切手の価値は低迷していると言われていますが、希少性が高い切手が多数ある、シート単位の方が高く売れるなどの特徴を持ちます。 買取店は査定員がいるお店を選ぶ、シートは切り離さずにそのまま査定を受ける、収集時と同じ状態で査定を受けるなどが大切です。 査定においては無料で行って貰えるので、幾つかのお店に査定を依頼する事も高価買取に繋がるコツです。
尚、高価買取が可能になる切手は、切手ブームが起きた1960年以前のものなどで、現存数が少ないものは希少価値が高い、特に古い時代に発行が行われたものなどは、戦争や震災などにより消失されたものが多くあるので、価格が高くなるものが多くありますし、目打ちが綺麗な状態になっている、日焼けがない、裏面の糊が剥がれていないなど、切手の状態が良いものほど高価買取に繋がるのが特徴です。

高く売る事が出来る切手の特徴をご紹介

切手は売却しても二束三文程度にしかならないなどのイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。 額面を大きく下回るので、二束三文にしかならない、昭和の時代などは5円や10円などの額面が多くあるので、額面を下回る場合には1枚あたり2円や5円などの金額になるのではないかと感じている人も多いと言えましょう。 しかし、ブームが起きた1960年以前に発行が行われたものについては、額面の何十倍、何百倍もの価値を持つものも多くあります。
例えば、1948年11月29日発行の切手趣味週間シリーズの「見返り美人」、同シリーズの「月に雁」は1949年11月1日発行などが挙げられます。 「見返り美人」の額面は5円、「月に雁」は8円になりますが、状態が良いもの、シートのままで保管が行われている場合などでは高価買取に繋がる事も珍しくありません。 種類だけではなく、形状に応じて評価が変わるものもあります。
例えば、1947年10月25日発行の第2回国民体育大会記念や1950年10月28日発行の第5回国民体育大会記念は、通称「田型切手」などと言われています。 4種類の図案が田の形を作っているため、田型と呼ばれているのですが、コレクションをしている人の中には、横一列や縦一列に4連になっているケースもあります。 買取においては4連よりも田型の方が高価買取が行われますし、切り離してしまうと価値が下がるため注意が必要です。

高価買取はお店を選ぶ事が大切です

有名な切手は誰が見ても価値があるなどが分かりますが、切手には色々な種類がある、記念切手などの場合は発行枚数が決まっているので、発行枚数が少ないものほど査定評価が高くなります。
最近は、ホームページを運営しているお店が多くなっていますが、ホームページ内では過去の買取り事例を公開しているケースが多くあるので、幾つかのお店での買取り事例を比較を行えば、高い値段で買取りしてくれるお店を見つける事が出来ますし、状態が悪いものでも買い取ってくれるお店を探し出す事も出来ます。
ちなみに、普通切手の一つに軍事切手がありますが、これは朝鮮や中国、南洋諸島に駐屯していた陸海軍下士官兵の通信用として、一人当たり毎月2枚が交付されていたもので、菊切手、田沢型大正白紙、田沢型大正毛紙などに「軍事」の文字を加刷したもので、現存数自体が少ないため、希少価値が高いとされています。
普通切手に加刷が行われたものには、飛行郵便試験記念切手などもあり、原型の切手に加刷が行われている、印冊数が少ないなどの理由からも高価買取が行われるケースが多いのです。
他にも、1942年2月16日発行のシンガポール陥落記念切手も、加刷が行われたもので、日本軍がシンガポール島に上陸を行った時に、イギリス軍を無条件で降伏させたなどの記念を祝して発行が行われたなどの歴史を持ちます。


ストックブックに入れたままで査定

収集している人の多くがストックブックに保管をしているかと思われますが、ストックブックは状態を良好にしてくれるアイテムでもあり、買い取りに出す時もストックブックに保管したままで査定を受けるのがお勧めです。 仮に、ストックブックから取り出す時に、四隅の目打ちを傷づけてしまう、折れてしまえば高価な値段で買取りして貰えるものの値打ちを下げてしまう事にも繋がります。 郵送などでお店に送付する場合も、封筒が折れてしまえば、中に入れているものが折れ曲がる可能性もあります。
ちなみに、日本国内で初めて記念切手が誕生したのは1894年3月9日発行の明治天皇銀婚記念です。 額面は2銭と5銭の2種類がありますが、どちらも希少性が高く、バラ品でも高価買取りが行われる事が多くあり、ストックブックに入れた状態で持ち込めば保管状態を維持する事が出来るのでお勧めです。
尚、古い時代に発行が行われたものは、現代のような印刷技術があるわけではないので、時間の経過とともに色褪せてしまう、日焼けを起こしてしまうケースもあります。 しかし、色褪せや日焼けが起きていても、知識豊富な査定員がいるお店を選べば、高価な値段で売る事が出来るなどのメリットにも繋がりますし、状態が悪いと断われてしまうものでも、知識を持つ査定員は価値を最大限に引き出してくれるなどのメリットもあります。

シートはそのままの状態で査定

印刷が行われた時にはシートと呼ばれる状態になっています。シートは10枚や20枚などが1シートに収まっていますが、これから切り離すとバラ品の取り扱いになります。
バラ品でも買取は可能ではありますが、シート状態の場合は、1つの品物として見なされる、単価もバラ品よりも高くなるのが特徴です。 例えば、バラ品では1枚1,000円の価値の場合でも、20枚シートでは3万円になるなど、シートで保管している場合は、切り離さずにそのままの状態で査定を受けるようにしましょう。
シートには小型シートもありますが、小型シートもそのままの状態で査定を受ける、表紙などが付いている小型シートは表紙を付けた状態で査定を受ける、表紙も折れ曲がると価値を損ねてしまうので取り扱いには注意が必要です。 尚、シートは一般的なストックブックよりも、シートを収める事が出来るものを利用するのがお勧めです。 ストックブックのポケットに挿入している場合、ページをめくった時にシートが折れてしまう事もありますし、気が付ないままページを閉じてしまうと、全体が折れ曲がる可能性も高くなります。 1枚のポケットの中にシートを収めておけば、誤って折れ曲る事もなくなりますし、お店に持ち込む時なども、そのままの状態で持ち込めば、査定員が査定を行う時などスピーディーな対応をして貰えるなどのメリットもあります。

高価な切手を買取してもらうときに注意したいことまとめ

切手の買取は切手の知識が豊富な査定員がいるお店を選ぶ事が高価買取に繋がります。 保管状態が悪い場合でも、価値を熟知する査定員がいるお店であれば、多少なりの値段は下がりますが、買取して貰えますし、査定員でなければ価値を見出す事が出来ない古い時代の切手も高く売れるチャンスが広がります。
バラ品の場合、シートから切り離された状態になっており、四隅にはギザギザの目打ちが付いています。 目打ちがきれいな状態ほど評価が高くなるので、ストックブックに入れた状態で査定を受けるようにしましょう。 ストックブックに入れたままで査定を依頼すれば、切手の査定を行う側もスピーディーな対応が取れるなど時間の短縮にも繋がりますし、保管状態を維持出来るのでお勧めです。 シートは切り離してしまうと価値が下がるので小型シートを含めえてそのままの状態で査定を受けるようにしましょう。