切手を高値で売りたい場合には、事前に買取価格を調べておかないといけません。ですが、その際の注意点とは何でしょうか。 切手を高額で買取りして欲しい場合には、業者選びなど細心の注意を払う必要がありますので、コツをしっかりと掴んでおきましょう。

切手を高値で売る場合には、単に近くにある買取業者にお願いするのはよくありません。事前によく調べて、切手を専門に扱っているのかどうか、高額切手をきちんと高値で買取りしてくれるのかどうかといった風に、価格をチェックする必要があります。

もちろん、切手を売る際には、売る側も気を付けなくてはいけない点がいくつかありますので、しっかりとポイントを掴んでおいて、良い値段をつけてもらえるようにしましょう。では、高値で売るには、どのような点に気を付けなくてはいけないのでしょうか。

切手を売る前に必要な準備とは

切手を高値で買取してもらいたい場合には、事前に売る側も準備をしなくてはいけません。この準備を怠ってしまうだけでも、価格に大きな差が出てくる可能性もありますので、注意が必要です。

まず、解りやすく切手をまとめるようにしましょう。バラバラの状態で業者に見せてしまいますと、1枚1枚精査をするのが面倒だという事で、場合によっては門前払いされてしまう事もあります。特に昭和30年以降に発行された切手で、額面が円の物に関しましては、一部のモノを除きますと、殆どがプレミアが付きません。額面に対して何%の買取価格になりますので、まとめる事が重要です。

また、切手をまとめる際には、未使用であればそのままにしておきましょう。何となく周りに付いている耳は取ってしまった方が良いのではないかと思って、耳をとってしまう人がいますが、そうしますと、せっかく未使用で揃っているのにも関わらず、バラ扱いになり、買取価格も下がってしまいます。

また、プレミア切手を持っている場合には、保存のためのヒンジという紙が裏面に付いています。もしも、そのヒンジを取ってしまいますと、切手自体が破損してしまう恐れがあります。そのため、買った時のままの状態にして、出来る限り手は付けないでおきましょう。このように、売る前にはしておかなくてはいけない準備と注意点がいくつかありますので、しっかりと守るようにしましょう。

売る前に必ず見積もりを取ろう

切手に限らず、何かを売ろうと思った時には、いきなりお店に持っていくのではなく、事前に見積もりを取って買取価格をチェックする必要があります。色んなサイトをチェックして、優良そうな業者を2~3社ピックアップしたら、必ず見積もりを依頼しましょう。

店頭に持って行ったり、業者を自宅に呼んで直接査定をしてもらっても良いですが、そうすると、断って考える時間を与えてくれない可能性が出てきます。そうしますと、せっかく見積もりを取って比較をしようと思ったのに、泣く泣く手放さなくてはいけなくなったなんて事にもなりかねません。

何故、売る前に見積もりを取る必要があるのかと言いますと、買取業者によって、価格差がかなり激しく出るからです。同じ切手の筈なのに、まるで別の商品かのような価格差が出る場合もありますので、まずは売りたい切手の相場を確かめる事が重要になります。

見積もりをチェックして、あまりにも価格がおかしいと感じましたら、必ず業者にこの買取価格になった理由を聞くようにしましょう。優良の業者であれば、しっかりと回答をしてくれます。

このように、見積もりを取る事で、業者自体のチェックもする事が出来ますので、出来る限り高値で売りたい場合には、必ず見積もりを取って、相場や業者の態度を確認するようにしましょう。


パソコンやスマートフォンを使えば簡単

業者に見積もりを依頼するのは、非常に面倒なのではないかと思われがちですが、実はそんな事はありません。メール査定を利用すれば、意外と簡単に業者に依頼をする事が出来ますし、正確な買取価格を知る事が出来ますので、非常に便利です。

見積もりの依頼方法は非常に簡単です。まず、買取業者のホームページにアクセスをしましょう。問い合わせフォームや見積もり依頼フォームをクリックしたら、メールを送るだけで終了です。ですが、ここでいくつか気を付けなくてはいけないポイントがあります。

売ろうとしている切手を用意したら、写真を撮って業者に送る必要があります。画像さえあれば、正確な査定をしてもらう事が出来るのですが、何十枚もある場合には、1枚1枚写真に撮るのではなく、一気にまとめて撮って送りましょう。 1枚ずつですと、業者も写真をチェックするのが大変ですし、切手さえチェックする事が出来れば、どんなものでも構いません。また、添付をする際には、画像の重さに気を付けて下さい。容量が大きいものは、送信エラーになる可能性がありますので、気を付けましょう。

また、お問い合わせフォーム内に、画像を添付する箇所が無い場合には、まずは業者に画像を送るので、メールアドレスを知りたいといった風に問い合わせをしてみましょう。そうすると、直ぐに送信先のアドレスを教えてくれますので、添付をして見積もり依頼をしましょう。

メールで依頼をする時に気を付ける事

また、メールやお問い合わせフォームを使って依頼をする際には、写真の情報をメモに書くようにしましょう。重複している切手がある場合にも、同様にメモに書いておくと、とても親切です。

メモは細かく書く必要はありませんが、何がどれくらいあるのかというのは最低限解るように記載をして下さい。バラの切手であれば、並べた写真を準備して、メモにはバラの切手が何枚ありますといった風に記載します。また、その際には、切手に汚れがある場合には、何の切手が汚れているかという情報も書いておくと良いでしょう。

そして、万が一画像を送れない場合には、切手の種類と額面を必ずメモ欄に記載して送るようにしましょう。また、どれくらいの枚数があるのかというのと、切手の状態を送れば問題ありません。万が一情報が足りなかった場合には、業者から連絡が来ますので、聞かれたことに対して誠実に答えるようにしましょう。

メールやお問い合わせフォームで見積もりを依頼すると、送信した情報が自分のメールアドレスに確認で返ってきます。この文章を活用すれば、簡単に他の業者にも見積もり依頼をする事が出来ますので、わざわざ新しい文章を作る必要もありません。最初は準備をするのに少し大変かもしれませんが、一度送ってしまえば非常に簡単です。この作業を行うだけで、買取価格の相場をチェックする事が出来ますので、高値で買取りをしてもらう事が出来るでしょう。

切手買取価格は売る前に調べておくまとめ

大切にしていた切手や、おじいちゃんやおばあちゃんなどが集めていた切手の買取りをお願いしたい場合には、必ず事前に業者に見積もりを取って、価格を確認するようにしましょう。見積もりを取る方法は、パソコンやスマートフォンを使えば簡単です。 写真を撮って、必要な情報をメモして送るだけですし、一度文章を作ってしまえば、他の業者への見積もり依頼も、コピペだけで簡単に依頼をする事が出来ます。

切手の買取価格は、業者によっては金額に大きな差が出てくることがあります。その場合には、必ずどうしてその価格になったのかというのを確かめるようにしましょう。金額に納得が出来れば問題ありませんが、納得が出来ない場合には、その業者には買取り依頼をしないほうが無難です。必ず気になった事は聞くようにしましょう。