切手趣味週間シリーズ 買取価格や種類を徹底解説!

蒐集家の中でも人気が高い「見返り美人」や「月に雁」などの切手をご存知でしょうか。

これは1940年代に発売された「切手趣味週間シリーズ」として発行された郵便切手ですが、切手趣味週間シリーズには当時とても高額で取引された切手もあり、今でも根強い人気があるのです。

ここではそんな「切手趣味週間シリーズ」の切手について説明いたします。

切手趣味週間シリーズとは?

切手趣味週間シリーズとは?

切手趣味週間シリーズの切手というのは、かつての「逓信省」が「切手趣味週間」に発売を開始した郵便切手のシリーズです。

切手趣味週間は2つの目的から設定され、ひとつは切手の持つ美しさなど芸術性の素晴らしさを一般の方に知っていただくこと、またもうひとつは、切手蒐集の趣味の普及を図るために始まったものとされています。

具体的な期間については、4月20日に設定されている日本の郵政記念日(旧逓信記念日)を含んだ1週間を指します。

このシリーズは、1940年代から発売が始まり現在に至るまで、非常に美しいデザインが数多く採用されており、今でも発行が続いているとても人気の高いシリーズです。

切手趣味週間シリーズの種類について

切手趣味週間シリーズの種類について

切手趣味週間シリーズの切手には、有名な切手や蒐集家のなかで高値で取引される郵便切手が多くあります。

例えば、1948年に発売された額面5円で5枚つづりの「見返り美人」や1949年に発売された額面8円で同じく5枚つづりの「月に雁」、そのほかにも、1950年代に発売された額面10円の「ビードロを吹く娘」や「市川蝦蔵(写楽)」をはじめ「まりつき」「雨傘」「浮世源氏八景」などの有名浮世絵師による浮世絵柄の切手は芸術性も高く、切手の蒐集家でなくても手に入れたくなるほどに人気があるのです。

1960年以降も多くの切手趣味週間シリーズ切手が発売されますが、デザインには有名画家の日本画や洋画、また最近においては狩野派絵師の屏風画などが多く使用されています。

以下、切手趣味週間シリーズ切手からいくつか紹介いたします。

切手名称(発行年)額面(1枚)
山下白雨(1947年)1円
伊勢(1960年)10円
舞妓図屏風(1961年)10円
花下遊楽図(1962年)10円
湖畔(1967年)15円
髪(1969年)15円
彦根屏風(1976年)50円
見立夕顔(1981年)60円

切手趣味週間シリーズの買取期待度について

切手趣味週間シリーズの買取期待度について

切手趣味週間シリーズの買取価格についてですが、先ほどご紹介した1940年代に発売された「月に雁(額面5円)」や「見返り美人(額面8円)」などの発売年が古い切手には、状態によってプレミア価格が付くことが期待できます。

これは「月に雁」が150万枚という発行枚数に対して、切手の形状が当時にしては非常に珍しい縦長であったということで、コレクターのみならず、さらに多くの需要があったことからプレミア化したといわれています。

また、翌年発行された「見返り美人」は「月に雁」よりも50万枚多い計200万枚発行されましたが、図柄が綺麗だったこともあり徐々に高額で取引されるようになり、この切手もプレミア化したといわれています。

また、なかでも額面10円の「法隆寺観音菩薩像」は、たった6万枚しか発行されていないために非常に希少価値が高く、蒐集家でも入手困難となったことから、相場が高騰し、高額で取引される切手となっています。


1950年代に発売された「ビードロを吹く娘」や「市川蝦蔵(写楽)」なども、高額買取の期待が高くもてる切手です。

額面は10円ですが、状態さえよければバラで100~200円ほどで取引される場合もありますし、さらに10枚つづりの未使用シートの状態であれば、1,000~2,000円以上の価格で買取される場合もあります。

これは、図柄が浮世絵ということから、国内以上に海外で人気があり、この切手を欲しがる外国人が多くいるとも言われていることが理由です。


こういった初期の切手趣味週間シリーズは非常に人気が高いのですが、最近になるにつれて、徐々に人気も下降してきているようです。それにつれて高額買取もあまり期待が持てなくなってきています。

これは、最近では蒐集家の人口が減り、全体の需要自体も減少したことが原因と考えられます。とはいえ、1979年発売の「立美人」や1976年の「彦根屏風」など、様々な時代の絵師や画家の作品をはじめ屏風画などの非常に美しいデザインが使用されていることから、古いシリーズほどではありませんが、切手趣味週間シリーズには今でも根強い人気があります。

切手買取の査定方法と流れについて

切手趣味週間シリーズの査定方法と買取の流れについて

査定方法は査定を依頼したい切手の量によって、出張・持込み・宅配の3つの中から選ぶのがよいでしょう。

もし査定したい切手の量が多く持ち運びするのが難しいようでしたら出張査定を依頼するのがおすすめですが、査定員が自宅まで来ることに抵抗がある場合には宅配査定をお願いすることもできます。

また、切手の量が少なく店舗や営業所が自宅付近にある場合には、持ち込み査定を依頼することもおすすめです。

切手買取の流れは、上記3つの査定方法でも基本的には同様で、査定員が切手の査定を行ってから査定額を提示しますので、その価格が納得のいく価格であれば、具体的にその買取額で買取をお願いすることになります。

より高い切手買取査定額をつけるために

より高い切手買取査定額をつけるために

切手趣味週間シリーズの買取の注意点についてですが、もし初期の1940~1950年代に発行された切手をお持ちでしたら、現状以上にシミなどの汚れが付かないよう、切手ブックなどに収めて大事に取り扱い、湿気などに注意を払った暗所に保管することが大切です。

査定に出す前に気を付けておきたいこと

折角のプレミア価値をもった切手も、カビやシミがついてしまっては、買取査定額に大きく影響してしまいます。

また、買取査定をするときの注意点ですが、査定まで綺麗な状態を保つことはもちろん、切手の年代が古い新しいに関わらず、シートの状態の切手は絶対にばらさずに必ずシートの状態で査定に出すようにしましょう。


納得できる査定額で買取してもらうためには

ひとつの業者の査定額だけでは納得ができないこともありますので、複数の業者で相見積をとることもよいでしょう。

査定は信頼できる業者に依頼をして、自分が納得できる査定額で切手趣味週間シリーズ切手を買い取ってもらうようにしましょう。