切手を買取に出すお店や業者というのは金券ショップをはじめ、インターネットの検索や街に出ればたくさん見かけるようになってきました。それだけ切手を買取に出したいと考える方が多いということや、それに付随してこれまでコレクターが保有していたお宝切手が買取市場に多く出回るようになってきた良い傾向と言えます。金券ショップを利用する際に注意したいポイントという点において、切手買取専門店と比較してみました。


切手買取において金券ショップと専門店は何が違うのか

切手買取とは、その名の通り切手を買取に出す行為のことですが、不用な切手が自宅から出てきた場合、その対処法が悩みどころではないでしょうか。切手は郵便局で交換はしてくれるものの、交換するには手数料がかかります。加えて換金はできませんので、そうなると切手を買取専門店へ出すか、はたまた金券ショップへ出すべきか悩みどころですね。

前者と後者は買取してくれるという点においては同じですが、金券ショップは切手を含めた金券類(商品券やギフト券)をメインに扱っています。切手には一部のマニアに人気とされるプレミア切手という稀少価値の高い切手が存在しているのですが、金券ショップであまり付加価値を込めた値段付けは行われない場合が見受けられます。反対に切手買取専門店では、切手に関する深い知識を持ち、プレミア切手であれば特に高く評価してくれます。そういった点から、切手買取の際には専門店を利用するのが得策といえるでしょう。

店舗型の金券ショップか、出張買取方式の買取専門店か

金券ショップの多くの場合が店舗型で、買取してほしい切手や金券類をお客様が自ら持ち込む必要があります。持ち運びができる枚数の切手で、かつ近所にそういったお店があるならば自分の好きなタイミングで好きな枚数を持ちこめるので便利かもしれません。しかし、自宅に大量の切手類を保有し持ち運びが困難な枚数の切手を持っていたらどうでしょうか。大量の切手は持ち運びが困難なだけでなく、遠方のお店だとしたらそれだけ運搬に時間と手間、そして労力を要します。

切手買取の専門店は店舗を持たず電話やメール1本で切手の知識に詳しい査定員が自宅に直接来て、目の前で切手を一枚一枚査定してくれます。査定員が訪ねてくれる方式ですから、もし大量に切手を所有していたとして運び出しに伴う労力を必要としません。金券ショップも買取専門店も、実際の査定金額はお持ちの切手の価値次第となりますが、もし値段に納得できず、買取をキャンセルした場合、切手を持ちこんだ場合は再度自宅まで持ち帰らないといけません。手間がかからず利便性をとるならば、切手買取の専門店が良いと言えるかもしれません。