古来から所有したいものがあったらそれと同価値のものと交換することを等価交換といいます。その等価交換の原則を行うために現在あるのが紙幣ですが、その日本の紙幣の歴史で欠かせないのが造幣局の歴史です。

昔、紙幣はなかった

造幣局の歴史の始まりは現在で使われるお金というのは硬貨そして紙幣ですが、昔からそうであったわけではないのです。日本の造幣局の歴史で初めて紙幣が出来たのは明治時代からであり、造幣局が出来たのはこれまでのお金の状態ではいけないと判断されたためです。日本で初めてお金という概念が出来た歴史は室町時代ですが、当時のお金は時代劇などからもわかるように金で出来た小判だったり青銅を切り抜いて作られた硬貨でした。それ自体は国内で使うだけなら問題はなかったのですが、安土桃山時代から外国の船が進化し日本に往来し始めると状況は一変します。

外国との取引に金貨は使えない

外国との取引に金貨を使うという事例はほとんどありませんでした。その理由は、金貨は他の紙幣と比べるとキズが非常につきやすく、価値が落ちてしまう場合が多々あるため、貿易で使うわけにはいかなかったからです。取引に使われるにしても金地金が中心となっていましたが、金地金は通常の紙幣よりも重く持ち運びが非常に不便なことから盗難の心配があり、安全性からも問題がありました。大昔は金が取引で使用される場合もありましたが、貨幣と金との交換比率が固定されていて、交換したい場合は、その交換比率に応じて交換できる金本位制という制度が存在していました。近代以降では通貨が金本位制を採用しても、通常は硬貨・紙幣が市場で使用され、金本位制は金と米ドルの兌換が停止されるニクソン・ショック以前まで一般的に行われており、わが国でも1988年4月施行の通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律により名実ともに廃止されました。

造幣局が出来てからの歴史

造幣局の歴史をさかのぼると、明治新政府によって、建設工事が大阪でスタートし、1870年に近代的な造幣工場が完成し、1871年に創業式がおこなわれました。創業式と同じくして、新貨条例が制定されたことで、金本位制の下で「円」が誕生し、金貨・銀貨・銅貨が発行されました。1882年、日本の中央銀行として、日本銀行が設立され、その15年後の1897年に貨幣法が公布されたことで、金0.75グラム=1円と定められました。大正時代に入り1920年、第一次世界大戦時に欧州の国々が金の輸出をストップすると、日本も金本位制をストップし、金貨幣の製造を休止しました。そして、昭和期に入ると、1932年に金本位制が完全に停止し管理通貨制へ移行、1938年には臨時通貨法が公布され、補助貨幣の製造がスタートしました。東京オリンピックが開催された1964年に初めて記念貨幣が発行され、1987年に「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」が制定され、本日に至っています。