切手の買取サービスを利用する方は年々増加傾向にあります。元々切手を集めていた方であればコレクター同士での交換や不要な切手を買取に出したりというのもありますが、私たちを取り巻く生活環境の変化に伴い手紙やはがきを使う機会が減り、その結果切手の利用頻度も減ったことがその要因として挙げられます。

需要の減った切手ですが、切手の中にはいまだにコレクター人気の高い「プレミアム切手」という稀少価値の高い切手が存在します。ですがあまり切手に詳しくない方ですと、どんな切手が稀少価値の高い切手に該当するのか知らない方も多いかもしれません。

高値が付く切手にはいくつか種類があるのですが、このページでは額面よりも値段がアップする切手の種類や、コレクターに人気のある切手などを紹介していきます。下記に記載した切手はまだまだ自宅に眠らせたままというケースもありますので、見つけたらまずはお問合せ下さい。



高値になる切手の種類

中国切手は特に文化大革命時代のものが高値に

切手買取に出した際に高値になりやすい切手といえば、やはり「中国切手」ではないでしょうか。とはいえ、中国切手だからといって現在も中国で発行されている切手を査定に出しても高値にはなりません。

ここでの中国切手とは過去に発行された中国切手を指し、有名な例をあげると通称「赤猿切手」と呼ばれる、1980年に発行された年賀切手や、さらに昔に発行された毛沢東時代の切手などが該当します。この期間の切手は現存数が極端に少ないので高値になりやすいと言われています。


収集ブームの頃に人気を博した切手も需要が高い

中国切手以外にも、切手買取に出した際に評価される傾向が望める切手があります。昭和24年に発行された月に雁という切手や「見返り美人」などは過去に起こった収集ブームの頃に大人気を博した切手です。

もちろん買取に出した際には一般的な切手よりは査定評価も高い傾向があるといえるかもしれません。ただし、状態にもよりますので傷や汚れがないかチェックしてみましょう。

また、切手買取で高値になる条件としてはシート状態である事も重要となってきます。こちらに関しては下記の記事で書いていますのでぜひ参考にしてみてください
切手の買取ではシートとバラどちらが高く売れる?


コレクター人気があっても高値になるとは限らない

高値になる切手=コレクター人気も当然ながら高いのですが、残念ながら全ての場合が該当するわけではありません。上記で紹介した中国切手のようなケースは除き、例えば記念切手やふるさと切手などは切手に描かれているデザインが可愛らしいものも多く、また、期間限定で発売された種類はコレクター人気が高いといえるでしょう。

自宅に価値のわからない切手が出てきたという場合にはまずはお問合せ下さい。査定を行う査定員は切手の知識も豊富ですから価値もしっかり見極めさせていただきます。