不要な切手やはがきは郵便局で換金できない?現金化する方法とは?

近年ではインターネットの普及により、郵便の利用頻度も減り、それに伴って切手やはがきの利用も一時期に比べて相当数減ってしまいました。使わなくなったまま引き出しにしまい込んだままになってしまった切手やはがきをお持ちの方も多いと思います。

それらはどうすればいいのでしょうか。現在の郵便料金に合わせて、端数分切手を買い足して使用する方法もありますが、昔の郵便料金に合わせて購入した切手シートは、通常料金のシートは100枚で1シートとなっているため、買い足す切手もそれなりの量となってしまいます。

であれば、一旦古い分を換金して新しく切手やはがきを購入したいところですが、そうするにはどういう方法があるのでしょうか。

ここでは、切手の買取りなど換金の方法についてご紹介いたします。

切手は郵便局では換金・払い戻しができない?

切手は郵便局では換金・払い戻しができない?

切手を換金しようしたときに真っ先に思い浮かべるのは「郵便局」です。切手やはがきを販売しているわけですから、古いものは郵便局で払戻してほしいと考えてしまいがちですが、実は郵便局では、切手やはがきの払い戻し・換金には対応していないのです。

では、どういった方法があるのでしょうか。以下でご紹介します。

切手をはがきに交換

切手は、はがきと交換することが可能です。ただし当然のことですが、差額を支払う必要があることと、そのほかに交換手数料として、はがき1枚につき5円の支払いが生じます。

切手で交換できるはがきには、通常のはがきのほか、インクジェット印刷対応はがき、絵入りはがきなどがあります。くじ引番号付き郵便はがきには交換できませんので注意しましょう。

切手を特定封筒に交換

切手は、特定封筒に交換することも可能です。特定封筒とは、例えば「レターパック」や「スマートレター」などを指します。切手と特定封筒を交換するには、特定封筒1枚につき41円の交換手数料が生じます。

無料で交換できる場合

切手をはがきや特定封筒などと交換する際には必ず交換手数料が発生しますが、手数料が発生しない場合があります。それは身内のご不幸により、購入していた寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手が使用できない場合です。この場合には、手数料なく無料にて通常切手や弔事用切手、または、はがき類や書簡類などとの交換に応じてもらえます。

切手を現金化する様々な方法

切手を現金化する様々な方法

郵便局で対応してもらえるのは、あくまでも交換であり、払い戻しや換金ではありません。

それでは、不要な切手を換金するにはどのような方法があるのか、以下でご紹介いたします。

金券ショップに持ち込む

金券ショップを利用することで、切手を買い取ってもらうことができます。

金券ショップは駅前や商店街などでよく見かけますので、比較的、利用しやすいかと思います。もちろん店舗によって買取の相場に違いはありますが、一般的にはおおよそ額面の60~80%程度の買い取り額になることが多いです。

また最近では、出張査定や宅配査定に対応しているショップも増えてきていることから、店舗に赴く時間がない人でも利用できるようになってきています。

インターネットオークションに出品する

最近はインターネットオークションで切手を販売している人も多く見掛けます。

インターネットオークションは、自分の売却したい商品を売却したい価格で出品できるというメリットがあります。金券ショップでは60~80%程度の買取額になってしまうことが多いため、場合によってはそれよりも高額で販売することができる場合もあります。

但し、これからインターネットオークションで切手を販売したいという場合には、オークションサイトへの登録の手間も発生し、年会費や販売手数料のことも考慮しなければなりません。また設定価格によっては買い手がつかない場合も考えられますので、是非とも売りたいという場合には注意が必要です。

切手買取の専門業者に依頼する

昔切手ブームで収集した大量の切手コレクションなどは、金券ショップによっては、一部のみの買取となってしまう場合もあります。そんな時には、切手買取の専門業者に査定を依頼することをおすすめいたします。

切手買取の専門業者には、切手に関する幅広い知識があるうえ、切手の査定に長けているため、通常は額面以下となってしまう買い取り額についても、希少価値のあるような切手には、市場価値を考慮して、それぞれの切手に見合った適切な査定をおこなってもらえます。

もちろん、大量な切手だけではなく、バラが混ざっていても査定してもらえますので、まとめて査定してもらう場合にはおすすめの方法です。

 

上記3つの方法から、売却するまでの手間や時間、また適正な査定額(売却額)を得ることを考えると「切手買取の専門業者に依頼すること」が一番おすすめの方法です。

切手買取の専門業者に依頼するときに気を付けること

切手買取の専門業者に査定を依頼するメリットは、切手の価値を適正に判断してもらえるところです。

正確な鑑定技術で査定してもらえますので、なるべく少しでも高く査定してもらえるよう次のポイントに注意しましょう。

シミや汚れなどの対策は必須です

切手を、専用の切手ブックなどではなく、袋に入れたままなどで保管していると、湿気で汚れが付いてしまったり、色落ちしたりしてしまう場合があるので注意しましょう。

また、切手は紙でできていますので、指で直接触れてしまうと、場合によっては指の脂が汚れとなってしまいます。切手を扱う場合には、専用の手袋やピンセットなどを使用するようにしましょう。

糊落ちの状態を確認しましょう

切手裏面の糊(のり)が薄くなっていたり、劣化により粘着力が落ちている切手は、状態が悪いと判断される場合があり、査定額が下がってしまうことがありますので注意しましょう。

一度、封筒やはがきに貼ってはがした切手も糊落ちとして判断されることが多いので、査定に出す場合には、糊のついた切手を優先して出すようにしましょう。

ヒンジ跡にも要注意!

ヒンジとは切手ブックに切手を固定する際に切手の裏に貼るテープのことを指します。このヒンジを貼った跡があまりに目立つ場合には、査定額が下がってしまう場合もありますので注意しましょう。

まとめ:不要な切手やはがきは郵便局で換金できない?現金化する方法とは?

まとめ:不要な切手やはがきを現金化する方法とは?

昔購入した切手シートなどの切手は、郵便料金が変わってしまうと差額分を買い足す必要があり、使いづらいこともあるものです。できれば一度換金して、新しい郵便料金に合わせて切手を容易できたらよいのですが、実は郵便局では切手やはがきの払い戻しや換金には対応していないのです。

それらを換金するには、金券ショップやインターネットオークションの利用、または、切手買取の専門業者に査定を依頼する方法などがありますが、換金する手間や時間を考慮すると切手買取の専門業者に依頼する方法が一番のおすすめの方法です。

また業者に査定を依頼するときには、切手のシミなどの汚れや、糊の状態、ヒンジ跡などに注意して査定にのぞむようにしましょう。