切手買取値段

コレクション目的で買った記念切手や、使用するために郵便局で買いだめしておいた普通切手。

使用する機会が少なくなってしまった今、自宅に眠らせておくより売ってお金に変えた方が良いのではないでしょうか。

実際にご自宅に眠らせていた切手を売る方も少なくなく、切手買取が密かなブームとなっています。

同時に、切手の買取価格はいくらなのだろうかという疑問を持った方も多くいるようです。

そこで今回の記事では、切手買取の価格について紹介していきます。

売却をお考えの方や切手の価値を確かめたい方は是非参考にしてみてください。

切手を使用する機会が減った背景と買取需要

切手買取値段のグラフ

切手を使用する機会が減ってしまったのにも関わらず、切手が買取られているのはなぜなのでしょうか。

下記では、切手を使用する機会が減ってしまった理由とともに、現在の切手の需要について述べていきます。

切手を使用する機会が減ってしまった理由

切手を使用する機会が減ってしまった大きな要因のひとつは、インターネットの普及により電子メールやSNSで簡単にやりとりが行えるようになったことです。

そのため、手紙やはがきを使う機会が大幅に減り、スマートフォンやPCを利用して連絡をする人が多くなっています。

昔に比べて日常における連絡手段としての使用頻度は減ったものの、大切な方へ想いを込めた手紙や暑中見舞いや年賀状の際に切手を使う機会はまだまだあります。

また、インターネットの普及で商品の発送のために郵便や切手が使用されるなど、現在でも切手を使用する需要が無くなったわけではないということがわかります。

切手を売る方が増え、入手困難な切手も手に入りやすい状況へ

切手を使用する機会が少なくなったことで、切手買取市場では多くの切手が流通するようになりました。

また、昔入手困難だった切手も容易に手に入りやすい状況が生まれ、切手コレクターの需要は増加傾向にあります。

ゆえに、切手収集家の方々から入手困難なプレミア切手を手に入れようと注目が集まっており、切手買取市場では高額で取引されるケースが多く見受けられます。

切手買取するなら必ず押さえておきたい専門用語

切手買取値段の一例

実際に切手買取を依頼するうえで、専門用語を把握することは、大切なポイントになります。

専門用語を知っていることで、業者との買取価格の交渉はもちろん、ご自身で相場を調べたりする時など、売却をするうえでは必要な知識と言えます。

そこで、下記では切手買取の際に知っておきたい専門用語をいくつか紹介させて頂きますので、参考にしてみてください。

シート切手

シート状態では、切手1枚ずつに施されている目打ち(切り離すのを便利にするために打ち込んだ切手1枚ずつの周囲にある連続した小穴)が綺麗な状態で切手同士繋がっています。

そのため、単体や複数枚で切り離されておらず、仮にこれが切り離されてしまった場合には、シート状態ではなくなってしまいます。

切手買取においてはバラよりシートの方が好まれ、バラ切手と比べてシート切手の方が買取率は高くなります。

バラ切手

切手は発行時は複数枚綴りのシート状になっており、これが切り離された状態を「バラ切手」と呼びます。

ちなみに、シート状態の切手が一枚でも切り離されたものも、一枚単位の切手と同じように「バラ切手」に分類されます。

プレミア切手

切手の価値が、額面または額面以上の価値を持つ切手をプレミアと言います。

プレミアとして価値があると判断されるものは、希少性があり、切手収集家の方々から需要があります。

プレミア切手は過去に発行され、現在は入手困難なものも多く、保存状態は特に価値を左右するポイントです。

そのためプレミア切手の買取価格は、額面同等の価値のものから、億単位の価値を持つプレミア切手まであります。

消印切手(使用済切手)

はがきや郵便物を送る際に「消印」という使用済を表すスタンプが押され、このスタンプがついた切手を消印切手と呼びます。

需要の低下と共に切手買取において現在では残念ながら買取価格をつけられないと判断する買取店も多いようですが、コレクターの間では今もネットオークションなどで取引されるケースもあるようです。

ただし、プレミア切手においてはこの消印がついた状態(使用済み)であっても買取ってもらえるケースがあるので、お持ちの方は一度査定に出してみることをオススメします。

切手買取金額の調べ方と買取店ごとに違う買取価格

切手買取のお店

このコラムをご覧になっている方の中には、お持ちの切手に価値が無いと判断してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、切手買取市場では、思わぬものに高額な値段がついたという声をよく耳にします。

では実際に、お持ちの切手の買取価格はいくらになるのでしょうか。

気になっている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで下記では、過去にあった切手買取市場での買取価格の一例をいくつかまとめてみましたので、参考までにご覧ください。

切手買取金額の調べ方について

プレミアのつかない切手の買取価格は、一般的に額面以下での価格になります。

切手買取市場では、プレミアのつかない切手は、額面以下でないと再販売しても売ることができず、業者側は額面以下での買取をせざるを得ないというのが現状となっています。

そのため、プレミアのつかない切手は、一般的に額面以下の買取になると認識しておいて良いでしょう。

また切手買取業者における買取相場は、業者によってその基準(買取率)が異なるため、切手を買取に出す際は、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることをオススメします。

