見返り美人切手

『見返り美人切手』と呼ばれるプレミア切手をご存知でしょうか。

切手収集家だけでなく、多くの人から人気を博してきた見返り美人切手は、現在も高額買取に期待ができる切手のひとつです。

今回の記事では、そんな見返り美人切手の買取相場とおすすめの買取方法について、紹介していきます。

『見返り美人』ってどんな切手?

見返り美人切手バラ

見返り美人切手は、切手趣味週間シリーズの第二号として発行された切手となっています。

この切手は、浮世絵師の祖と言われている菱川師宣が描いた見返り美人図が図案となっており、浮世絵というデザインが珍しく、多くのファンをつくりました。

そんな見返り美人切手ですが、発行日や発行枚数、当時の販売価格はいくらだったのでしょうか。

見返り美人切手の発行日

見返り美人切手が発行された日は、1948年11月29日となっています。

浮世絵のデザインを取り入れた見返り美人切手を皮切りに、『月に雁』や『ビードロを吹く娘』などの浮世絵が図案となった人気プレミア切手が続々と発行され、切手ブームが起こりました。

見返り美人切手は、そんな切手ブームを巻き起こした先駆けの切手とも言われています。

見返り美人切手の発行枚数

見返り美人切手が発行された枚数は150万枚となっています。

前年に発行された、同じ特殊切手に該当する切手趣味週間シリーズ第一号の『山下白雨の富士』の発行枚数は300万枚であり、見返り美人切手は他の切手に比べて少ない発行枚数だったことがわかります。

またその少ない発行枚数により、郵送されているハガキや手紙などから見返り美人切手だけがはがされるといった事件が多発しました。

見返り美人切手発行当時の販売価格

額面5円の見返り美人切手が、5枚つづりのシートとなっており、25円で販売されていました。

見返り美人切手が発行された1948年の大卒公務員の初任給が2,300円程度であったことから、当時の買い物としては、安価ではないということがわかります。

にもかかわらず、見返り美人切手は発行開始からわずか1ヶ月で完売したと言われ、発行当時の人気ぶりが伺えます。

なぜ人気?『見返り美人』切手の買取相場

見返り美人切手の買取相場グラフ

実際に見返り美人切手を買取に出すといくらで売れるのでしょうか。

見返り美人切手が人気になった理由とともに、買取相場を以下紹介していきます。

見返り美人切手が人気になった理由

見返り美人切手は、浮世絵というデザインとその芸術性の高さゆえに、発行当初から大きな人気を博した切手のひとつとされています。

切手収集ブームが到来していた当時、見返り美人切手を手に入れることは、ステータスのひとつとされていました。

そのため、郵送されている封筒やハガキから見返り美人切手だけが盗まれてしまう事件が多発してしまうほどでした。

またそのデザインの美しさと日本らしさから、国内のみに留まらず、海外でも人気を博しました。

見返り美人切手を手に入れようと国内外問わず、どこまでもお金を出す切手収集家たちにより買取価格は上昇の一途を辿りました。

見返り美人切手の買取相場

見返り美人切手が今いくらなのか、そしていくらで売れるのかを調べる方法は買取相場を調べるのが一番良い方法です。

そこで参考にしたいのが切手買取業者での買取価格やネットオークションでの落札相場を調べてみるなど、方法はたくさんあります。

ただし注意すべき点として『切手買取相場』は業者ごとに異なり、またネットオークション等の落札価格は買取市場の需要に大きく左右されるため、参考程度で考えておくのが良いでしょう。

いくつかの切手買取業者の見返り美人の買取価格を見てみると、3,000円~30,000円と記載されています。

なぜ記載価格に幅があるのかといえば、切手は紙でできているため傷や汚れ・湿気にとても弱い性質をもっています。

加えて紙なので時間の経過とともに少しづつ劣化していくことも考えられます。

見返り美人切手が発行された1948年から数えて約70年近くは経過しており、傷一つない未使用・完品でない限り記載されているようなプレミア価格になるかは難しいというのが正直なところではないでしょうか。

しかし一般的に、見返り美人切手は状態にもよりますが額面以上の買取に期待できるプレミア切手となります。

そのため、見返り美人切手の現在の買取価格が気になる方は、一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

不要な切手は買取査定で価値をチェック!

見返り美人切手の価値をチェックしている女性

見返り美人切手をはじめとしたプレミア切手の多くは過去に発行されたものが多く、切手ブームの頃などを知る方や切手コレクターであればその価値をご存知のことでしょう。

しかし父親や祖父が集めていた切手をふいに見つけたなどの場合、プレミア切手が含まれていたとしても価値がないと思って処分してしまう可能性も否めません。

不用意に切手を処分してしまわないためにも切手買取専門業者へ相談しましょう。

下記で切手買取専門店へ依頼すべき理由を解説します。

切手を処分する前に!

