切手の買取価格の相場は?高く売る方法とは?

昔趣味で集めていた切手や使わなくなった古い切手シートなどをお持ちではありませんか。もしそれら不要な切手を売却するとしたら「いったいいくらで売れるのか」が気になるところです。

しかし、切手には様々な種類や、発行された時期また枚数によって価値も変わってきますので、一概にこれぐらいとは定義しづらいものです。

ここでは様々な切手の買取価格や、売却の方法についてご紹介いたします。

切手の価値とは

切手の価値とは

切手の価値は、その切手自体の人気や需要によって変わってきます。

その切手のデザインや、発行枚数、発行時期など、切手の価値が決まる要因にはいくつかあります。発行枚数が極端に少なかったり、またそのうえデザインについて人気があれば、手に入れようとするコレクターも増え、需要も高くなるため、その切手の価値は上がるのです。

また発行時期が古い切手も、現在の残存数が少ない切手であれば、価値が高くなり高額査定になる傾向にあります。こういったことから、その切手の希少性やデザイン性などが、切手の価値を定める主な要因といえます。

切手を売る前に行っておくこと

切手を売る前に行っておくこと

切手を売る前には、把握しておくとよいことや、少しでも高く買い取ってもらうためにできる準備があります。

切手の額面合計額を把握しておきましょう

切手を売る際に、業者が提示する買取金額や査定額は、対象となる切手の合計値で伝えられることがほとんどです。その金額を基に買取を了承するかどうかを決定しなくてはいけませんので、売却対象の切手の額面はなるべく把握しておくようにしましょう。枚数が多い時には大凡でも把握しておく方が良いでしょう。

枚数が多いときは仕分けておきましょう

業者に査定を依頼するときに、査定対象の切手にバラが含まれていたり、異なる種類の切手シートが混在している場合もあると思います。その枚数が多ければ多いほど、査定時に業者の査定員が仕分ける手間が増えてしまい、査定時間もそれに伴って多くかかってしまいます。枚数が大量の場合には難しい場合もありますが、事前に仕分けが可能な枚数であれば、あらかじめ仕分けておくことで査定にかかる時間の短縮にもなり、査定中の待ち時間を減らすことができます。

保存状態に気を付けましょう

切手の材質は基本的に紙です。そのため、湿気や汚れ、傷などに弱く、切手としての状態が良くない場合には、買い取りができない場合もありますので、保管には十分気を付けるようにしましょう。特に湿気や汚れには注意が必要で、切手ブックなどに整理してボックスに保管する場合には、ボックス内に吸湿材を設置したり、また、切手を直接指で触れてしまうと、手の脂が切手にしみこんで汚れとなってしまう場合がありますので、切手を整理する際には、ピンセットや手袋を使用するようにしましょう。

切手を売る方法について

切手を売る方法について

同じ切手でも売る方法や売り先によって価格は変わってきてしまいます。

ここでは売り先の例と、それぞれの特徴について説明します。

金券ショップで換金する

金券ショップで買取を行う場合、バラとシートで換金額が異なることがあります。

バラで買取を行う場合は、印刷されている模様に関係なく額面ごとにまとめて提示します。基本的には額面の半額で換金することが多いですが、200~300円以上などの高額切手は、額面の70~80%の値段が付くこともあります。 シートで買取を行う場合、通常切手は額面の70~80%で換金することができます。

ただし、記念切手は古いものだとシートでも半額など低い値段になることがあります。 これは、金券ショップは客層がビジネスマンや企業であることから、実用的なものの需要が高く、よく売れるためです。 物品の郵送などでよく使用される通常切手や高額切手はバラでも歓迎されますが、古いものや汚れているものは実用性が低いため、希少性が高いものでも低い値段が付くことになるのです。

そのため、プレミアがつきそうな切手を換金したい時、金券ショップは他の方法と比較して不向きです。 金券ショップは店頭の他、郵送での買取を行っているところもあります。 店舗によっては査定や見積もりのみでも受け付けていることがあるため、取りあえず一度見てもらい、金額を比較してどこで買取をするか決めることもできます。

ネットオークションを利用する

ネットオークションは、専用のサイトに買い取ってもらいたい商品の画像を希望価格と共にアップロードし、入札を待つという方法です。

販売金額は自分で決めることができるため、入札者が多かった場合、想定よりも高い金額で売却できることもあります。 広く出回っている記念切手でも、保管がきちんとされている良い状態のものであれば、額面に近い値段で売ることができるため、他の方法で納得のいく値段が付かなかった切手をオークションサイトに出品しても良いかもしれません。

しかし、ネットオークションには他の買取方法にはないデメリットがあります。 まず、買取が完了するまでに時間がかかるという点です。ある程度の人数に見てもらうためには入札期間を長くとる必要があるため、早急な換金を希望する人には向いていない方法と言えます。

また、出品する際や落札が行われた際の手数料や年会費等がかかることから、利益が少なかった場合、トータルでは利益なし、もしくはマイナスということもありますので、注意が必要です。

