記念切手とはなんらかの国家的行事の開催を記念して発行が行われる切手や特定ジャンルをシリーズ化した特殊切手の総称で、予め発行枚数が決まっています。 切手ブーム時代は、記念切手を購入するため郵便局が開局する前から長い列を作るなど、早く購入したと考える人々が大勢いました。 現在は切手ブームが去り、以前のように郵便局が開局する前から並ぶ人もいなくなるなど、ブームが去った今日において、記念切手などの価値は低迷、買取価格も額面を下回る事も少なくありません。
価格が低迷している理由の一つに、記念切手などを収集する人が極端に減少している、買取価格が下がる理由は集める人が少ないと同時に、市場には大量の記念切手が溢れているからなのです。 市場に多く残ってしまった、集める人も少ないなどの理由から、比較的新しい記念切手などは買取して貰えないケースもあります。

切手ブームが起きた時代とは

記念切手は郵便局で買う事が出来る切手の一つですが、切手の種類の一つでもある普通切手はいつでも郵便局に行けば買う事が出来ます。 これに対して、記念切手は2,000万枚や3,000万枚などのように、発行が行われる枚数が決まっている、郵便局で売り切れてしまった場合は、切手専門店に行かなければ買う事が出来なくなります。 さらに、切手専門店では利益を得る事が目的になるので、切手の額面よりも高い金額で販売が行われるため、郵便局で買いそびれるとより多くのお金で買わなければなりません。
切手ブームの時代には、売り切れを予測して郵便局が開局になる前から並ぶ人々が多く、誰もがいち早く発行が行われた記念切手を買うための列を作っていました。 ちなみに、切手ブームは1960年代の後半頃から1980年代の半ば頃までの約20年間と言われています。 当時小学生だった人々は現在50代や60代などであり、子供の頃に熱心に集めていた切手を保管している人、現在でも収集している人など様々ではありますが、切手ブームが去った現代において、買取して貰っても二束三文程度の金額にしかならないので、そのまま保管したままにしている人も多いのではないでしょうか。
但し、切手ブームが起きる以前の明治から昭和にかけて発行が行われた記念切手は市場にも少なく、買取に出した場合高価な値段で取引が行われる事も珍しくありません。

額面が上昇した事で気軽に購入が出来ない

切手ブームの時代に発行が行われていた記念切手は、額面が5円や10円などの金額が多く、1970代に入ると30円から50円の切手が主流となり、ブームの後半頃には60円や80円になるなど、時代と共に切手の額面は上昇して行きました。 ちなみに、2017年時点での切手の額面は52円や82円になりますが、額面が上昇する事で切手を買うための資金が少ないので買う事が出来ないなども、切手収集をする人が減少した理由の一つと言えましょう。
5円や10円などの額面であれば、小学生のお小遣いでも買う事が出来ますが、60円や80円などの金額になるとお小遣いでは買う事が難しくなる、しかも記念切手は1か月の中で数回の発行が行われているため、買う事が出来る量も限られてしまうわけです。 尚、切手を集めている人の中には、バラ品ではなく切手シートを中心に購入する人も多くいますが、額面5円の切手シートは20枚で100円、10円の切手シートなら200円で購入が出来ます。
しかし、60円や80円の額面になると、1シートあたり1,200円や1,600円のお金が必要になるため、集めるための資金が足りなくなる、集めるのにもお金が多く掛かるので、切手収集を止めてしまった人も多いのではないでしょうか。 但し、これらの値段は郵便局で購入した場合の金額であり、切手専門店で購入する場合にはこれ以上の資金が必要になります。


プレミアが付いている記念切手は高価である

郵便局で記念切手を買う場合、額面が50円の切手であれば、1枚50円、切手シートで20枚のシートなら1,000円で買う事が出来ます。 切手収集をする人の多くは、毎年発行が行われている切手カタログを使っているケースが多いかと思われますが、切手カタログには切手の価値を示す金額が記されているのが特徴です。 この金額を目安にして切手専門店で買い物をするのが切手収集の基本です。
郵便局では額面分のお金を支払えば記念切手を買う事が出来ても、切手専門店では額面以上の価格で販売が行われています。 例えば、切手カタログを見た時に、欲しい50円切手の価格を調べてみると、200円などの金額になっていれば、切手専門店では200円前後の値段で販売が行われる事になるので、郵便局で買うよりも3~4倍のお金を支払う必要が出て来ます。
さらに、記念切手の中には希少性が高いものが数多くあり、プレミアが付いている切手などの場合は、1枚5円の切手が1万円前後の値段で販売が行われる事も多くあり、買いたいと思っても手が出ない人が多くいるわけです。 尚、プレミアが付いている切手は、買取の場合でも高価な値段で買取して貰えるのが特徴で、専門店では切手に精通した目利きを行う人がいるので、切手の価値に応じた金額で買取して貰えます。 しかし、市場に多く残るものなどの場合は額面を下回る事も少なくありません。

集める人が少なくなり、一部の収集家のみ

切手の買取価格が低くなっている原因の一つには集める人が少なくなった事が挙げられます。 切手ブームの時代は多くの人々が切手収集を趣味としていたので、切手専門店では発行済の記念切手を売る事で利益を拡大出来る、買取価格もそれなりの金額で行われていました。 ブームが去ると、市場には溢れるほどの切手が存在しているので、切手の価値自体が下がってしまう。これに伴い、買取価格も低迷し始めたのです。
現在切手を集めている人は一部の収集家のみであり、収集家は一般的な記念切手の大半を所有しているので、発行枚数が多い記念切手などは買取価格が低くなってしまいます。 その反面、市場に現存している数が少ないプレミア付の切手場合は、一部の収集家が欲しいと考えているものもあるので、買取価格は市場価値に応じた値段になるなどの特徴があります。
切手ブーム以前の切手の中には、戦争で消失してしまったもの、関東大震災などにより燃えてしまったものなどもあり、現存している数が少ないので、買取価格自体も高くなりますが、切手ブーム以降の記念切手は発行枚数が多い上、市場の中に大量に現存しているため、買取価格が低迷する、お店により切手シート以外は買取して貰う事が出来ないケースもあります。

記念切手の買取価格が下降してしまった理由まとめ

記念切手は発行枚数が決まっているので郵便局で売り切れてしまうと切手専門店で高い値段で買わなければならない、切手ブームの時代には少しでも安く切手を買うために、郵便局が開局する前から列を作り、誰もが記念切手を買いたい人が多くいました。 現在では切手収集を行う人が少なくなったので、買取価格が下がっている、一部の収集家だけが切手を集めているので、発行枚数が多い切手は収集家が所有しているため、買取しても売る事が出来ないので査定価格自体も額面を下回る事も珍しくありません。
但し、記念切手の中には現存している数が少ないものや、元々発行枚数が極端に少ないなど、プレミアが付いている記念切手もあります。 こうした切手の場合は高額な値段で取引が行われる事も珍しくありませんし、希少価値が高い切手は一部の収集家からの注目を集めやすいので買取価格が高くなるのです。