一見価値がないと思っていた切手に高額買取の査定結果が出ることも少なくありません。

過去にあった切手買取市場では、見返り美人切手に消印(使用したことを示すために切手に捺すスタンプ)があるにも関わらず、高額買取に至ったケースもございます。

そのため、見返り美人切手などの高額買取に期待できるプレミア切手を見落としてしまわぬよう、一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

買取査定してみることのすすめ

切手の買取査定では切手の査定士であるプロたちから直接、切手の価値や流れなどを聞けるのも、切手を持っている方には良い機会ではないでしょうか。

また現在高騰している切手買取相場が、この先いつまで続くのかを予測するのはとても難しく、誰にもわからないというのが正直なところです。

そのため、少しでも切手の価値が気になった方は、一度プロの査定士に買取査定の依頼をしてみることをオススメします。

切手はどうやって売ればいいの?買取査定方法をご紹介

見返り美人切手を査定している男性

いざ切手の買取査定を依頼しようとなっても、様々な買取サービスの種類があるゆえに迷われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで下記では、買取査定方法とともに、どうやって売ることが望ましいのかを紹介していきます。

買取査定方法

買取査定では、主に店舗型・宅配型・出張型の3つがあります。

下記にて、それぞれの特徴をまとめてみましたので参考のひとつにしてみてください。

切手の店舗型買取

買取を行っている店舗に直接足を運んで、その場で査定をしてもらえるのが店舗型買取です。

比較的、駅近くには複数の店舗が点在しているケースが多く、一日で複数の業者に見てもらうことも可能で、相見積もりをしやすいのがメリットとなります。

一方で荷物を運ぶ手間があり、手ぶらで帰りたい気持ちから、納得のいかない買取価格でも買取をお願いしてしまいがちなので注意しましょう。

切手の宅配型買取

査定してもらいたい切手を指定の場所に郵送し、後は待つだけで、査定結果を出してもらえるのが宅配型買取です。

送ってしまえば後は待つだけなので、比較的楽に査定をしてもらえます。

一方で切手を送るまでに手間がかかり、査定結果をもらうまでに時間がかかってしまうため、短期間での相見積もりには向いていないと言えます。

切手の出張型買取

依頼ひとつで査定員が直接ご自宅に訪問し、査定をしてもらえるのが出張型買取です。

家に人をあげるのが億劫な方には難しいかもしれませんが、何よりも荷物を運ぶ手間がかからず、家で待つだけで査定をしてもらえるのがメリットです。

また出張型買取を行っている業者の査定員は、様々な地域の品物を査定しているため、知識や経験が豊富な査定員が多いのも大きな特徴です。


どの買取査定方法でも、予め使用済み切手と未使用の切手を仕分けておくと、スムーズに査定が進みます。

さらにバラとシートで分けたり、額面ごとに分けることで、自分でも額面の確認ができるうえに、査定士にとっても査定がしやすい状況がつくれます。

また店舗型や出張型の買取査定では、査定士と直接、買取価格の交渉ができるので、買取価格をあげてもらう交渉を行うことができます。

とくに出張型買取サービスでは、対応しているエリアが幅広いため、取り扱っている市場も多く、若干ではあるものの買取価格が高くなりやすい傾向にあります。

お持ちの切手の価値が少しでも気になる方は、上記を参考に自分に合った業者に切手買取の依頼をしてみましょう。

見返り美人切手を買取ってもらう前に準備しておきたいこと

見返り美人切手などのプレミア切手を査定してもらううえで『切手の状態』は、切手買取相場での買取価格に大きな影響を与える重要な項目となります。

そのため少しでも高く見返り美人切手を買取ってもらいたい場合には、切手の状態に細心の注意を払っておきましょう。

見返り美人切手など古い切手はとくに湿気に弱いため、なるべく湿気の少ないところで保管するのはもちろん、空気に触れないような切手アルバムで保存しましょう。

また、見返り美人切手などの古い切手はシミがつきやすく、手の脂でもシミになってしまう可能性があります。

そのため切手を取り扱う際は、ピンセットなどを用いて慎重に取り扱っていきましょう。

査定を依頼する場合には、切手を買取ってもらう前に一度切手の状態を見直し、上記を参考にしてみてください。

見返り美人切手のまとめ

見返り美人切手は昭和50年代に起こった切手ブームと共にプレミア切手として一躍有名になりました。

その後切手需要の全体的な低下が懸念される中で、いまだに見返り美人切手は高い価値があり、切手の買取市場においても需要の高さは変わりません。

しかしながらこの先さらに切手需要が落ち込んだ場合、見返り美人切手が今と同じ買取価格になるかどうかは不明です。

もしご自宅に見返り美人切手があるならば、今のうちに切手買取専門業者へ相談し、いち早くプロの査定士に見てもらうことをオススメします。