「小さな芸術」とも言われる切手は、美しい植物や風景、歴史上の出来事などバラエティ豊かな図案なので、見ているだけで心が躍りますよね。ここでは、切手の状態を良いまま残すために適切な保管方法をご紹介します。

                          

手軽に保管できるストックブック

切手の保管によく使われるのが、ストックブックです。各ページにポケットが段になっているので、切手を並べて収納することができます。収納する際には、ポケットに切手を差し込んでいくだけという手軽さも人気の秘密です。見開きで切手を見渡せるので、一目でどの切手があるかがわかるので大変便利です。ストックブックは、大きい文房具店や文房具を扱うネットショップなどで手に入ります。サイズや段数もいろいろなので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。ポケットの種類には、透明フィルムとグラシン紙タイプがあります。透明フィルムは切手の図案が見やすく、グラシン紙は防湿性にすぐれているのがメリットです。なお、切手を保管する際には必ずピンセットを使用しましょう。「キレイに手を洗ったから大丈夫!」と素手で触るのは厳禁です。裏の糊部分に指紋がついたり、時間が経ってから皮脂が浮き出てきたりしてしまいますよ。

本格派には切手アルバム

ストックブックは大変便利ですが、切手をストックしておくための仮の宿です。本格的に整理するのであれば、切手アルバムが適しています。アルバムリーフという加除式のノートに切手を貼って整理します。貼ると言ってもリーフに直接貼り付けるわけではなく、「ヒンジ」と呼ぶ収集グッズを使用します。ヒンジとは片面に薄く糊がついた小さな紙片のことで、水で湿らすことにより切手をリーフに貼ることができます。完全に乾いたら、はがすことも可能です。ただ、ヒンジを使うと切手の裏に跡が残ってしまいます。そのため、「マウント」を使用する収集家が増えてきました。マウントを使った保管方法は、2枚のフィルムの間に切手を挟んでリーフへ張りつけるため、切手を傷つけることがありません。切手の裏も表も完全な状態で残したい人には、おすすめの保管方法と言えます。


コレクションが増えすぎてしまったら…

「切手を夢中で集めていたら、ストックブックや切手アルバムが増えすぎてしまった」というケースもあることでしょう。せっかくのコレクションも置き場所がなくなったり、管理しきれなくなったりすると、邪魔者扱いになってしまいます。思い入れのあるシリーズだけを手元に置いて、あとは手放すのもひとつの手です。ただ、せっかく集めた切手を処分してしまうのはもったいないことです。郵便局へ持って行っても、返金してもらうことはできません。金券ショップで買い取ってもらう方法がありますが、近所に店舗がないと遠くまで売りに行くのは足代もかかってしまいます。そんな場合は、リサイクル業者の宅配買取を利用してみてはいかがでしょうか。自宅にいながら買取が完了します。希望すれば梱包セットを送ってもらえるので、送料も無料で送ることができます。ストックブックや切手アルバムごと買い取ってもらえるので、大量で重くても店舗まで運ぶ負担感がないのが嬉しいところです。