一大ブームの時期に切手を集めていたという方も多いことでしょう。そのままにしておくより、買取りに出してみませんか? 人気があるものや希少価値が高いものなどは非常に高額で売買されることも少なくありませんので、是非一度査定に出してみましょう。 切手のコレクターは日本のみならず、海外にも多く、中にはわざわざ来日して珍しいものを探し求める方もいらっしゃいます。 今では殆ど流通しなくなった古い切手などにはプレミア価値がついているものも多く、なんとなく集めていたものの中に思わぬお宝が眠っている可能性もあるのです。
まだまだ需要も多く、集めている方も多いとはいえ、以前に比べたら徐々に人気も下火になりつつあるものです。 買取価格も日々変動しているものですので、不要だと思っているのであれば傷んでしまう前に買取りに出すのがおすすめです。

どんな所で買い取ってくれるの?

切手を買取ってもらいたい場合、まず最も手軽に利用できるのが金券ショップです。地方にも比較的店舗数も多く、大きなショッピングモールなどで併設されていることもあるので、利用経験があるという方も少なくないでしょう。 金券ショップでは金券やクーポン類以外にも切手やハガキの買い取りも行っているのです。
しかし切手の専門知識がある方が査定するとは限らないため、額面に応じた機械的な買取価格になってしまうのが難点です。 納得のいく査定を望むのであれば、やはり切手専門の買取業者を利用するのがおすすめです。こういった店舗では専門知識を持ったスタッフが査定を行なうケースが多いため、正当な金額で買取してもらうことが可能です。
近くに店舗がないという方のために、無料の出張買取や宅配買取を行っている店舗も少なくありません。 わざわざ店舗に出向いたり、重たい荷物を運ぶ必要もありませんので非常に便利なものです。 また、最近はインターネットで買い取りを行っている店舗もドンドン増えてきました。実店舗を持たない分、買取価格が高めになるケースも少なくありません。 殆どの場合が無料宅配キットなどを用意してくれるので、その中に売りたい商品を詰めて送り返すだけで簡単に買い取りが成立します。 もちろん、査定額に納得がいかない場合は商品を送り返してもらえますので、安心して利用することが出来ます。

どんなものが買い取ってもらえるの?

買取ってもらえる商品には、店舗によってやや違いがあります。 金券ショップなどで買取って貰う場合、バラ状態のものやあまりにも古いものなどは買取ってもらえないケースがあります。 またあまりにも大量にあって査定に時間がかかりそうな場合には断られることもありますので、量が多い場合にはあらかじめ店舗に確認をとっておくのがおすすめです。
切手買取専門店であれば、よほど保存状態が悪かったり破れてたりしてさえしなければ、基本的にどんなものでも買取ってもらえます。 同じデザインのものでも、バラ状態のタイプよりシート状タイプの方が金額も高くなります。中には周囲の余白部分を切り取って保管している方もいらっしゃいますが、余白部分も実は査定ポイントに含まれますので、出来るだけ余白は付けた状態にしておくようにしましょう。
使用済みのものは買い取ってもらえないのではないかと思われがちですが、実は使用済みの物でも問題ありません。 コレクターの方の中には、消印がついているものに価値を見出している方も多く、特に人気のある郵便局のものや、きれいな円形になっているものなどは切手本来の価値よりも高額で売買されるケースもあるのです。
日付も大きなポイントで、印象的な出来事が起きた日付のものなどは人気があります。 ただし、中には使用済みのものを買取ってもらえない店舗もありますので、事前に確認の上、査定してもらうようにしましょう。


プレミア切手とはどんなもの?

基本的に切手の買い取り価格というものは、額面に応じてその何割かの値段が付けられるようになっています。そのため、殆どの場合は額面以上の値段がつくことはありませんが、中には一枚数千円から数万円もの値段がつくプレミア切手と言われるものが存在します。 プレミア切手にはどんなものがあるのかというと、まず非常に希少価値が高いものが挙げられます。日本国内のものの場合、明治時代に発行されていた竜文切手というものは発行枚数も極めて少ないため非常に高額で売買されています。 手彫り・手刷りで作られていたため、一枚一枚微妙に色味や印字位置が異なっているのも味の一つです。
また、戦前の記念切手もプレミア切手の一つです。 最近は年に数回発行されるようになってきましたが、戦前は本当に国の有事の際にしか発行されておらず、数年に一度しか作られなかった時期もあります。 発行枚数や発行期間などに制限があったため、その分流通量も少なく、希少価値が高くなっているのです。 殆どの場合、普通切手よりも記念切手の方がやや高額になるのですが70?80年代頃に発行されていたものは必ずしもそれに当てはまりません。
この時期は一大ブームが起きていたため、発行枚数も非常に多く、現在も市場にあふれている状態なのです。欲しがる方も少ないため、この時期のものは額面以上の値段がつくことはほぼないと思っておきましょう。

他にはどんな珍しい切手があるの?

他には中国切手が非常に人気が高いアイテムです。文シリーズや革シリーズといったように、編号といわれるがつけられており、それによって年代や切手自身の意味が分かるようになっています。
中でも赤猿や毛沢東シリーズ、牡丹シリーズなどは非常に有名で、一枚で数万円もしくは数十万円の値がつくこともあるのです。 これらは中国の為替などによって値段にも違いが出てきますので、売るタイミングもポイントになってきます。
また、いわゆるエラー商品というものの人気があります。 例えば、印刷ミスにより本来とは異なる色味でプリントされたものや、ズレ、かすれが生じてしまったもの、ミシン目の位置がずれてしまっているものや、そもそも全く入っていないものなどが挙げられます。 中には最初から無目打ちといわれるミシン目なしのものも発行されているため、エラー商品である証明として正規デザインのものとセットで保管しているという方も少なくありません。 近年印刷技術が向上したことに伴い、エラー商品も出にくくなってきました。そのため、エラーアイテムに関しては年代が新しいものの方がより高額で買取られるようになっています。
切手自体にはあまり興味が無いけれどもエラーアイテムを中心に集めているという方もたくさんいらっしゃいます。オークションサイトなどでも高額でやり取りされているため、是非チェックしてみましょう。

プレミア切手とは?買取してもらう前に注意したいことまとめ

切手を買取りに出す場合、あらかじめ自分が持っているものにどれ位の価値があるものなのか相場を知っておくことも大切です。 本来の価値とは異なる査定が出てしまうこともありますので、損をしないためにも特に古いものなどはチェックしておきましょう。 また、店舗に持ち込む場合も出張・宅配買い取りの場合も買い取りが成立した際には身分証明証の提示が必要になります。 うっかり何度も往復する羽目にならないよう、あらかじめ準備をしておくようにしましょう。店舗によっては印鑑等が必要になることもありますので、一緒に持っていくことをお勧めします。 宅配キットを利用する場合には、免許証や保険証などのコピーを同封しなければなりません。 買取可能な商品や買取方法なども各店舗によって異なりますので、まずはしっかりと確認しておくようにしましょう。