お家に眠ったままになっている切手があれば、是非買取りに出してみましょう。思いがけない高値がつくこともあります。切手収集ブームの時に大量に集めたけれどもそろそろ手放したいという方や、それらの価値を知りたいという方にもおすすめです。

日本国内だけでなく外国にも切手コレクターはまだまだ多く、美しいデザインのものや珍しい希少価値の高いものは特に人気があります。切手の買取を行っている店舗は各地方にもたくさんあり、実店舗に持ち込んで買取ってもらうことはもちろん、中には自宅に出張して査定してもらえる所もありますので、なかなか店舗に出向けないという方におすすめです。

最近はインターネットサイトでも査定・買い取りを行っている所も増えてきてました。近くに店舗がない方でも気軽に利用できるようになってきたので、是非チェックしてみましょう。

どんな切手を買取ってもらえるのか?

ではどのような切手が買取対象になるのでしょうか。一般的に使用済み切手は買取ってもらえないというイメージがあるものですが、意外と使用済みのものでも買取ってくれるケースは少なくありません。

なぜなら切手コレクターの中には消印がついているものを中心に集めている方もいらっしゃる方です。人気がある郵便局の消印のものや、きれいな円になっているものは特に人気があり、買取業者の中には価値が高くなることもあるのです。もちろん使用済みは買取らない店舗も多いので、気になる方はあらかじめ問い合わせておくといいでしょう。

バラの状態のものと、シート状になっているものならば、当然シート状の方が高額になります。シート状というのは、切り取り線がついたままで製造番号などが記載されているタイプのものを指します。記念切手などをシート買いしている方は、額面以上の金額になることもありますので、是非一度査定に出してみることをお勧めします。シート切手は周りの余白も大切な要素になりますので、査定に出す場合にはその部分は決して切り取らないようにしましょう。

発行年が比較的新しく、なおかつ未使用のものの場合は郵便局で交換してもらうという方法もあります。手数料を払えば旧額面の切手を組み合わせて新額面のものに交換してもらえますので、遠くの店舗に交通費を出して持っていくよりお得になるケースもあります。

相場を知っておくことも大切

査定や買い取りを行っている店舗数は非常にたくさんありますが、それゆえに査定額に大きな違いが生まれてしまうこともあります。損をしないためにもある程度の相場を知っておくことも大切なことです。非常に状態の悪いものや、破れているものなどは値段がつかない場合もありますので注意が必要です。

基本的に切手の買取額は額面より安くなります。シート状のものであれば、額面よりもやや下回る相場になっています。状態が非常に良い物や、優良店で買い取りして貰う場合上回るケースもあります。バラ状のものであれば、シートタイプよりやや下がるケースが相場になっています。額面自体が安かったり、あまり価値がない物の場合はもっと低額になることもあります。

店舗によってはバラ状のものは買い取ってくれないケースもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。また、同じ額面のものでも普通切手と記念切手では買取価格が異なります。記念切手というものは国内の大きなイベントなどを記念して発行されるもので、発行期間や発行枚数に限りがあるものです。

最近は割と頻繁に発行されるようになってきましたが、戦前は年に一度か、数年に一度程度の頻度でしか発行されなかったため、特に高額になる傾向があります。ただし70?80年代の切手ブームの際には大量の記念切手が発行されていたので、この頃のものはあまり高額にはなりません。


どんなものが高額になるのか?

多くの場合は額面以下の値段にしかなりませんが、当然中には非常に高額で買い取ってもらえるものもあります。例えば、明治に初めて発行された竜文切手などは和紙で作成されていて、現在のような印刷ではなく一枚一枚手で刷られていたため、発行枚数も非常に少なく、コレクターの中でも人気が高いものです。

手作業制作によるため、ズレやかすれなどが生じているケースも多いのですが、それも味だと捉えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。また、『見返り美人』や『月に鷹』などの記念切手も非常に人気が高く、バラの状態でも数千円以上の価格がつきます。『えび蔵』の場合、バラでは数百円程度ですが、シート状のものならば数千円で買い取ってもらえます。

エラー切手も非常に人気があります。例えばシートの切り取り線自体が全くない無目打ちと言われるものや、印刷ミスによって本来とは異なる色になっているもの、ズレなどが生じたものなどが挙げられます。中には裏に全く糊がついていないものや、表面に糊がついてしまってものなどもあります。シート切手の中には最初から無目打ちデザインになっているものもありますので、切り取り線がないからといって必ずしもエラー商品とは限りません。そのため、正真正銘の無目打ちであることを証明するために、コレクターの中には同じシートを二枚以上揃えて保管している方もいらっしゃいます。

より高く買い取ってもらうためには

どうせ切手を買取りに出すのであれば、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。そのためにはいくつかのポイントがあります。

まず、査定に出す場合にはまとめて出すということがポイントです。店舗によっては査定に手数料が掛かるところもありますので、一度の査定で済ませる方がその分お得になります。そしてバラ切手の場合、一枚一枚では大した額にならなくとも、まとめて査定に出すことによって買取価格がアップします。

切手買取業者の中には「台氏貼り」といって、バラの切手を大きなサイズの紙に貼って出す場合もあります。これは全ての業者に該当しない場合もありますので、その買取業者の指示に従いましょう。また、多くの切手買取業者はバラでの査定に対応していますのでご安心ください。いずれにしてもバラ切手は複数枚セットで極力枚数が多い程、その分値段は高くなるでしょう。

切手はシート売りの方が高額買取になりやすい?まとめ

切手を買い取って貰う方法には様々なものがありますが、最近はオークションサイトを利用するという方も増えてきました。コレクターの方の中にはオークションサイトを日頃からチェックしている方も多いので、店舗を介さない分、高額で落札されることも少なくありません。

特にエラー切手はエラーアイテムの収集家の方も注目しているため、高額落札の可能性も高くなります。ただし、やはりこちらでもある程度の価値や相場を把握しておかなければ大損をしてしまうこともあるので注意が必要です。あらかじめ相場を確認し、最低入札価格を定めておくのも損をしないためのポイントです。

また、オークションサイトを利用する場合は手数料が掛かることもありますし、そもそも入札者がつかなければ買取が成立しないというデメリットがあるということも念頭に置いておくようにしましょう。