「プルーフ貨幣の買取をお願いしたいけどどこで売ってもそんなに値段は変わらないだろう?」なんて思っていませんか? じつはプルーフ貨幣をはじめとする古銭や硬貨は専門的な知識を持った買取業者に依頼をしないと本当に正しい価値での買取はしてもらえないんです。 プルーフ貨幣は、日本造幣局の技術の高さを活かして美しく加工された鑑賞・収集のためのコレクション用貨幣セットです。同じ額面の貨幣でも製造年にや販売数によって、その価値は違います。 この記事では、買取を検討している人に知ってほしいプル―フ貨幣の基本知識と買取情報についてまとめています。人気の高い記念プルーフ貨幣の買取価格もあるのでぜひ参考にしてください。 この記事でお手元の貨幣の価値がいまどれくらいあるのか参考にしてください。高価買取は難しいかもしれませんが、価値が下がってしまう前にぜひ買取を検討しませんか?

プルーフ貨幣について

プル-フ貨幣セットは、1986年(昭和62年)から製造されており、セットには、その年に製造された普段から使っている馴染みのあるデザインの1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉が鏡のようにピカピカに特殊加工で磨きあげられた計6枚666円が入っています。   ここではプルーフ貨幣とはどのようなものなのか、その歴史について解説します。  

プルーフ貨幣とは?

  プルーフ貨幣は、新しく発行される通常硬貨にコレクション用の貨幣として特別な加工が施されており、表面が鏡のように美しく磨かれたものです。   極印を使用しており、模様を鮮明にするために圧印を2回打ちするなど、日本の造幣局の技術を最大限に活かした収集のためのコレクションセットで数量限定販売されます。   通常プルーフ貨幣セットは、2003年(平成15年)の発行から、毎年同じ黒いケースに銅製の年銘板有」と「年銘板無」の2種類が発行されています。   基本的に、プルーフ硬貨の価値はおよそ額面通り、もしくはほんの少し高くなる程度です。   しかし、製造年、年名盤の有無よっては価値が変わりますのでこのあと、詳しい買取金額について説明します。  

  プルーフ貨幣の歴史

  プルーフ貨幣は昭和62年から毎年製造されており、その年の通常硬貨に特殊な加工を施した硬貨セットのことです。古銭や、硬貨収集に興味がないとその差が分からないのが、プルーフ貨幣とミントセットの違いです。   ミントセットは、昭和44年から販売されていました。未使用貨幣を組み合わせたミントセットを発売した当初は、保存性のよいプラスチックケースなどではなく、ビニールのパウチのようなものパックに表紙をつけて販売されていたので、保存状態も悪く劣化しやすい状態でした。昭和59年以降はプラスチックケースに外箱入りになっています。   それに対して、プルーフ貨幣は硬貨に特殊な加工と美しい磨きがかかっており、それを入れているケースも発売当時からプラスチックでできたしっかりとしたものだったので劣化しにくく、今でも状態の良いものが残っています。

プルーフ貨幣セットは大きく2種類に分けられる

プルーフ貨幣セットは大きく2種類に分けられる プルーフ貨幣セットは大きく2種類に分けられます。通常プルーフ貨幣セットと記念プルーフ貨幣セットです。   ここでは、通常プルーフ貨幣セットと記念プルーフ貨幣セットの特徴と、違い、買取相場の差について説明します。

通常プルーフ貨幣セット  

通常プルーフ貨幣セットは毎年発行されている、特殊な加工で美しく磨かれた貨幣セットのことです。発酵年数によって価格は変わります。 発行年数や販売枚数、年名盤の有無、保存状態によって買取価格は多少異なります。  

記念プルーフ貨幣セット

記念プルーフ貨幣セットはその年に関係のある出来事やイベントをモチーフにした貨幣セットです。パッケージデザインはそれぞれ異なり、それぞれ趣向を凝らしたものになります。   1円玉や5円玉など通常硬貨だけでなく、これでしか手に入らない記念メダルや海外硬貨などが入っていることもあります。パッケージや価格も統一されておらず様々です。   記念プルーフ貨幣セットの中でも人気のあるもの、買取価格が期待できるものを紹介します。

世界文化遺産貨幣セット

  世界文化遺産とは、世界中の人たちが守っていく価値のある建造や、遺跡、文化的景観や自然のことです。日本にも、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)に認められ、登録された世界文化遺産が19件もあります。その世界遺産への登録を記念して、造幣局が製造・販売した貨幣セットが世界文化遺産貨幣セットといわれるものです。   世界文化遺産貨幣セットは、数百円から数千円で取引されていています。高価買取というような価格ではありませんが、額面以上の価値を持っており、とにかく美しいデザインで根強い人気があります。   世界遺産貨幣セットの中でも特に価値が高いとされるのは「屋久島」と「法隆寺」の2種類です。  

