長崎貿易銭とは、長崎で鋳造された中国銭の模造品です。日本国内で流通させる目的ではなく、輸出する目的で作られたものであるため、これを長崎貿易銭と呼んでいます。この不思議な貨幣ができた経緯などについて探っていきましょう。

なぜ、長崎貿易銭ができたのか?

長崎貿易銭とは、長崎で作られた中国銭(中国銭の模造品)のことですが、その名称は奇妙です。長崎貿易銭鋳造は、万治2年(1659年)、オランダ人が幕府に対し銅銭の鋳造依頼を行ったのが発端です。当時、明朝が滅び清朝に入れ替わる動乱期であり、銅貨が不足していました。当時の中国は、貨幣の鋳造を行える状態ではなかったのです。長崎のオランダ商人がそこに目を付け、銅貨を大量に持ち込めば、中国と有利に貿易ができると考えたのです。結局、長崎で中国銭の模造品を作ることになりました、当時の日本は、寛永通宝が流通していましたが、寛永通宝は国外持ち出し禁止であり、違う文字を鋳込んだ銅貨にする必要がありました。そこで、中国銭の模造品となりました。長崎貿易銭とは、いわば地金貨幣であり、偽造貨幣とは言えません。

長崎貿易銭は、偽造貨幣か?

長崎貿易銭とは言っても、外見は本来の中国銭とそっくりであり、見分けが付きにくいです。しかし違う点があります。それは文字の字体と材質が微妙に違うのです。長崎貿易銭は、鋳型の元となる母銭から日本で作りました。本来の中国銭を母銭代わりに使用していません。ですから、よくある私鋳銭の鐚銭(びたせん)とは、少し違うのです。長崎貿易銭とは言いますが、日本とオランダとの貿易決済用の貨幣ではなく、日本がオランダに売った銅製品であり、オランダが中国との貿易に使った貨幣です。厳密に言えば、正規の貨幣ではないのですが、銅貨の場合、東アジアでは通用していました。銅貨の種類も多く、あまり厳密に区別されていませんでした。

長崎貿易銭の種類と性格

長崎貿易銭の銭銘には、元豊通宝、天聖元宝、祥符元宝、嘉祐通宝、熈寧元宝、紹聖元宝、治平元宝、これら7種類が知られています。字体のバリエーションも入れれば、さらに種類が増えます。元豊通宝の残存数が一番多い、とされています。これらは全て中国銭としての本物が存在します。そして長崎貿易銭は、中国銭とは明確に区別すべきものです。長崎貿易銭は、他とは違う性質の貨幣であり、歴史的に興味深いものです。日本で正式な貨幣として発行されず、それでいて世界的に貨幣として通用した貨幣です。長崎貿易銭とは何者なのか、ちょっと一言では言い尽くせない不思議なものだと言えます。