古銭は、それらが流通、使用されていた時期によって大きく価値が異なります。古銭の歴史や買取査定について詳しく説明していきます。

世界のコイン、日本の古銭の歴史について

人類の文明が栄え始めたのは紀元前4000年と言われ、文明の象徴ともいえる貨幣ですがその歴史は意外と浅く、日本最古の古銭「富本銭」以降、急速に発展した貨幣文化により様々な時期に、たくさんの古銭が流通しました。この流通時期や在庫数などによって古銭の市場での買取価値は大きく違ってくるため、古銭の買取には、豊富な知識が必要です。

古銭の査定に関して

特に、江戸時期は長く平和な時代が続いたこともあり、最も貨幣文化が栄えました。質の良い古銭が安定してつくられたこともあり、沢山の江戸古銭が存在します。古銭はこの時期につくられたものがとても多く、江戸古銭だけで1000を超える種類があるとも言われているため、査定には専門的な知識が必要となります。作られた時期が古くても、在庫が多く残っている物に関しては、買取の査定価値に関してはどうしても低くなったりもします。 つまり、歴史的に古いという価値に加えて、流通している数などの価値も買取査定には反映します。

お持ち込みに関してのお願い

古銭の査定では、どの時期のものかによる判断や歴史的な価値も反映することが出来ます。ひとつご注意いただきたいのは、査定前に古銭を洗浄しないようお気を付け下さい。薬剤によって質が変化してしまう恐れがありますので、無理にきれいにする必要はありません。古銭は古い時期に作られたことに価値がありますので、そのままの状態でお持ちいただくことをおすすめします。 査定は、持ち込みによる査定だけではなく出張による買取査定もしています。買取に限らず、どのくらいの価値がつくものなのか査定して欲しいという要望にもお応えしていますので、気軽にご相談ください。