希少価値の高いプレミア切手の中には驚くほど高額な値段で買取されているものもあります。額面は数十円でも買取査定額が数万円というケースも珍しくありません。

貴重な切手が流通しているのは、切手収集家の方々が大切に保管していることも影響しているのでしょう。せっかく数万円もする切手なのに、汚れが付いていたり、折れ曲がっていれば価値はどんどん下がってしまいます。だからといって、無理やり綺麗にしようとする必要はありません。さらに切手が傷ついてしまう可能性があります。

どんなに高価な切手でも、発売された当時は額面どおりの金額で発売されていました。それが時を経て徐々に価値が高くなっていくわけです。珍しい切手を集めるのが昔から趣味だったという方にしてみれば、当時は普通の切手と同じように買ったのに、いつの間にか貴重な切手に分類されて、さらに切手収集が楽しくなったという方もいるほどです。

珍しい切手の場合でも、使用済みとなると価値がぐっと下がってしまうことが考えられます。価値のある切手だから誰かにこの切手を使って手紙を送ろう、というのは思いとどまったほうがいいですね。

目の前にある切手が希少価値のあるものなのかどうか、買取の査定を依頼する前に自分で色々調べてみるのも楽しいですよ。