昔たくさん集めていた切手などの処分をお考えの方は、そのまま捨ててしまうよりは買取りに出す方がうんとお得です。 切手ははまだまだ国内外にコレクターが多く、需要もあるため、思っていた以上に高い金額で買い取りが成立することも少なくないのです。

切手の場合、発行年数や発行枚数、希少価値や人気の度合いなどで査定額にも大きな差が生まれるものです。多くの場合は額面を基準とした数十%ほどの値段になってしまいますが、珍しいものになるとバラでも数千円~数万円以上の価値になることもあるのです。

もちろん、保存状態によっても査定額が変わってきますので、不要だと思っているのであれば劣化してしまわない内に出来るだけ早めに売るようにしましょう。売る時にも汚れたり、糊同士がくっついてしまわないよう工夫した状態にしておくことが大切です。

どんな所で買い取ってもらえるの?

切手を売る際には、どのようなところに持って行けばいいのか分からないという方も多いでしょう。最も一般的なのは金券ショップでの買い取りです。比較的店舗数も多く、大きなショッピングモールなどに併設されていることも多いものです。 金券ショップでは各種チケットや金券以外にも、切手やハガキの買い取りも行われているのです。

ただし、金券ショップの場合は切手に関する専門知識ある方が査定するとは限らないため、本来は価値があるものでも、額面を基準とした金額にしかならない場合も少なくありません。あまりにも大量にあって査定に時間が掛かりそうな時は査定を断られるケースもありますので、あらかじめ店舗に問い合わせておくのが賢明です。

切手を専門に取り扱っている店舗に持ち込めば、適切な値段で売ることが出来ます。近くに専門店がないという場合でも、出張・宅配買い取りを行っている店舗も少なくないので、こういったサービスを利用してみるといいでしょう。

中には実店舗ではなくインターネットサイトで買い取りを行っている店舗もあります。無料の宅配キットなどを用意してもらえることが多いので、まとめて売る際には非常に便利なものです。店舗に持ち込む場合も、宅配買取の場合にも、身分証明証が必要になってきますので、免許証や保険証などのコピーをあらかじめ用意しておくようにしましょう。

どんな切手が買い取ってもらえる?

金券ショップに売る場合は、ある程度限定されることも少なくありません。 店舗によってはバラ売りは不可だったり、使用済みのものや糊が弱くなっているものは買取らないという店舗もありますので、あらかじめ問い合わせておくようにしましょう。切手買取専門店の場合は、よほど保存状態が悪かったり、破れてたりしていないのであれば、基本的にどんな切手でも買い取ってもらえます。

切手にも普通切手・記念切手・特殊切手など、様々な種類のものがあります。もちろん、発行枚数が限定されている記念切手などの方が希少価値が高いため、同じ額面でも高額になりやすくなっています。もちろん、バラ状態よりもシート状になっているものの方が同じデザインのものでも高額になります。

非常に古いものなどは切り取り線がない上に、印刷がよれていたり薄くなってしまっている場合もあり、一見無価値に思えるものも少なくありません。しかし、そういうものこそ価値があることも多いため、是非一度査定に出してみましょう。


高い値段が付くものとはどんなもの?

基本的には額面に応じた値段がつくものですが、それ以上の価値になるものというのはどんなものなのんでしょうか。 まず、発行年数が非常に古いものがこれにあたります。日本で初めて発行されたのは明治時代のことで、竜切手・竜文切手などと言われています。この頃のものは今のような機械で制作されていたわけではないので発行枚数も極めて少ないのです。 手彫り・手刷りによるものでしたので、ズレやかすれが生じていたりしますが、それも味だと捉えている方も多く、非常に高額で売買されています。

中国切手も非常に人気が高く、バラ状態でも数千円~数万円以上の値がつくことも少なくありません。もしも中国切手がお手元にある場合には、是非、切手買取専門店に売るようにしましょう。特殊な例ではありますがいわゆるエラー商品も人気があります。印刷ミスによりズレやかすれが生じているもの、切り取り線がズレているものや、全く入っていない無目打ちと言われるもの、糊が表裏逆になっているものなどがこれにあたります。

エラー商品であることの証明のため、正規デザインのものとセットにして保管しているという方もいらっしゃいます。特に近年は印刷技術が向上してきたため、エラーが起こる機会も昔に比べ格段に減ってきました。そのため、エラー商品に限っては比較的新しい発行年数のものほど高い値段が付くのです。

損をしないためには相場もチェック

せっかく売るのであれば、出来るだけ高い値段で買い取ってもらいたいものです。そこで、売る前に一工夫しておきましょう。もしも手元にバラ状態のものがたくさんあるのであれば、まとめて出しましょう。数枚バラで出す場合のときよりも買取価格がアップするのです。

また、売りに出す前には是非ある程度の相場を知っておくことも必要です。普通切手の場合、シート状ならば額面の60~80%、バラ状態ならば額面の50~80%程が一般的です。状態が良ければ90%以上の値がつくこともあります。

記念切手になるともう少し値段がアップし、額面よりやや下回る値段が一般的な相場になります。ただし、70~80年代のブーム時期に発行されたものは非常に大量に市場に出回っていて飽和状態になっているため、思ったほど金額がつかない場合もあります。損をしないようにするためには、ある程度価格の相場を知っておくことも必要です。

切手は売る前に買取相場を調べておくまとめ

最近はインターネットサイトの普及に伴い、オークションサイトに出品するという方も増えてきました。オークションを利用する場合、あらかじめ相場を知っておかなければなりません。出品する際には最低落札価格を定めておくことも損をしないための大切なポイントです。

枚数が多い場合は自分での査定が難しいため、大きく損をしてしまうこともあるので注意が必要です。あらかじめ専門店で査定してもらっておくのもいいでしょう。また、確実落札されるという保証はありませんので、すぐに現金に変えたいという方にはやや不向きです。

ただし、非常に人気のあるキャラクターのものや、プレミア切手、エラー商品などは買取業者に売るより高額になるケースも多いものです。オークションサイトにはメリット・デメリットがあるということを念頭に置いて、上手に使い分けるようにしましょう。