切手を高価買取してもらうなら!高額切手の種類や買取相場

切手の中には、発行枚数が少ないなど希少価値が非常に高く、蒐集家の中で珍重され、高額で取引されている切手があります。

どんな切手に切手買取で高い査定額がつくのか、また、高い価値を持った切手にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

不要な切手でも高価買取の可能性はある!

不要な切手でも高価買取の可能性はある!

切手買取とは、購入したが使用しなかったなどの不要になった切手や、蒐集していたシートやバラの切手を、何かしらの理由で業者に買い取ってもらうことを言います。

昭和30~50年頃に流行した切手蒐集ブームも一時期は衰退していましたが、インターネットの普及によって個人間で売買ができるようになると、切手もその時流に乗ります。その影響により、昔ほどではないものの「切手蒐集ブーム」も再燃しており、切手買取も個人間や買取業者によって、盛んに行われるようになってきました。

そういった状況のなか、切手はブーム衰退時の一時期よりは売り易くなっていますので、不要な切手でも高価買取の可能性はあるといえます。

高価買取されやすい切手の代表例を紹介します。

高価買取されやすい切手の代表例を紹介します

それでは、切手買取において高値がつきやすいのはどういう切手なのでしょうか。

切手のなかにはコレクター需要が高い「プレミア切手」とよばれる切手があります。プレミア切手には、昭和20年代以降から初期の切手蒐集ブームの時期に発行された切手が多くあります。

プレミア切手のなかから有名なものをご紹介します。

月に雁

前年に発行された「見返り美人」と同様に切手趣味週間シリーズとして昭和24年に発行された切手です。

絵面には浮世絵師「歌川広重」の作品を基にしたデザインが採用されており、3羽の雁が大きな月を背景に飛び交っている様子が人気となりました。

市川蝦蔵(えび蔵)

切手趣味週間シリーズで昭和31年に発行された切手です。図柄にはいわゆる「写楽」と呼ばれる浮世絵師 東洲斎写楽の作品が採用されています。

見返り美人や月に雁は縦長のサイズでしたが、この切手は現在の切手に近いサイズとなっています。切手趣味週間シリーズが好評だったことから形が異なるこの市川蝦蔵(えび蔵)も非常に人気のある切手です。

オオパンダ

オオパンダ切手は文化大革命時代の中国で発行されました。この切手は、1次・2次の2回で3種ずつ、6種で完品の切手です。

全6種そろった状態になると価値の高い切手ですが、揃っていない状態でも通常の切手よりは断然価値の高い切手です。

毛沢東

毛沢東切手と呼ばれるものには「毛主席の長寿を祝う」「毛沢東は赤い太陽」など複数種類が存在します。

毛沢東は言わずと知れた中国の建国者ですが、当時の切手に印刷されることが多く「毛主席の最新指示」では1シート10枚それぞれに毛沢東の肖像と文化大革命の様々な指示が記載されています。

プレミア切手は高価買取!気になる買取価格は?

プレミア切手は高価買取!気になる買取価格は?

プレミア切手と呼ばれる切手の価値は、まず第一に「希少性」に起因しています。それは単に発行枚数の少なさによる珍しさであったり、特に中国切手については時代背景が大きく関わっていて、現存する数が非常に少ないことが価値を高める理由となっています。

第二には「デザイン性」です。古い日本の切手などは有名絵師の作品が採用されていることが多く、浮世絵の図柄などをはじめとした切手は、国内のみならず海外のコレクターにも人気があります。

上述したプレミア切手も蒐集家の中で大変有名な切手ですが、そのプレミア切手と呼ばれる中でも、特に買取価格に高値が期待できる切手を紹介いたします。

見返り美人

昭和23年に切手趣味週間シリーズのひとつで発行された切手です。縦長のその形はそれまでに日本になかったインパクトがある形ということ、また、図柄に美しい浮世絵を採用したことにより、国内のみならず海外でも非常に人気が高い切手です。

買取価格は、状態がよければバラでも数千円程度の値段が付くこともあります。

赤猿

1980年に文化大革命時代の中国で発行された中国切手です。当時の中国では欧米の文化である切手の蒐集が禁止されていたこともあり、海外に流出した切手に高額な価値が付いたものになります。

更に、赤猿切手はそもそもの発行数が少なく、大変希少価値の高い切手であることから、バラ切手でも万単位の価格が付くこともあると言われています。

記念切手・特殊切手も高価買取の可能性はある!プレミアの価値がつくことも

記念切手・特殊切手も高価買取の可能性はある!プレミアの価値がつくことも

発行される切手の中には「記念切手」「特殊切手」と呼ばれるものがあります。これらの呼び方は、国の行事を記念して発行される切手は「記念切手」、自治体や企業などが何らかのテーマの記念で発行される切手は「特殊切手」と厳密には異なる定義はありますが、どちらも何かを記念して発行されることから、記念切手・特殊切手のどちらでもほぼ同じものを指します。

