切手の買取相場はどのくらい?今でも高額査定となる切手とは?

昔、切手蒐集ブームに乗って集めた切手が押し入れの奥にしまったまま……なんてこともよくあるのではないでしょうか。

当時からずいぶん時間が経ってしまって、いまでは全く集めていないという事でしたら、一度、切手買取に出してみてはいかがでしょうか。

コレクションされた切手の中には、記念切手や切手シートなどが多く含まれている傾向があり、切手によっては高値が付く場合もあるのです。

ここでは、そんな切手の買取相場や、価値の高い切手などについて紹介いたします。

切手の種類について

切手の種類について

一口に郵便切手と言っても、中には様々な種類の切手があります。

ここではまず、切手の種類についてご紹介します。

普通切手

普通切手

普通切手とは、一般的には郵便料金の納付を目的とした切手のことを指します。その時々での料金に合わせて発行されており、枚数の制限もないことから、誰でも入手することが可能な切手となります。但し、郵便料金の改正が行われた後、未使用の切手シートで人気のあった切手だった場合などは、入手困難な状況から、稀に高値で取引されることもあります。

記念切手

記念切手

記念切手は特殊切手と混同される場合が多いですが、厳密には、国家的行事を記念して発行されたものを指します。日本で最初の記念切手は「明治銀婚記念切手」で、明治天皇・皇后の銀婚(結婚25周年)を記念して発行されたものです。

特殊切手

特殊切手

特殊切手は、主に地方自治体や企業によって発行されたり、あるテーマに沿ってシリーズとして発行される切手のことを指します。特に昭和11年から発行された「国立公園切手シリーズ」には高い人気があり、高値で取引されています。

戦前切手

戦前切手

戦前切手とは、その名の通り戦前に発行された切手を指します。戦前切手の中には使用済みでも価値の高い切手も存在しており、非常に高額で取引された記録もあるほどです。特に日本で初めて発行された「竜切手」は当時の製作技術が低かったことから、印刷毎に生じた微妙な差異からはじまり、エラー切手が高額取引の対象となったこともありました。

年賀切手(お年玉切手)

年賀切手(お年玉切手)

年賀切手などはお正月の年賀の挨拶状に使用したり、お年玉切手シートは年賀状の当選品としても知られていますが、基本的に年一回しか使用する機会がなく、持て余している方も多くいらっしゃるようです。しかし、年賀切手・お年玉切手シートで発行年代が古いものの中には「応挙のとら」「夫婦岩」「少女とウサギ」など有名な切手も存在しており、高額で取引されています。

ふるさと切手

ふるさと切手

ふるさと切手は「ふるさと」をテーマとして1989年から発行されている切手シリーズです。日本初のふるさと切手は、山形県の「サクランボ」、長野県の「お猿の温泉」の2種です。ふるさと切手は大変多くの種類が発行されており、比較的入手しやすい切手と言えます。その中でも、著名人のデザインによるふるさと切手は特に高値が付きやすいといわれています。

ゆうペーン

ゆうペーン

ゆうペーンとは、切手帳形式で表紙と中身(切手)で作られている専用シート状のものを指して、蒐集家の中では単に「ペーン」と呼ばれることもあります。ゆうペーンは他の切手と違い表紙が付いていることから、表紙のデザインも大きな特徴のひとつで、そのデザイン性の高いものの中には、高値で取引されるものもあるようです。

小型シート切手

小型シート切手

小型シートは、お年玉切手シートのように、小型のシート1枚に1~10枚の切手が配置されている切手シートなどを指します。小型シートには、ふみの日切手や様々な記念切手など、大変多くの種類で、またバラエティに富んだデザインの切手が発行されているため、そういった趣向で蒐集しているコレクターも存在しています。

高い価値がつく切手とは?

高い価値がつく切手とは?

切手蒐集ブームといわれる約50年前には、個人間や個人-業者間で様々な切手が盛んに取引されていましたが、最近では切手コレクターも減少してしまい、切手蒐集ブームも過ぎ去ってしまいました。

そんな現代では、かつては高額で取引されていた切手も、積極的に額面以上で買い取る業者はほとんどいません。いまでは切手は本来の額面通りの価値、もしくはそれ以下の価値しかないという状況になっているのです。

切手趣味週間シリーズの切手

切手趣味週間シリーズの切手

しかしそんな中でも、ブーム当時と変わらず人気があり、高価買取が期待できる切手もあります。例えば「ビードロを吹く娘」「月に雁」「見返り美人」など切手趣味週間シリーズの特定の切手シートには値段が付きやすい傾向にあるのです。但し、バラ切手の場合には当時ほど珍重されず、非常に安い買取額になってしまう場合もあります。

