日本には以前、切手ブームがあったのを知っていますか。多くの人が切手の収集に夢中になったこの時代から何十年も経ちますが、それでも未だに額面よりも高い金額で取引が行われるプレミア切手というものがあります。ここでは、当時の切手ブームがどのようなものだったのかについてスポットライトを当てていきます。

切手ブーム最盛期は昭和40年代

切手ブームの最盛期は、戦後の日本である昭和40年から昭和50年ころにみられました。このころ、記念切手などの販売が発表されると、郵便局に朝早くから行列ができ、販売の開始を心待ちにしていたほどです。学校などでも子供たちが自分の集めた切手を見せ合い、お互いに自慢し合う光景が見受けられました。このようなブームの到来は戦後の日本の経済が上向きになり、それなりに皆が余裕を持ち始めたことも大きな要因と考えられます。切手収集がここまでブームになった理由としては手軽さが理由に挙げられます。高いものになると凄い金額が付く切手の世界ですが、それでも大半は貴重なものでも100円以下で取引されているものばかりです。そう考えると、切手の収集は骨董品や美術品などと違って、とても気軽に誰でも楽しむことができるという点が大きな魅力といえるでしょう。また、小さいキャンバスに書かれた芸術品として観賞用としても楽しまれています。過去には切手に一流芸術家がデザインに起用されていたこともあるため、美術品としての側面もあるのです。

プレミア切手の存在

切手収集家の間でも特に希少価値が高い切手はプレミア切手として額面金額以上の値が付けられて取引されるようになりました。昭和40年代の切手ブーム当時から人気だった『見返り美人』はプレミア切手の代表格ですが、この切手は額面金額が1枚5円なのに対して、現代でも5枚つづりで3万円程度のプレミア価格が付けられています。このように、流通量が極端に少なく、古すぎて綺麗な状態で残っているものがほとんどないものに関しては高い値段が付けられるようになりました。このプレミア切手の存在がさらに切手ブームに拍車をかけるようになりましたが、日本経済がさらに発展し、興味の惹かれる娯楽や趣味が多くなってくると切手の収集家も徐々に姿を消していき、現代では切手のコレクターはほとんど見かけなくなってしまいました。


切手ブームは再来するか?

昭和40年代をピークに切手ブームは過ぎ去りましたが、このブームは再来するのでしょうか。これは色々なところで議論されていますが、当時のようなブームが再来することはやはり考えにくいようです。しかし、現在でも切手の収集家は少なからずいます。それに、現代では当時のような日本で発行されていた切手ではなく、外国で発行された切手に注目が集まっています。特に中国切手は今でもコレクターが多数いるようで、中には相当な金額で取引されているものもあります。アメリカやイギリスなどの切手でも、戦時中のものなど、歴史的にも貴重なものが多数取引されています。これを考えると、当時の日本のような切手ブームとは少し違うものの、海外切手のブームは再来するどころか、もうすでに到来しているのかもしれません。