そんな記念切手・特殊切手の買取相場については、全体的には下がり傾向にあると言えます。ただその中でも高価買取可能な切手は存在していますので、以下でご紹介いたします。

大正婚儀

大正婚儀は、大正天皇の皇太子時期に行われた婚礼を記念して1900年に発行された切手です。この切手は1900年代にはいり20世紀初の記念切手としても有名です。

この切手には「朝鮮」や「志那」と加刷されたものが存在しますが、これは当時、近隣国を日本の領土としていたことから、その場所で使用していた「在外国局切手」と呼ばれている切手です。

この切手の買取では、状態がよければ、バラでも数千円以上の値段もつくことがあるようです。

文化人切手(第一次)

1949年から3年にわたり発行された切手で、初回の野口英世をはじめとして、福沢諭吉や夏目漱石などそうそうたる文化人の肖像が印刷されています。

長い期間で発行されていましたが、一色刷りのデザインは一貫されており、全18種類(18名)すべて揃えても統一感があって美しいコレクションとなります。

また、文化人18名全てに高値が付くわけではなく、特に1952年発行の「西周」は切手価格の値上げによる影響で、発行部数が少なかったため、現在、高めの相場で取引されています。

国立公園切手(戦前)

国立公園切手は、通常の切手とは違い、実使用が前提よりも切手蒐集家の目線で発行作られた切手です。

この切手は国内の蒐集家はもちろん、海外のコレクターへの販売も見据えていて、切手と同時に発売した解説書には、外国語での説明書きがあったといわれています。

第一回の発行は戦前1936年の「富士箱根国立公園切手」です。その後1941年に第一次世界大戦が開戦されてしまいますが、それまでの5年で発行された32種のシリーズ完品であれば高価買取の可能性があります。

希少価値の高い切手は使用済みでも高価買取の可能性があります!

希少価値の高い切手は使用済みでも高価買取の可能性があります!

消印が押されているなど、使用済みの切手は、基本的に買取されることはないことがほとんどです。これは一般的に、コレクションされる切手の価値のひとつとして「未使用」という基準があるからです。

ただ、非常に希少価値が高い切手に限っては、その基準をも覆して買取の対象となりうる場合もあります。例えば、先述した「赤猿」「オオパンダ」などの中国切手も買取の対象となりえます。

これは時代背景が大きく影響して、極端に現存数が少ないといわれているためです。それだけ数が少ない切手であれば、例え使用済みであっても、蒐集するのに十分な価値があるのです。

また、蒐集家のなかには「消印」そのものに価値を見出しているコレクターも存在しています。その対象となる消印としては「特殊通信日付印(特印)」「小型記念日付印(小型印)」「風景入通信日付印(風景印)」などがあります。その他にも、その切手の発行日に押された消印は「初日印」と呼ばれ、価値を持つ消印となっています。

但し、使用済み切手は業者によって買取不可の場合もありますので、切手買取を依頼する際には、事前に確認するのがよいでしょう。

一円でも高く売るために。知っておきたい買取の注意点

一円でも高く売るために。知っておきたい買取の注意点

買取可能な記念切手・特殊切手も、汚れやカビがついてしまうと、買取査定額に大きく影響してしまいます。

特に高額な価値をもった記念切手・特殊切手には古い年代の切手が多いので、特に気を使わなければなりません。切手買取の際に、少しでも高く査定してもらえるように、湿気の少ない暗所、できれば密閉されたボックスで乾燥材などを使用して保管するように心がけましょう。

もし使用済み切手を封筒からはがす際には、必要個所を封筒から切り抜き、そのまましばらく水かぬるま湯につけて、糊を浮かしてから優しくピンセットなどで剥がせば、破れることなく剥がすことができます。

また、ひとつの業者だけでは、その査定額に納得できない可能性もあります。そうならないためにも何社かの業者に査定を依頼して、相見積をとるようにしましょう。

まとめ:高額切手の種類や買取相場

記念切手・特殊切手の種類や買取相場について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

高額な値段が付くプレミア切手は、そうお目にかかれない大変希少価値の高い切手ですが、もしそんなプレミア切手をお持ちで切手買取を依頼する場合には、納得できる査定額で売却できるよう、その時点での切手の価値を知っておくことが重要です

きちんと調べて折角のプレミア切手の売却で損のない切手買取をするようにしましょう。