希少価値の高いプレミア切手の中には驚くほど高額な値段で買取されているものもあります。額面は数十円でも買取査定額が数万円というケースも珍しくありません。こういった切手がなぜ稀少価値が高いのかというと、切手収集家の方々が大切に保管していることも影響しておりなかなか見かけないという理由もあります。 しかしながら最近では過去にはあまり見掛けなかった切手も出回るようになってきました。その理由について迫ってみたいと思います。


はじめは額面通りの値段で発売されていたプレミア切手

プレミア切手の一例をあげると、例えば中国切手などが該当します。どんなに高価な切手でも、発売された当時は額面どおりの金額で発売されていました。それが時を経て徐々に価値が高くなっていくわけです。珍しい切手を集めるのが昔から趣味だったという方にしてみれば、当時は普通の切手と同じように買ったのに、いつの間にか貴重な切手に分類されて、さらに切手収集が楽しくなったという方もいるほどです。若い頃に切手収集に勤しんでいた方の中には切手をとりまく状況に熱中された方も多いのではないでしょうか。

当時発売された切手の中には発売前から切手の情報が出回り、事前に情報を知った一部の熱狂的なコレクターが発売日の朝からその切手を入手しようと長蛇の列を作ったという逸話もあった程です。それ程当時は熱中しましたし、今では考えられない状況であったと思われます。収集ブームを知るコレクターの中には、今現在の切手をとりまく価値の下落や人気が薄まっていることを悲しむ声も聞かれます。

プレミア切手の取り扱いで注意したいポイント

p>珍しい切手の場合でも、使用済みとなると価値が急激に下がるだけでなく、そもそも価値がなくなってしまうという事態を招いてしまいます。もしも手元に価値のわからない切手をお持ちであれば、不用意に「この切手を使ってはがきを出そう」というのは避けた方が良いでしょう。目の前にある切手が希少価値のあるものなのかどうか、買取の査定を依頼し価値を見極めた上で行うのがベストです。

過去に発行された切手において、まだまだ買取市場に出回っていない稀少価値の高い切手はまだまだ存在しています。切手に詳しくない方ですと、「切手なんてどうせ値段なんて付かないだろう」とお考えの方も多いです。部屋を整理した際にもし切手の収まったスタンプブックを発見したならば、もしかしたらお宝切手が眠っている可能性は十分に考えられますので是非お問合せお待ちしております。