古銭とは、戦前などに市場に出回っていた硬貨、紙幣や記念硬貨や金貨などを指します。そんな古銭の出張買取について記述していきます。

古銭の種類と出張買い取りについて

古銭とは、昔使われていたお金のことをいいます。種類は、一厘、五厘、十銭などの硬貨や、寛永通宝、明治二分などがあります。オリンピックや万国博覧会、天皇即位などの記念硬貨も含まれます。古銭が見つかるのは、先祖の遺品整理などの時に、見つかることが多いようです。例えば、タンスを整理していたら小判などが出てきたということはよくある話です。大量に出てきた場合、重くてかさばるため店舗への持ち込むよりは出張買取を依頼する方がおすすめです。

出張買取のメリット・デメリットと料金体系

もし、お持ちの古銭の買取を依頼したいと思ったらいくつか買取方法がある中で出張買取がおすすめです。出張買取によるメリットとデメリットを簡単に説明すると、出張買取によるメリットは、店舗に持ち込むとき同様、なぜこの価格がついたのか査定員に査定結果の理由を説明してもらえることです。一方、デメリットは、古銭の買取価格 が保存状態や市場価格に準じて判断されたりするため、古銭の査定に関して正しい知識で適正な買取価格を提示できる業者が限られることです。

より高価に買取してもらうには

古銭の出張買取で、より高価に買取してもらうには、2つのポイントがあります。1つ目は、売る前に相場をチェックすることです。所持している古銭は、人によって異なります。その価値を調べることは、出張買取の業者との交渉に役立ちます。2つ目は、複数の業者に査定をしてもらうことです。その中で高い価格をつけてくれる、もしくはお客の立場を考えた提案をしてくれる業者に買取を依頼しましょう。