天皇陛下記念切手

昭和御婚儀 東宮御婚儀祝典記念切手(不発行)


明治銀婚や大正大礼など、これまでに天皇陛下の慶事を祝して様々な種類の天皇陛下記念切手が発行されてきました。

コレクターも多く、人気のものは10万円を超える価格で取引されることもあるようです。

ここではそんな天皇陛下記念切手の種類やそれぞれの買取価格を一覧でご紹介します。

天皇陛下記念切手ってどんな切手?

天皇陛下記念切手

日本初の記念切手 明治銀婚(1894年発行)


切手の種類は主に、普通切手・記念切手・特殊切手・海外切手に大別され、今回ご紹介する天皇陛下記念切手は、名前の通り記念切手に分類されます。

記念切手は、何らかの国家的行事を祝して発行されるのが一般的で、普通切手とは異なり一定数の発行上限枚数が定められています。

かつて切手の収集が趣味の王道とまで言われていた時代には、記念切手も収集の対象となり、こと天皇陛下記念切手に関しても多くのコレクターの羨望の的となっていました。

ちなみに1894年3月発行の明治銀婚が最初で、以来天皇陛下の慶事に際して、様々な種類の天皇陛下記念切手が発行され、延べ20種類以上の切手が発行されています。

それぞれ発行枚数も異なり、切手買取における相場も変わってきます。

以下で天皇陛下記念切手の中でも、代表的な種類やそれぞれの買取相場を見ていきましょう。天皇陛下記念切手の買取をお考えの方はぜひ手に取りながらご覧になってみてください。

天皇陛下記念切手の査定前に。高く売るためのコツ

天皇陛下記念切手

天皇皇后両陛下御訪欧記念切手(1971年発行)


それでは実際に天皇陛下記念切手を買取に出すときにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

以下で切手買取における注意点をご紹介します。

高額のつく天皇陛下記念切手を把握しておく

天皇陛下記念切手の中には高額買取となる種類も存在します。

・明治銀婚 ・昭和ご帰朝 ・昭和ご婚儀 ・大正銀婚

などは高額買取に期待ができる天皇陛下記念切手です。

その他にも、高額の付く切手は多数あるようですので、ぜひ一度買取に出して価値を把握してみてはいかがでしょうか。

専門性の高い業者に依頼しよう!

天皇陛下記念切手を買取に出す際には、買取業者選びに注意しましょう。

上述の通り、天皇陛下記念切手はプレミア切手の一種で、額面を上回る金額での買取となることも珍しくありません。

古切手やプレミア切手の正確な価値を査定できる業者でないと、切手の価値を見落とされたまま買取が行われてしまう危険性があるのです。

実際に業者を選ぶ際には、切手買取の専門業者を選びましょう。

切手は、金券ショップでも買取可能ですが、あくまで金券としての取り扱いになってしまいますので、額面以上の買取価格が付かないことがあるのです。

近年は手数料無料で買取を行ってくれる業者も多いので、積極的にそういったサービスを利用して、複数業者を比較検討してみてもいいのではないでしょうか。

価値を落とさない保管状況も重要です

プレミア切手の査定では、保管状況も買取価格に影響を与えます。

全く同じ切手でも、一方はボロボロの切手、もう一方は未使用だった場合、当然ですが未使用のものの方が需要は大きいといえるでしょう。

可能な限りアルバムやストックブックなど、切手保管専用愛アイテムを駆使して価値を落とさない保管を心がけましょう。

おわりに

今回は天皇陛下記念切手について買取相場や高く売るためのコツをご紹介しました。

天皇陛下記念切手には、額面をはるかに上回るプレミア切手も存在します。

しかし現在、切手コレクターの数は減少しつつあるといわれています。今後も現在の相場が今ほど高く維持されるとは限りません。

もし不要な天皇陛下記念切手をお持ちの方は、ぜひ早めに買取に出してみてはいかがでしょうか?

そして実際に切手買取を利用する際には、今回ご紹介したポイントを押さえて少しでも高く売れるようにしましょう。