じられるものでもあるのです。 シート状のものや台紙付きのものの方がより高額で買取ってもらえますが、希少価値のあるものや非常に古くて状態の良い物などは、バラでもかなりの高額になる場合もあります。

ただ、店舗によってはバラでの買取は受け付けていないところもあるので、事前に確認しておきましょう。 大掃除の際に出てきた切手シートや、料金変更に伴って使わずに取っておいたものなどがあれば、そのまま処分してしまわず、まず査定に出してみることをおすすめします。

普通切手などの買取について

普通切手というものは、一般的に郵便局やコンビニなどで販売されているもので、市場に多く出回っているタイプのものです。

「あまり価値がないから大した額にならないだろう」「そもそも買取ってもらえないのではないか」と思われがちですが、実は問題なく買取ってもらえるのです。 一般的な査定額としては、額面の60~80%ほどになります。 当然、保管状態がいいものや、シート状のものの方が割高になります。 破れていたり、使用済みのものは買取ってもらえない場合が多いので注意が必要です。

明治時代に発行されたものは今のような印刷ではなく、手彫りによるものですので、発行枚数も少なく希少価値が高いものです。 そのため、たとえ普通切手であまり状態が良くなくても高額で買取ってもらえる場合が少なくありません。 古そうなものがあれば、迷わず査定に出してみましょう。

また、現金買取はしていませんが、郵便局に行けば別の切手やハガキなどに交換してもらえます。 料金変更以前の切手を集めて郵便局に持っていけば、額面に合わせて新料金のものに変更してもらえるのです。 今後もハガキや切手を使う機会が多いのであれば、こちらの方法を選ぶのもおすすめです。

記念切手などの買取について

記念切手というものは国内の大きなイベントなどの際、その記念として発行されるもので、日本で一番最初に発行されたのは1894年に、明治天皇の銀婚記念の際に作られたものでした。

発行される枚数や、発売される期間に限りがあるのが特徴で、中には使用できる期限も定められているものもあります。 最近はほぼ毎年、しかも年に何種類も発行されるようになってきました。

しかし戦前は数年に一度しか発行されなかった上に種類も少なかったので、それだけ手に入れることが難しく、今もなお高額で売買されることも多いのです。 戦後に発行された記念切手の買取相場は額面の60?80%ほどになっています。 記念切手だからより高く買取ってもらえるかといえば、一概にそうだとは言えないので注意が必要です。

1970年代?1980年代には日本国中で切手収集ブームが起こっていたため、その当時は3000万枚?5000万枚とかなりの枚数が発行されていたのです。 そのため、その頃のものは今も市場にたくさんあふれており、普通切手よりも安く買い取られてしまうことも多いのです。 年代によって発行枚数などにかなりの差があるため、買い取られる額に非常に大きな差が生まれることも少なくありません。


プレミアム切手ってどんなもの?

高額で買い取られるものといえば、プレミアム価値の付いたレア切手を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

まずは本来の予定とは異なる色で印刷されたり、かすれがある、ズレがあるといった印刷ミスタイプのものが挙げられます。 特に印刷技術が発達している日本では滅多にこのような印刷ミスが起こることは少ないので、非常に珍しいタイプです。 糊がついていないものや、表面に糊がついてしまっているものも稀にあります。

また、切り取り用の目打ちがずれているものや、全く入っていないものなどもあります。 無目打ちと言われるタイプですが、まれにそもそも無目打ち状態で販売されるものもあるので、エラーである証明のために複数枚繋がった状態で収集されることが一般的です。

こういった問題があるものは廃棄されるのが一般的で、たまたま市場に出回るということは非常にレアなケースなのです。 また、商品自体には全く問題がないけれども製造番号が1番から順につながっていたり、ゾロ目になっていたりするものも非常に珍しいため人気があります。 切手自体にはあまり興味が無いけれども、エラーアイテムを中心に収集しているという方も非常に多いのです。

バラの切手を高く買取ってもらうには

バラは封筒や小袋などに額面ごとに分けて査定に出すのが一般的ですが、そもそもバラの状態では買い取ってくれない店舗も多く、買い取ってもらえたとしてもそれほどの額にはならないのがバラ切手です。

では、そんなバラ切手でもより高く買い取ってもらうためにはどのような工夫をすればいいのでしょうか。 一番のおすすめは台紙貼りにすることです。 まず、A3サイズの真っ白な用紙を用意します。なければA4サイズのコピー用紙を2枚裏面でくっつけたもので代用可能です。

その用紙に縦5枚、横10枚で同じ額面ごとに分けて切手を貼っていきます。 通常の使用方法と同じく、裏面の糊にしっかり水をつけて貼りましょう。 古くて糊が弱くなっているものは、一般的な糊を使用して貼り付けても大丈夫です。 切手のサイズがバラバラでも、隙間が空いていても問題ありません。

ただし、破れてしまうと価値がなくなってしまいますので丁寧に貼るようにしましょう。 用紙1枚につき、全部で50枚にすることが最も重要なポイントです。 バラのままでは大した額にならなくても、この台紙貼りをすることによって買取額がぐんとアップすることも多いので、是非試してみて下さい。

バラの切手を買取に出すことは可能なの?まとめ

なかなか近所に買い取りを行っている店舗がなかったり、忙しくてなかなか出向けないという方のため、出張買取や郵送買取を行っているところも少なくありません。 出張費用や郵送料、査定料が無料のところも多く、もしも査定額に納得がいかなければ送り返してもらうことも可能です。

中には宅配キットを準備してくれるところもありますので、気になる方はチェックしてみましょう。 また、中にはオークションサイトを利用される方もいらっしゃることでしょう。 オークションサイトではコレクターの方々が常にアンテナを貼っているため、商談成立するケースも非常に多く、また一般査定額よりも高額で買い取られることもあります。

ただし、出品する切手のそもそもの価値をある程度把握しておかなければ、かえって損をしてしまうことも多いものです。 オークションサイトを利用する際には、あらかじめ出品したい商品のおおまかな相場を把握した上で、最低価格を決めてから出品することをおすすめします。

また、オークションサイトによっては個人同士のやり取りになることもあり、まれにトラブルが起きることもあります。 必ずオークションサイトの利用規約にしっかり目を通し、マナーを守って利用するようにしましょう。