切手買取専門店に査定を依頼する

買取専門店の場合、店舗に切手を持ち込む、または、ネットや電話で問い合わせることで査定を受けます。

切手買取の専門店と他の方法を比較した時の一番の違いは、多少汚れていたり糊が剥げたりしてしまっている切手でも、専門店では適正な査定ができることから、希少性の高いものであれば換金額が高くなる点です。

特に、珍しい切手がシートのまま綺麗な状態で保管されていた場合、ものによっては、数十万あるいは数百万円の値段が付くこともあります。 サイトや店舗によって金額に差が出る場合があるため、いくつかのお店で見積もりを取ることも可能です。

専門店を利用して買取を行う場合、査定金額に納得した時はすぐに換金することができるため、切手を早く売りたい時に向いています。 買取りは、店舗に持ち込む方法のほか、宅配査定や出張査定を利用できる業者もあります。

 

上記3つの売却方法から、売却するまでの手間や時間、また適正な査定額(売却額)を得ることを考えると「切手買取専門店に査定を依頼する」ことが一番おすすめの方法です。

切手の種類による買取価格の相場

切手の種類による買取価格の相場

切手には、普通切手のほかに記念切手やふるさと切手、また、外国切手など多くの種類があります。

ここでは、それぞれの種類での買取価格の傾向についてご紹介します。

普通切手

普通切手は、郵便料金を支払うために発行された切手を指します。一般的な近代の普通切手の買取価格は額面以下となってしまいますが、普通切手の中でも明治時代から昭和初期ぐらいまでの古い切手の中には、現存数が極めて少ないプレミア切手も存在します。

例えば日本初の普通切手と呼ばれる明治時代に発行された「竜切手(竜文切手)」は、額面によっても変わりますが、一枚で数万円程度の価値があります。また、昭和に入っての初期の普通切手(銭切手)は、印刷技術も向上してきた時期でエラーも少なく、数十円から数千円程度となります。

切手名称(図柄) 発行開始年
普通1円切手(前島密) 1952年
普通2円切手(エゾユキウサギ) 2014年
3円普通切手(シマリス) 2015年
5円普通切手(ニホンザル) 2015年
10円普通切手(トキ) 2015年
52円普通切手(ソメイヨシノ) 2014年
82円普通切手(ウメ) 2014年
1000円普通切手(富士図) 2015年

記念切手(特殊切手)

最初の記念切手は明治天皇の銀婚を記念して発行された「明治天皇銀婚記念切手」です。この切手の買取価格の相場は数千円から状態が良ければ一万円ほどとなります。また、有名な記念切手で切手趣味週間シリーズがあります。「見返り美人」や「月に雁」「ビードロを吹く女」などが有名ですが、これらの切手は切手蒐集ブームの当時は非常に人気がありプレミア価格で取引されていましたが、現在では需要も落ち着いてきており、シートの状態で数千円ぐらいまでが買取価格の相場と言えます。

切手名称 記念切手/特殊切手 発行開始年
明治天皇銀婚記念切手 記念切手 1894年
世界平和記念切手 記念切手 1920年
第15回赤十字国際会議記念切手 記念切手 1934年
第7回国民体育大会記念 記念切手 1952年
見返り美人 特殊切手 1948年
月に雁 特殊切手 1949年
ビードロを吹く女 特殊切手 1955年
市川海老蔵 特殊切手 1956年

中国切手

中国切手は、その名の通り中国で発行された切手を表しますが、特に高額で取引される中国切手は文化大革命時代に中国国内で発行された切手です。その中でも圧倒的に人気のあるのが「赤猿」で、この切手は折れや汚れがない状態であれば一枚で十万円ということも珍しくない切手です。また「毛沢東の長寿を祝う」もコレクターに人気の高い切手で、この切手は発売時に消印が押されている所謂オーダーキャンセルのものがほとんどですが、それでも査定で五万円程度になることもよくあります。また非常に稀ですが、消印がなく全11種類揃っている場合には数十万円の査定額になることもあります。

切手名称 発行開始年
梅蘭芳舞台芸術 1962年
オオパンダ1次 1963年
毛主席詩詞 1967年
毛沢東の長寿を祝う 1967年
中国共産党50周年 1971年
オオパンダ2次 1973年
少年たちよ、子供のときから科学を愛そう 1979年
赤猿 1980年

まとめ:切手の買取価格の相場は?高く売る方法とは?

切手の買取価格の相場は?高く売る方法とは?

切手を買取に出すときの価格は、切手の種類によってはもちろん、売却の方法によっても変わってきます。

切手を売る前には汚れやシミがつかないように切手の保存状態に気を付けて、少しでも高く査定してもらえる状態にして査定にのぞみましょう。

また切手を売る方法については、今回ご紹介した中では、切手買取の専門業者に査定の依頼をするのが一番のおすすめです。買取業者の中には、査定料が無料で出張査定を行っている業者も多くありますので、利用してみるのが良いでしょう。