ドラえもん 貨幣セット

平成17年に誕生35周年を迎えるドラえもんを記念して「ドラえもん誕生35周年2005貨幣セット」とドラえもん誕生35周年2005プルーフ貨幣セット」が販売されていました。      ドラえもんは毎年映画になっている国民的人気キャラクターで根強いファンも多いのですが、貨幣セットの買取価格はそれほど高額にはなりません。  

敬老貨幣セット

  敬老貨幣セットは、平成5年から平成19年にかけて毎年製造販売されていた敬老メダル入りの貨幣セットです。   未使用美品で、なおかつすべての年号が揃った敬老貨幣セットでの買取であればさらに高額が期待できます。  

番外編:貨幣史アルバム 

  貨幣コレクターに人気の貨幣史アルバムというのをご存知でしょうか。貨幣史アルバムには自分で作ったものとアルバムとして市販されているもの(既製品)の2種類があります。   例えば、日本貨幣史はこれまでに存在した硬貨をすべて集めているアルバムです。   もし、プルーフ貨幣セットをたくさん持っていて高値で売りたいというのであれば、テーマごとに分けて買取を頼む、時系列順に並べる、などすると高く売れる可能性がぐっと上がります。  

プルーフ貨幣を高く買い取ってもらうに

  ここまで、プルーフ貨幣について説明をしてきましたが、ここからはプルーフ貨幣を高く買い取ってもらうためのコツやポイントをご紹介します。  

保存状態を良くする

  古銭や金貨などは保存状態の良さや硬貨の状態によって買取価格が変わります。 とくに、プルーフ貨幣は日本の造幣局の加工技術や美しさを目的に収集する人が多いので、保存状態はかなり重視されます。   まずは、ケースに入っていること。そして、硬貨に触れていない未使用美品であると高額買取が期待できます。   ケースに入っていないものや、ビニールパックで保存しているものなどは、劣化や変色があり価値をさげてしまうことになります。   また、古銭は素人が磨いたり洗ったりしないことが基本です。買取に出す前に汚れを取ると買取価格が上がるねんて思う人もいますがそれは大きな間違いです。  

専門の買取業者に鑑定してもらう

プルーフ貨幣セットで買取価格が高くなる可能性があるのは  
  • エラーコイン
  • 平成31年
  • 令和元年
  • 造幣東京フェア2011プルーフ貨幣セット
  • 桜の通り抜けプルーフ貨幣セット
  • 製造枚数が少ない年の貨幣セット
上記の貨幣セットです。   ごくまれにプルーフ貨幣でも硬貨の印刷文字がずれていたり、裏と表を見比べた時に印刷の角度が傾いていたりとエラーコインが入っていることがあります。これに関してはかなりの高額買取が期待できます。   また、製造数が少ないと、希少価値があります。   平成31年は昭和最後の年なので人気があり、手元においておきたいというコレクターが多く、他の年号に比べると多少の高価買取が期待できます。   記念プルーフ貨幣セットで人気があるのは、「桜の通り抜け」です。大阪の造幣局の桜をイメージして、毎年桜をモチーフにした貨幣セットです。日本人が大好きな桜を毎年違うデザインで作られているため人気のあるシリーズにもかかわらず、発行枚数も少なく、なかなか手に入りにくいでのです。   しかし、こういう情報は古銭や硬貨に詳しい専門の買取業者しか知らず、他の製造年の貨幣セットと同じ金額で買取されるなど、鑑定に反映されない可能性もあります。   プルーフ硬貨は高額買取してもらえるため見極め能力が必要です。古銭専門、もしくは古銭の買取実績の多い買取業者で鑑定してもらえると安心です。

プルーフ貨幣の買取実績

プルーフ貨幣の買取実績①

プルーフ貨幣の買取実績
  • 買取エリア:三重県
  • 買取金額:¥77,500

プルーフ貨幣の買取実績②

プルーフ貨幣の買取実績
  • 買取エリア:新潟県
  • 買取金額:¥5,000

プルーフ貨幣の買取実績③

プルーフ貨幣の買取実績
  • 買取エリア:東京都
  • 買取金額:¥185,000

プルーフ貨幣を買取されたお客様の声

お客様の声:茨城県 土浦市 60代 女性 とても良かったです。お若くてそんなに経験も無いみたいなんですが、色んな知識もおありになり、対応もずごく爽やかで良い感じでした。

まとめ

プルーフ貨幣は、日本の造幣局の技術の高さを活かして美しく加工された収集のためのコレクション用貨幣セットです。価値が分かる専門家のいるところで、硬貨の美しさが損なわれないうちに買取を検討するのが高値買取の一番近道になるでしょう。   ポイントは専門の買取業者への依頼と保管状態です。   記事にある、買取価格を参考にお手元の貨幣の価値がいまどれくらいあるのか参考にしていただき、価値が下がってしまう前にぜひ買取を検討しませんか?