文化大革命時代の中国切手

文化大革命時代の中国切手

また、いまでも需要が高いのが中国切手です。中国切手はその名の通り中国国内で発行された切手を指しますが、単に中国で発行された切手にはそれほど価値があるわけではなく、高い価値が付く切手には、今から50年ほど前の1966年から約10年続いた文化大革命時代に発行された切手が該当します。例えば「赤猿」「毛主席の長寿を祝う」「梅蘭芳舞台芸術」などが有名で、文革切手ともよばれています。

切手を売るための方法について

高い価値がつく切手とは?

切手の種類や切手買取で高値の付きやすい切手について説明しました。それでは、自分が持っている切手コレクションを売却する場合にはどんな方法があるのでしょうか。

ここでは切手を売るための方法について説明致します。

オークションサイトを利用する

オークションサイトなどでも、価値の高い切手が多く出品されています。

オークションサイトを使用するメリットは、売却額を自分で設定することができることです。但しその反面、その値段がコレクターのニーズに合わない場合には、落札されるまでに相当な時間がかかってしまうこともあります。

また、オークションサイトを利用するには、サイトへの事前の登録が必要です。また、使用し続けるには、年会費、落札された場合には利用料や手数料がかかります。

切手買取の専門業者へ依頼する

切手買取の専門業者に査定を依頼する場合には、出張査定や宅配査定、持込み査定などのいくつかの査定方法から、自分の都合にあわせて最適な査定方法を選ぶことができます。切手買取の専門業者による査定は、切手に関して知識のある査定員が担当するので、適正な査定額を得ることができます。

また業者によっては、査定料無料で出張査定のサービスを提供しているところもありますので、査定だけでも試してみる事も可能ですし、査定金額に納得し了承すれば、その場で現金を受け取ることも可能となります。

 

上記2つの売却方法から、売却するまでの手間や時間、また適正な査定額(売却額)を得ることを考えると「切手買取の専門業者に査定を依頼すること」が一番おすすめの方法です。

切手の買取相場について

切手の買取相場について

最近では切手蒐集ブームも過ぎ去り、切手のコレクターも減少していることから、特に人気のある切手や希少な切手を除いては、切手買取の査定相場は全体的に安くなる傾向にあります。

但し、昭和初期に発行された切手趣味週間シリーズの一部には、値段が付きやすい切手も存在しています。シートであることが条件ですが、例えば「見返り美人」や「月に雁」ですと数千円ぐらいまで、状態が綺麗であれば五千円ほどまで付くことも稀にあります。同シリーズの「ビードロを吹く娘」は少し下がってしまいますが千円程度が目安となります。

また日本の切手よりも格段に人気の高いのが文化大革命時代の中国切手です。しわや折れがない綺麗な状態ということが条件ですが、例えば「赤猿」では一枚で10万円超えということも珍しくありません。「毛沢東の長寿を祝う」ではほとんどの場合がオーダーキャンセルと呼ばれる消印が押されている状態のものですが、それでも査定額が五万円越えという場合もあります。滅多にでてくることはありませんが、消印が付いておらずシリーズ11種類全部が揃っている場合には数十万円付くこともあります。

他にもいまでも人気のある切手は多くあります。枚数が相当数ある切手コレクションをおもちでしたら、高額査定に至る切手が紛れているかもしれませんので、一度、切手買取の専門業者に査定を依頼してみましょう。

まとめ:切手の買取相場はどのくらい?今でも高額査定となる切手とは?

まとめ:切手の買取相場はどのくらい?今でも高額査定となる切手とは?

最近では切手蒐集ブームも下火となってしまい、世の中の切手コレクション自体の需要が減ってきてしまっているため、全体的な切手買取相場は下がり傾向にあります。切手ブーム当時は高額で入手した切手も、現代のニーズに合わない場合には、額面通りもしくは額面以下の査定額となってしまいます。

そんな状況の中で、いまでも変わらず値段が付きやすい切手もありますので、古い切手は簡単に処分せずに、まずは切手買取の専門業者に査定を依頼するのがおすすめです。業者の中には、出張で無料査定を行う業者も多くありますし、お持ちの切手コレクションの中にプレミア価値が付いている切手が混ざっているかもしれませんので、売りたい切手の価値を知るためにも無料の出張査定を利用してみるのが良いでしょう。