切手は手紙などを郵送するために使われる実用的なものではありますが、モノによってはその価値はとても高くなります。テレビなどのメディアでもよく取り上げられているので知っている人も多いかと思いますが、ここでは切手の希少価値についてご紹介していきます。

ほとんどの切手は額面割れ?

前提として、日本に現在ある切手のほとんどは購入金額よりも安い価格で取引される額面割れの状態にあることを知っておきましょう。昔買った切手がそのままになっていて、家の箪笥の肥やしになっているというものの多くは、その切手を売りに出しても額面以下の金額での買取となります。その後、それらの切手は、大量に必要としている企業などに売りに出されます。つまり、買取された切手というのはコレクターに対して売られるわけではなく、ほとんどの切手は企業などに実用的な手段として再利用されているということです。時代的にも現代ではコレクターはほとんどおらず、切手の人気もかなり下火になってきています。昔は切手ブームが起こった時代もありましたが、このコレクターの減少に伴って、需要が実用的なものに限られるようになってきたことなどが原因でほとんどが額面割れを起こしている状態です。

狙うはプレミアの付いた切手!

しかし、そんな中でも希少価値が非常に高いプレミアの付いた切手があるのも確かです。プレミア切手の定義ですが、これは額面より1円でも高い金額が付いているものは全てプレミア切手と呼ばれます。プレミア切手は、1955年(昭和30年)以前に発行されたものに多くあるようです。昭和30年というのは切手ブームが起こった年でもあり、人気のある多くの切手はこの時代に売買され、既にコレクター商品となっています。そのため、世の中に眠っている数も非常に少ないため、高値で取引される傾向にあるのです。実際に、プレミア切手の中には数十万円もの値が付く超プレミア切手もあります。明治時代に発行された竜銭切手や鳥切手などはその典型です。多くのプレミア切手は数円~数十円程度高く買い取ってもらえる程度ですが、1枚でもこのような高額査定が付くこともありえますので、家の箪笥などに古い切手が眠っているという場合は一度確認してみるといいでしょう。


プレミア切手にはどのようなものがあるのか?

プレミア切手には実際にどのようなものがあるのでしょうか。まず、日本で最も有名なのは1948?(昭和23?)に発?された『?返り美人』や、1949?(昭和24?)に発?された『月に雁』などがあります。ただし、これらも切手ブームであった昭和30年ころは高額で取引がされていましたが、現在では多少のプレミアがついている程度です。現在、高額が付く日本の切手としては、1929~1953年頃に発行されて航空郵便用に使用されていた航空切手や、1910~1944年頃まで使用されていた軍事切手と呼ばれるものなどがあげられます。プレミア切手として現代でも高額が付くとして注目されているのは、日本のものよりもむしろ海外の切手で、1950~1980年頃に発行された中国切手は今でもかなりの人気があり、売り時といわれています。