江戸時代の貨幣は大きく分けて、小判や二分金に代表される金貨、丁銀や豆板銀に代表される銀貨、寛永通宝や天保通宝に代表される銅貨、この三種類です。このほかにも各藩が独自に領内に発行した紙幣である藩札と呼ばれる紙幣も存在します。

複雑な貨幣制度

江戸時代の貨幣制度は、四進法と十進法との複合であり、秤量貨幣と額面貨幣との複合でした。 丁銀や豆板銀は秤量貨幣であり、大きさや形は一定せず、銀の重さで取引されるものです。これは、主に大阪での商業決済に使われたもので、江戸時代の庶民が日常の買い物で使うものではありません。また、江戸時代を通じ、銀相場によって常に変動しました。丁銀や豆板銀は不便ですから、額面の決まっている貨幣も作られています。小判は、一枚が1両です。大判は、1枚で10両が建前ですが、実際は両替相場によって変化します。一分金や二分金といった小額の定位貨幣も作られました。4分が1両です。一分銀や一朱銀などもあり、4朱が1分です。寛永通宝は、1文のものと4文のものとがあり、4000文(4貫文)が一両です。天保通宝は100文の額面ですから、40枚で一両です。このことからも当時の貨幣制度は流動的で大変に複雑でした。

独自な形状の貨幣

江戸時代の貨幣は、世界的に見ても、たいへん変わった形をしています。 大判や小判は、楕円形であり、タガネで筋目を打ち込み、極印を打ち込む手法で作られています。しかも、大判に限りますが、墨で文字が手書きされています。二分金や一分銀などは、長方形をしています。長方形の貨幣(硬貨)は、江戸時代の日本以外では、あまり類例のない珍しい形です。寛永通宝は、東アジアで広く見られる形状で、全体が円形であり中央に正方形の穴が開いていて、ありふれた形です。ところが、天保通宝は、全体が小判のような楕円形でありながら中央に正方形の穴が開いていて、世界的に珍しい独自の形です。さらに、丁銀や豆板銀も不定形で様々な形が存在しました。江戸時代の貨幣は、鎖国政策もあり、あらゆる意味で独自性のある貨幣が多く存在していました。

出るたびに劣化した小判

江戸時代の貨幣で最も魅力的なのは、大判や小判です。時代と共に、その金の含有量が減少し、貨幣の大きさも小さくなって行きます。小判の場合、一番古いものが慶長小判で、金が857に対して銀が143であり、重量が17.73gです。一番新しいものが万延小判で、金が574に対して銀が426であり、重量が3.30gです。江戸時代に作られた小判は10種類ほどになりますが、新しい小判が出るたびに劣化しています。これは、幕府の財政悪化によるものと、幕末頃から外国に小判が大量流出したことによるものです。金と銀との交換相場が国内と大きく違っていたので、外国の銀貨が日本に入り、日本の小判が海外に流出し、外国を大儲けさせてしまいました。