そこで下記では、買取率の異なる各業者の一例を紹介しますので、参考のひとつにしてみてください。


【業者A】

62円切手の1シート(切手10枚)を額面の8割で買取る場合

62円 × 10枚 × 0.8 = 496円


【業者B】

62円切手の10シートを額面の6割で買取る場合

62円 × 10枚 × 10シート × 0.6 = 3,720円


【業者C】

62円切手の1シートと82円切手のバラ8枚を額面の7割で買取る場合

(62円 × 10枚 + 82円 × 8枚) × 0.7 = 893.2円


上記はあくまでも切手買取市場における相場の一例になります。

各業者に買取を依頼する際のおおよその目安として参考のひとつにしてください。

また、額面の低い普通切手や汚れの状態によっても、買取相場が変わることもあるので注意が必要です。

切手は売り方次第で値段も変わる?売り方と買取方法

切手買取値段を調べる女性

切手に価値があっても、切手の売り方によって、買取価格は変わってきます。

そのため、切手買取を依頼する業者は慎重に選んでいきましょう。

そこで、ここでは切手の売り方についていくつか紹介していきますので参考にしてみてください。

金券ショップ

金券ショップでは商品券や各種チケットなど「金券」に特化した販売・買取を行っています。

実は切手も金券に該当し、金券ショップでも買取をしてくれるので、不要な切手を売りたい方にとっては便利です。

ただし、金券ショップは買取需要の見込まれる種類をメインとしているため、プレミア切手のように「切手における価値」を確実に判定できるかは不明です。

ネットオークション、フリマアプリ

査定員を介さずに、消費者と消費者が直接(実質は直接ではなく、企業が仲介をしている)、売買のやり取りを行うことができるネットオークションやフリマアプリによる売却が増えています。

この場合、査定員による査定を通していないため贋物などが出回ってしまうことがあり、切手の売買は向いていないと言えます。

そのため、贋物の影響によりネットでの切手購入は、切手収集家からはあまり好まれておらず、売却する際の値段が上がりにくい傾向にあります。

ゆえにネットでの切手販売は、いつ売却が完了するのかわからないため、売りたいときに売れないというデメリットがあります。

切手買取専門店

切手買取専門店では、切手を査定する査定員のレベルが高く、切手の買取価格を適正に提示してくれることが大きなメリットとなります。

さらには、直接交渉もできるため、若干ではあるものの、買取価格が上がりやすい傾向にあります。

ただ、査定員と直接やり取りをしなければならないため、それが面倒だったり、億劫に感じてしまう方には、あまり向いていない売り方とも言えます。

切手の買取査定の前に知っておきたい注意点

切手買取値段のイメージ

今回の記事を読んで、自分が持っている切手の価値を確かめてみたいと思われた方もいるかもしれません。

そこで以下では、切手の査定を依頼する前に知っておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

切手買取は「切手の価値がわかる」業者で査定を受ける

切手買取の依頼を行う場合には、切手の価値が分かる業者を選びましょう。

買取サービス形態の違いにより、しっかり価値を見極められる業者とは限りません。

そのため、しっかりと査定のできる査定員がいる業者を選びましょう。

こういった業者を探すためには、口コミはもちろん、その業者の事業規模や宣伝規模、経営状況を判断するところまで調べておいて損はありません。

使用済み切手も価値がつく場合もある

上記でも述べたように、使用済み切手でも買い取ってもらえるケースがあります。

買取を依頼する前に捨ててしまった使用済み切手が、実は買取できた、なんてことにもなりかねません。

そのため使用済み切手は、査定を終えるまで取っておくように心がけましょう。

また、予め査定がスムーズに行われるよう、使用済みと未使用切手で分けておくと良いでしょう。

切手の状態によって買取価格が下がってしまう

切手買取市場では、切手の状態によって、買取価格が変わってしまうケースがあるので注意しましょう。

特に切手収集家の方々が購入するようなプレミア切手の買取価格は、状態に大きく左右されます。

一般的にバラよりもシートの方が、使用するうえでもコレクションするうえでも需要があるため、買取価格が高くなる傾向にあります。

また、シミや汚れなどによって、買取価格が変わってしまうことがあるので注意が必要です。

切手買取のまとめ

切手は一律買取価格が決まっている訳ではなく、買取需要や切手それぞれの状態により大きく左右されます。

ですから「どうせ値段なんて付かないだろう」と思っている切手も、買取市場で需要が高い種類であるならばあなたの予想を超える買取価格が付く場合もあるのです。

また、反対に高く売りたいと思っている切手も状態が悪ければ買取価格に影響し、最悪の場合値段が付かないと判断されることもあります。

ご自宅に使わない切手が眠っているならば、まずは切手の価値を知るだけでも専門店へ相談してみてはいかがでしょうか。