アメリカ紙幣とは「アメリカドル」と呼ばれている紙幣を指します。アメリカ紙幣にまつわる話を紹介します。

国際決済通貨や基軸通貨としての利用

アメリカ紙幣とは、正式には「アメリカ合衆国ドル」といいます。アメリカ国内はもちろんのこと、世界各国で公式通貨として使用され、その信頼性から国際決済通貨や基軸通貨としても利用されています。国際決済通貨とは、主に為替取引に使用されます。基軸通貨とは、為替取引に使用される通貨でも、一定の条件が必要になります。 「ドル」とは、ニュージーランド、カナダ、シンガポールなどで使用されていますが、一般的には、アメリカの通貨としての呼称に利用されることが多いです。アメリカ紙幣には、1ドルから100ドルからまで幅広い紙幣がありますが、実際にショッピングでよく使われるアメリカ紙幣は、20ドルつまり日本円に換算する2000円相当の紙幣です。

紙幣に描かれている人物と種類

アメリカ紙幣には、様々な人物が描かれています。例えば、1ドルに描かれているジョージワシントンとは、アメリカの初代大統領です。10ドルなどに描かれている人物は、かつての大統領経験者や発明家などでアメリカに貢献した人物が描かれているようです。アメリカ紙幣には6種類の通貨があります。その種類とは、1ドルから100ドルまでの通貨で、日本円に換算すると100円から10000円に相当します。日本では、金額により紙幣の大きさが異なりますが、アメリカドルの場合は、すべて同じサイズです。

日本円への交換や買取方法

アメリカ紙幣は、現地で使用することが可能ですが、例えば、日本などの祖国に帰国した時には、使用できなくなります。そんなときの換金方法とは何か、それは日本円への交換や質屋など買取業者への買取の2つの方法があります。アメリカ紙幣の日本円への交換方法とは、主に銀行窓口での換金です。必要なくなった紙幣を換金するだけの簡単な方法です。換金した日本円は、すぐに使用することが可能です。アメリカ紙幣の買取方法とは、質屋などの買い取りショップで相場に合わせて現金に換金する方法です。相場は日によって変動します。その日の相場により金額が決まるので、銀行での換金よりも高値で買取してもらえる可能性があります。