切手はそれぞれ額面が記載してありますが、買取を利用する場合、切手の額面よりも高い金額で売れた場合に、高価買取になります。 しかし、買取時に額面よりも下がってしまうケース、二束三文程度の金額になってしまうケースなど、切手の価値が低迷しています。 切手を処分したい場合は、例え額面よりも値段が下がったとしても現金化に繋がりますが、どれだけ下がるのかに応じて買取を利用して良かったなどと感じる人は多いと言えるでしょう。

総額幾らになるのかを計算してみよう

家族が集めていたものが遺品整理の時に見つかり、処分に困る人は多いのではないでしょうか。処分方法には買取をしてくれるお店に持ち込んで売却を行う方法やネットオークションを使って売却するなどの方法があります。 ここで注意したい事は、切手にはそれぞれ価値があり、価値が高いものは高価な値段で売る事が出来る、価値が低いものは額面を下回る事もある、中には買取を断れてしまうケースもあります。
仮に、価値が高いものが含まれている場合、オークションで出品をした時に、多くの入札者が現れて高く売れる事もありますが、価値を知らずにオークションに出品した場合、安値で落札が行われて損をしてしまう事もあります。 切手の価値について分からない場合には、専門のお店やチケットショップ、質屋などのお店に持参して査定を受けるのがお勧めです。 現在切手の価値が低迷しているので額面を下回る事が多いと言われていますが、ブームが起きる以前のものはプレミアが付いているものが多くあり、1円の切手が数万円もの値段になる事もあります。
しかし、ブーム以降に発行が行われたものは、10円の切手が5円になる事もありますし、買取して貰えない事もあります。 一般的に切手の売却を考える上で欠かせない事は、売ろうとしている切手に記載が行われている額面で、総額幾らになるのかを計算しておく事が大切です。

切手を売る事が出来るお店の種類と特徴

切手を売る事が出来るお店には専門店が一般的だとイメージしている人は多いのではないでしょうか。最近はブランド品や家電品などを買取してくれる質屋などでも切手の高価買取を行っているお店もありますし、金券ショップやチケットショップなどでもホームページで切手の買取を行っている事を掲載しているお店が多くあります。
専門店は古銭商と呼ばれている専門のお店、お店には知識を豊富に持つ査定員がいるので、古い時代の切手を1枚ずつ丁寧に査定してくれる、プレミアが付いているものは高額な値段で売る事が出来ます。 しかし、こうしたお店は数少ないコレクターがお客さんになっているので、比較的新しい時代に発行が行われたものは、額面の半額以下やシートであれば査定をしてくれても、バラ品では断れてしまう事もあります。
その点、チケットショップや金券ショップ、質屋などのお店の場合はバラ品やシートなどに関係なく査定をして貰う事が出来るお店が多くあるなどの特徴を持ちます。 質屋は質預かりを利用して現金を借りる事が出来るお店として古くから営業を行っているお店でもあり、品物に対する知識を豊富に持つ事からも、価値のあるものは高価な値段で売る事が出来るなどのメリットもあります。


郵便局で新しい切手と交換してくれます

切手はバラ品よりもシート単位の方が査定評価は高くなります。 例えば、20円の額面の場合、1シート当たり20枚が収められており、郵便局で購入する時には400円を支払えば買う事が出来ます。 20円をバラ1枚で売った時、査定額が15円の場合でも、1シート当たりの査定額は1枚当たり18円になるなど、1枚当たりの売却価格が高くなるのが特徴です。
比較的新しいものなどは、郵便局に持ち込めば手数料を支払う事で新しいシートと交換して貰えるので、シート単位で高く売る事が出来るお店が見つかった場合などお勧めの売却方法です。
ちなみに、切手買取を行なっている業者の中にはバラ品だけではなくシート単位での買取を積極的に行っているお店も多くあります。 こうした業者に売却を行えば、額面が多少下回ったとしても高く売る事が出来ますし、郵便局でシートに交換して貰ってから、買取を依頼すれば良いのです。
尚、バラ品を多数持っている場合、総額を調べる場合には切手を額面順に分類をしておくのがお勧めです。 買取を行なっているお店の中には分類をしなくても良いなどの宣伝を行なっているお店もありますが、こうしたお店は分類を行うための費用を手数料として徴収しているため、本来1万円で売れるものに手数料が数百円必要になるケースもあります。 そのため、分類を行った上でお店に持ち込むのが高く売るコツです。

総額面より低い切手の買取はどうすればいい?まとめ

コレクションしていた切手を売る場合、最初に行っておく事は額面毎に分類を行って、総額を調べておく事です。 これにより、どのくらいの金額で売る事が出来るのかを把握出来るようになります。
しかし、現在の切手の価値は低くなっているので、切手に記載が行われている金額よりも大きく下回る事もあります。 新しい時代に発行が行われたものや、ブームが起きた時代に発行が行われた切手は記載金額よりも下回る事もあります。
金額が低くなれば二束三文程度にしかならないと感じている人も多いかと思われますが、買取して貰うお店を選ぶ、切手の種類により売り方に工夫を凝らす事で額面より下回ったとしても、二束三文程度にしかならないなどを回避する事が出来ます。 尚、買取してくれるお店を選ぶ場合には過去の買取事例は買取レートを比較しておくのがお勧めです。