切手収集をしている方や過去に収集をしていた方の中には使用済切手を集めていた方がおられると思います。 使用済切手とは、消印が押された状態の切手が使用済切手となります。趣味の移り変わりに伴い切手の収集をやめてしまった方の中には、使用済切手の処分を検討したり良い活用方法がないものかとお悩みの方もおられると思います。ここではそんな使用済切手の価値や活用方法について紹介していきます。


使用済切手の価値が最も高かった1970年代

使用済切手の現在の価値を語る上で、まずは切手収集ブームや切手コレクターについて触れる必要があります。1970年代に起こった切手収集ブームは新しい切手が発売されるたび、お目当ての切手を入手しようと、郵便局には子供から大人まで長蛇の列ができました。当時は今とは比べ物にならない程、切手収集は人気の趣味でした。それに伴い多くの切手コレクターがたくさん居りました。

切手コレクターはそれぞれテーマを持った収集を行っており、例えば特定のデザインだけを集める方や国内もしくは海外の切手を専門で集める方などいたのですが、使用済切手を専門で集めるコレクターもおりました。もちろん最初は未使用切手を専門で収集していましたが、それだけでは飽き足らず使用済切手に強い関心がありました。

使用済み切手に刻印されている消印の種類に強い興味を持っていました。ひとえに消印といっても、中にはエラー印と呼ばれる通常とは異なる消印を膨大な切手の中から見つけることに喜びを感じていました。使用済切手の需要が最もあった頃では、たった一枚の使用済切手に何万円も出して交換を行っていた熱狂的なコレクターも存在した程でした。

しかし、残念ながら今では切手収集ブームの終焉とともにコレクターも減少し、使用済切手を専門で集めていた方も同じく減少していきました。当時は高値で取引された使用済切手ですが、価値を見出すのは難しいかもしれません。

使用済切手を処分せず有効活用する方法

昔に比べ人気が落ちた使用済切手ですが、これは使用済切手だけに限らず未使用切手も同じく需要や人気が減ってしまいました。ではそんな切手はどうしたら有効活用できるのでしょうか。昨今のリサイクルブームの影響もあり、切手を専門で買取してくれる業者もたくさんあります。

未使用切手であればほぼ買取対象になると思って良いですが、使用済み切手になると買取対象外としている業者もあります。例えば一部のプレミア切手であれば対象とされますが、プレミア価値が見込めない使用済切手ですと、難しいでしょう。

切手を専門で買取している業者の多くは未使用品の買取をメインにしていますが、中には使用済み切手を無料で回収してくれる業者もありますので、あなたにあった方法でお選びいただくことろおすすめいたします。