不要な切手はネットを利用すれば買取してくれるお店を見つける事が出来ますが、切手の種類に応じて切手買取専門店がお勧めです。 普通切手などの場合、シート単位のみでバラ品は対象外、一定額以下の額面や古い時代の記念切手は買取して貰えない事もあります。 切手を売りたい時には、切手の種類や保管状態などに応じて売るお店を選ぶ事が大切です。
例えば、チケットショップや金券ショップなどのお店も切手を買取してくれますが、これらのお店の場合は記念切手が対象外になっている、普通切手の買取のみで、バラ品は対象外、シートのみなどのように、切手の種類により買取の可否が変わります。 記念切手の場合は、比較的新しいものが対象であり、古い時代の記念切手の買取は行われていない事もあります。 その点、切手買取専門店は古い時代の記念切手や特殊切手、普通切手などを高価買取してくれます。

切手買取専門店の特徴についてご紹介

切手買取専門店は切手に精通した鑑定士がいるお店です。 鑑定士は幅広い切手の知識を持っている、市場のニーズを把握しているため、希少価値が高いものは高価買取して貰えるチャンスが高いなどのメリットを持ちます。
最近の切手買取専門店は、ホームページで買取についての紹介を行っているケースが多くあり、ホームページ内では過去の買取事例が掲載してあるため、どのような切手を売る事が出来るのか、査定を受けた場合の金額の目安として使う事も出来ます。 さらに、買取方法には店頭での査定の他にも、出張査定や宅配査定などが用意してあるので、切手買取専門店が自宅近くにない場合には宅配査定、売りたい切手が大量にあるのでお店に行く事が出来ない場合は出張査定など、買取方法を選ぶ事が出来ます。 店頭での査定を希望する場合は、事前にお店に連絡をしておくのがお勧めです。
事前に連絡をしてから切手を持ち込めば、査定時間を短縮する事が出来ますし、査定を受ける場合は切手を保管してある状態、ストックブックに入れた状態で持ち込むのがコツです。 ストックブックに収めておけば、鑑定士が査定をする時などスムーズに処理が出来る、切手が折れない、破れないなどのメリットもあります。 尚、宅配便を利用する場合もお店に連絡をすると宅配キットが送られてくるので、それを使って切手をお店に送れば買取して貰えます。

切手買取専門店だからこそ買取可能な切手

切手の中には透かしが入っているものがあります。 透かしは切手の偽造防止を目的として採用が行われていたもので、透かしには幾つかの種類があり、種類に応じて価値が異なります。 切手買取専門店の鑑定士は切手の知識を豊富に持つため、透かしが入っている切手の種類を熟知していますし、どのような透かしが価値が高いのかなども理解しているので、高く売る事が出来るのです。 しかし、知識があまりないお店に透かしが入っている切手を持って行った場合、透かしがある事自体分からない事もありますし、透かしの種類に応じて価値が異なる事も分からない場合もあります。
古い時代の切手などの場合は、時間も長く経過しているので、色が褪せてしまう事もありますし、切手の裏面には糊がついているため、糊が剥がれてしまう事も少なくありません。 切手の保管状態にもよりますが、切手買取専門店の場合は希少価値が高い切手は状態が多少悪い場合でも査定をして貰えますし、シートは勿論の事、バラ品1枚でも買取して貰えます。 ちなみに、切手はバラ品でも価値がありますが、シートの場合は1枚当たりの単価が高くなるのが特徴です。 バラ品1枚では300円の価値の切手も、シート20枚の場合では6000円ではなく、1万以上の値段で買取して貰える事もありますし、価値を熟知する鑑定士がいるお店を選ぶ事が高価買取に繋がります。


連刷りタイプの切手はそのままの状態で

切手には同じ図案の切手が1シートに収められているものだけではなく、数種類の切手が1枚のシートに収められているものもあります。
例えば、1990年4月27日に発行が行われた、都道府県の花を収めたふるさと切手シリーズの花切手があります。 ふるさと切手シリーズの花切手は全部で47種類の切手がありますが、47種類すべてを収めたシートは縦に5枚、横に10枚、ロゴマークが入った余白が3枚の構成になっています。 さらに、47種類の図案の切手は個々に20枚シートも発行が行われているのが特徴です。 尚、47種類が1シートに収めてある切手シートは切り離してしまうと価値が下がるので注意が必要です。
47種類の切手が1シートに収めている切手などの事を連刷りなどと呼びますが、連刷りは切手の価値を左右するものであり、1枚でも欠落していると価値を損ねてしまいます。 ちなみに、記念切手の一つに国民体育大会切手シリーズがありますが、第2回から第5回までの国民体育大会切手は1シートに4種類の図案切手が収められているもので、横4枚、縦4枚の連刷りタイプと縦2枚、横2枚の田型タイプなどの種類があります。 連刷りタイプの中でも田型タイプは価値が最も高くなっているのが特徴で、切手買取専門店の鑑定士などは、どのような形状になっていると価値が高いのかを熟知しているため、高価買取に繋がって来ます。

切手ブーム以降の希少価値が高い切手

切手買取専門店は切手を熟知する鑑定士がいるお店であり、切手の価値を最大限に引き出した金額で買取して貰えます。 一般的に、記念切手や特殊切手は切手ブームが始まる以前のものは価値が高く、ブーム以降の切手は額面を下回るケースが多いと言われています。
切手ブームは1960年から1980年にかけての時代であり、1960年後半以降に発行が行われた切手の価値は低く、1960年前半以前に発行が行われた切手の価値は高い事になります。 切手買取専門店の場合は、切手ブームが起きた以降の記念切手もしくは特殊切手も高く買取して貰える事も少なくありません。
例えば、1970年3月14日に発行が行われた日本万国博の第一次切手には7円、15円、50円の3種類があり、3種類を1枚の小型シートに収めたものがあります。 さらに、これらの切手には切手帳もあります。
切手帳には表紙が金タイプと銀タイプの2種類があり、金タイプは1970年3月15日発行、銀タイプは1970年4月15日発行になります。 金タイプは150万冊、銀タイプは200万冊などの発行枚数になるのですが、いずれも切手買取専門店では高い評価を貰う事が出来ます。 しかし、銀タイプには表紙と中の切手ページを糊付けしているものと、糊付けしていない背がためが行われていないタイプもあります。 背がためが行われていない切手帳は数が少ないので買取価格が通常の銀タイプの切手帳よりも高くなるなど、切手買取専門店に持ち込む事で高い評価を受ける事が可能になるのです。

切手の買取には鑑定士の持つ知識が重要

切手には普通切手や記念切手、特殊切手などの種類がありますが、比較的最近の切手は買取に出すと額面を下回る事もありますが、古い時代の切手は価値が高く、額面の何百倍もの値段で取引が行われるケースもあります。
切手買取専門店は、古い時代の切手の価値を熟知している鑑定士がいるお店でもあり、切手の保管状態に応じて高価査定を受ける事が出来ますし、状態があまり良くない記念切手などでも売る事が可能なケースは多いのです。 一般的には切手ブーム以降に発行が行われた切手の価値は低くなりますが、ブーム以降の切手の中にはプレミアが付いているものも多数あります。
プレミアが付いているのか否かは、切手の知識を持つ鑑定士でなければ判断出来ない事もあるため、切手を売る時などは鑑定士が在籍している切手買取専門店を選んで査定を受けるようにするのがお勧めです。