見返り美人はブームの時代に、多くの人々が憧れを抱いた切手の一つです。高価な値段で販売が行われていたなどの特徴を持ちます。 見返り美人は月に雁と同じく、現在でもプレミアが付いている切手でもあり、保管状態に応じて高価買取が行われる切手の一つです。
切手に描かれている見返り美人図は、江戸時代の浮世絵師の一人でもある菱川師宣氏の作品で、菱川師宣氏は浮世絵を確立した人物、最初の浮世絵師と言われています。 尚、見返り美人図が描かれている切手には幾つかの種類があります。
もっとも有名なものは、1948年11月29日に発行が行われたもので、最近では1991年4月19日に発行が行われたもの、そして1996年に発行が行われた郵便切手の歩みシリーズ・第六集などがあります。 価値が最も高いものは、1948年11月29日に発行が行われたものになります。

ブームが起きる前の時代に発行

見返り美人は切手趣味週間シリーズの第二回目に発行が行われたもので、1948年11月29日、昭和23年に発行が行われました。 翌年の1949年11月1日には月に雁が発行されるなど、2種類はブームの時代に注目を集めたものでもあり、現在でもその人気は高くなっています。 この2種類はサイズが大きいのが特徴で、縦67ミリ、横30ミリになります。 サイズが大きいため、ハガキや封書などに貼るのには実用的ではないなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、見返り美人や月に雁が郵便物に貼られていると、剥がされてしまうなどの社会現象が起きた時代も存在しています。 注目を集めているため、こうした社会現象が起きたわけですが、縦が約7センチの大きさになるので、目立つなどの理由からも、こうした現象が起きたのです。
尚、図案は浮世絵師の菱川師宣氏が描いたものとなりますが、当時は浮世絵が図案に起用される事自体一般的ではなかったため、ブーム以前に発行が行われたものの中でも浮世絵が描かれた最初の1種類にもなっています。
ちなみに、ブームが起きたのは昭和30年代の後半頃からであり、昭和30年以前に発行が行われたものは、現在でもコレクターの間で人気を集めているため、買取の中では高額な値段で買取して貰えるプレミアを持つものが数多く存在しており、バラ品でも3,000円前後の値段で買取して貰う事が出来ます。

サイズが大きいので1シートに5枚

見返り美人は切手の中でもサイズが大きいなどの特徴があります。 一般的には、1シートに10枚や20枚が収められているものが多く、普通切手などの場合は1シートに100枚が収められています。 これに対し、見返り美人は1枚で縦67ミリ×横30ミリになるので、上下に並べると縦が140ミリ以上になってしまいます。 そのため、月に雁などと同じく、横に5枚を並べたシートになっているのが特徴です。
バラ品でも1枚3,000円前後の価格で買取が行われますが、切手はバラ品よりもシート単位の価値が高くなっており、シートの場合では10万円などの金額で買取が行われる事もあると言います。 但し、切手は保存状態が買取価格を大きく変えるなどの特徴があります。
保存状態とは、色褪せが起きていない、日焼けなどがない、裏面の糊が剥がれていない、しわが出来ていない、折れている部分がない、シートなどの場合は余白がきれいな状態になっている、目打ちと呼ばれているギザギザの模様やミシン目がきれいな状態になっているなど、新品と同じ状態になっている事で買取価格が高額なものになるわけです。 ちなみに、額目は5円になりますが、シート1枚での額面としては25円になります。 この25円の切手が10万円で買取して貰えた場合には、4,000倍の値段で売れる計算になるなど、プレミアが付く切手の代表とも言えましょう。


見返り美人の復刻版について

プレミアが付いている見返り美人は1948年11月29日発行の切手趣味週間シリーズの第二回目になりますが、1991年4月19日には切手趣味週間シリーズとして見返り美人図が描かれたものが発行されています。
切手趣味週間シリーズは日本画家が描いた浮世絵や絵画などを図案に起用しているなどの特徴を持ちますが、1991年4月19日発行の見返り美人図は最初に発行が行われたものとは異なり、色鮮やかなデザインが採用されているのが特徴です。 ブーム以前に発行が行われたもの、ブームの時代に発行が行われたもの、そして現在発行が行われているものを比較すると、印刷の技術が進歩している事からも、色鮮やかさが出ているなどの特徴を持ちます。 明治から大正の時代は2色刷りなどが一般的で、ブームが起きた時代になると複数の色を使った印刷になり、現在ではフルカラー印刷が主流になっているため、切手の印象も大きく変化しています。
ちなみに、1991年4月19日に発行が行われたものは額面が62円で、日本画家や版画家、美人画などでも有名な山川秀峰が描いた「序の舞」が図安に起用された切手と同時に発行が行われています。 尚、この2枚はそれぞれ1シートに10枚が収められたシートと2枚を組み合わせた20枚シートの2種類があります。 買取においては、額面を下回る金額になる事もありますが、シート単位で保管状態が良いものは高く売る事が出来ます。

切手の価値を把握する方法について

見返り美人は保管状態が良いものであればバラ品でも1枚3,000円前後の値段で買取して貰う事が出来る、5枚シートの場合は10万円前後などいずれも高価買取が可能になる切手の一つです。 尚、収集する人の多くは毎年発行が行われているカタログを利用するケースが多いかと思われますが、カタログには発行年度以前のすべての切手が収録してあり、それぞれに値段が記載してあります。
カタログに記載してある値段は、額面を初め、未使用品と使用済みなどの金額になりますが、買取時の価格はカタログに記載してある金額が上限で保管状態に応じて買取価格が高くなるのが特徴です。 例えば、未使用品の価格が18,000円になっている場合、この金額が最高額であり、保管状態や買取店が定めた基準価格で査定が行われる事になるわけです。
ちなみに、買取店ではカタログに記載してある金額や市場の動向などを加味して買取価格を決めているため、お店により査定額に違いがあります。
ホームページの中には買取時の参考価格が掲載してあるお店もあるので、参考価格をチェックしておけば高く売る事が出来るお店を見つける事が可能になります。 尚、この切手は1948年12月3日に発行が行われた「金沢・高岡逓信展」の記念切手の小型シートにも収められているのが特徴です。 この小型シートは発行枚数が15万枚と少ないため、見返り美人のバラ品よりも買取価格が高くなります。

「見返り美人」切手の解説と価格相場についてのまとめ

見返り美人は現在でも人気が高い切手の一つで、買取して貰う場合には高価な値段で売る事が出来るチャンスを持っています。 しかし、切手は目打ちがきれいな状態である、色褪せなどが生じていないなどの状態が重要視されるので、保管状態が悪いと価値が下がるため、保管には十分な注意が必要です。
昭和23年に発行が行われたものであり、西暦では1948年、現在2017年になるので、69年前に発行が行われたものであり、長い歴史の中で保管を続けていると色褪せてしまう、裏面には日焼けのような模様が付いてしまうなど、状態が悪くなる事もあります。 尚、5枚シートにすべての切手揃っている事で最も価値が高くなり、シートから1枚でも切り離してしまうとバラ品の扱いになり、価値が下がる事になります。 ちなみに、余白が残っている状態であれば、完全に切り離したものよりは評価は高くなります。