江戸時代中期~明治時代を中心に製造されていた古金銀は、高値で取り引きされています。   ただ、「持っている古金銀は、どれくらいの値段が付くんだろう?」「どんな種類の古金銀が高値で取り引きされているんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?   そこで今回はそういった方へ向けて、江戸時代中期~明治時代に製造されていた古金銀の種類と特徴、買取相場について解説していきます。   この記事を読めば、古金銀の特徴や買取相場について把握できるので、お持ちの古金銀の値段を確認した上で査定を検討してみましょう。  

古金銀の価値は種類によって差がある

古金銀の価値は種類によって差がある 古金銀は、江戸時代中期~明治時代にかけて製造されましたが、種類によって買い取り価格に大きな差があります。なぜなら、それぞれの古金銀は現存数が異なり、さらに所有者ごとに保存状態が異なるからです。   具体的には、数百円の価値の古金銀から、数十万円の価値のある古金銀まであります。また、デザインにエラーがあるなど希少性が認められれば100万円以上の高値が付く可能性もあります。   日本では1601年に製造された古金銀が、最古の種類だといわれています。江戸時代には穴銭や小判といった貨幣が製造されていました。穴銭は今でいう10円玉や100円玉、小判は1万円札のようなものだとするなら、古金銀は500円玉や1,000円札です。  

古金銀の種類と買取相場

古金銀の種類と買取相場 以下では、江戸時代~明治時代に製造されていた古金銀の種類と買取相場を紹介します。  

一分金

一分金は、小判の4分の1に当たる額面価値を持つ古金銀です。サイズは小判の4分の1で、重量も小判の4分の1となっています。江戸時代から明治時代初期にかけて製造されていましたが、裏表の基本的なデザインは共通しているのが特徴です。ただ、基本的なデザインは同じでも、一部の模様が彫られていなかったり、位置が違っていたりと異なる一分金もありました。中でも数の少ない種類の一分金は希少性があり、高値が付く可能性もあります。   【一分金の種類】
  • ・慶長一分判金
  • ・元禄一分判金
  • ・宝永一分判金
  • ・正徳一分判金
  • ・享保一分判金
  • ・元文一分判金
  • ・文政一分判金
  • ・天保一分判金
  • ・安政一分判金
  • ・万延一分判金
  一分金の買取相場は、おおよそ数千円~80万円といわれています。  

二分金

二分金は、一分金の2倍にあたる額面価値を持つ古金銀です。ただし、二分金は一分金よりも後の時代になってから製造された補助的な貨幣であり、金の含有量は一分金よりも少なくなっています。文政元年に初めて製造された後、明治2年まで製造が続いたといわれています。二分金は一分金よりも金の含有量は少ないですが、製造された期間で見ると一分金よりも短いので希少性があり、ものによっては一分金よりも高値で取り引きされています。   二分金の種類
  • ・文政二分判金の真文二分
  • ・文政二分判金の草文二分
  • ・安政二分判金
  • ・万延二分判金
  • ・明治二分判金
  二分金の買取相場は、おおよそ数千円~8万円といわれています。  

一朱金

一朱金は、一分金の4分の1にあたる額面価値を持つ古金銀です。小判と比較して考えると、小判の16分の1の額面価値ということになります。一朱金には、「一分判」「角一朱金」「文政一朱判金」など様々な呼び名があるのが特徴です。基本的に一朱金は1種類しかないのでデザインは共通ですが、部分的にデザインの異なるものもあり、希少性のある珍しいものでは高値が付く可能性もあります。   一朱金の買取相場は、おおよそ数千円~10万円といわれています。  

二朱金

二朱金は、一朱金の2倍にあたる額面価値を持つ古金銀です。小判と比較して考えると8分の1の額面価値、一分金と比較して考えると2分の1の額面価値ということになります。二朱金の金の含有量はあまり多くなく、低い値段で取り引きされることもしばしばです。ただし、中には「逆打」と呼ばれるデザインのエラーのある二朱金が存在しており、そういった希少性の高いものは高値で取り引きされる可能性があります。   二朱金の種類
  • ・元禄二朱判金
  • ・天保二朱判金
  • ・万延二朱判金
  二朱金の買取相場は、おおよそ数百円~15万円といわれています。

一分銀

一分銀は、一両小判の4分の1にあたる額面価値を持つ古金銀です。一分銀も例によってデザインに共通する部分があります。その1つとして挙げられるのが、裏面に刻印された「花押」です。花押は花のような大きなデザインで、特に古金銀に詳しくない方でも一分銀だと判断することができるでしょう。一分銀は比較的低い値段で取り引きされていますが、デザインのエラーなどによって希少性が認められれば、数万円の高値となる可能性もあります。   一分銀の種類
  • ・天保一分銀
  • ・安政一分銀
  • ・明治一分銀の川常
  一分銀の買取相場は、おおよそ数百円~5,000円といわれています。  

一朱銀

一朱銀は、一分銀の4分の1の額面価値を持つ古金銀です。一朱銀は二朱銀よりも後になって製造された貨幣で、江戸時代の後期に製造されていました。一分銀と同様に、取り引きされる値段は低い傾向があります、ただし、「逆打」など希少性のあるデザインエラーが認められれば高値で取り引きされる可能性もあります。特に、「文政南鐐一朱銀」という種類の一朱銀の場合は、10万円以上の高値が付く可能性もあるので一度査定に出してみる価値はあるでしょう。   一朱銀の種類
  • ・文政南鐐一朱銀
  • ・嘉永一朱銀
  • ・明治一朱銀の川常
  一朱銀の買取相場は、おおよそ数百円~2,000円といわれています。  

二朱銀

二朱銀とは、一朱銀の2倍にあたる額面価値を持つ古金銀です。特に、幕末に日本が開国するにあたって製造した「安政二朱銀」が有名で、横浜港での貿易の際、ドル通貨との引き換えに使われました。しかし、アメリカから受け入れられなかったため、4カ月という期間で製造が中止されてしまいました。そういった理由から、「安政二朱銀」の希少性は高く、「逆打」や「特殊書体」などのエラーが認められれば数十万円の高値が付く可能性も十分にあります。   二朱銀の種類
  • ・小型の古南鐐二朱銀
  • ・大型の古南鐐二朱銀
  • ・新南鐐二朱銀
  • ・安政二朱銀
  二朱銀の買取相場は、おおよそ数千円~10万円といわれています。

まとめ

今回は、江戸時代中期~明治時代に製造されていた古金銀の種類と特徴、買取相場などについて解説しました。   本記事の要点は、以下のとおりです。  
  • 古金銀とは、江戸時代中期~明治時代にかけて流通した貨幣のこと
  • 古金銀の種類や現存数、保存状態によって買取相場が大きく変動する
  • デザインのエラーなど希少性があれば100万円以上の値が付くこともある
  この記事をぜひ参考にして、古金銀の特徴や買取相場について把握し、あなたがお持ちの古金銀の査定を検討してみてください。