日本金貨とは、日本国内で鋳造、発行された金貨です。いつごろからつくられ、どんな歴史や種類があるのか、簡単にご紹介します。

日本金貨の始まり

日本金貨が本格的につくられ始めたのは16世紀ごろです。それまでは、中国から輸入した銅銭が主に流通していました。この時代の代表的な日本の金貨といえば武田信玄の甲州金や、豊臣秀吉の天正長大判や天正菱大判があります。天正長大判とは、秀吉が褒美用につくらせた金貨で、世界最大級の大きさです。徳川家康が貨幣制度を統一した江戸時代には日本金貨が一般に流通するようになり、三貨制度ができました。三貨制度とは、金貨、銀貨、銅貨の3つの貨幣を使用する貨幣制度で、銅貨、寛永通宝の完成で成立しました。その後、幕府が財政難により金や銀の含有率を変えて新たな貨幣を鋳造したため貨幣量が増大し、庶民は物価上昇に苦しむようになりました。この貨幣の鋳造を元禄の改鋳いいます。また、ペリー来航後は、日本金貨は諸外国との交換比率の違いを利用した外国商人たちの手により海外へ大量に流出してしまいました。

金本位制下の日本金貨

明治時代になると、大阪に造幣局が設置されます。その翌年の1871年には新貨条例の下、金本位制の円が誕生しました。金本位制とは本位貨幣を一定量の金と同じ価値を持つものとする制度です。新貨条例の下では一円、二円、五円、十円、二十円、貨幣法後には五円、十円、二十円の日本金貨が発行されました。その多くが海外に流出し、一般にはあまり流通せず里帰り品となったり、日本銀行に正貨準備として保管されていたりしたため、この時代の日本金貨は状態の良いものが多いのです。正貨準備とは、銀行券と引き換えできるように準備された金貨銀貨等のことです。

日本の記念金貨

日本の金貨には記念金貨も存在します。記念金貨とは、国家的行事の際に発行される収集型金貨です。額面金額とコレクター間での取引価格との間に差があるものも存在します。また、収集家向けに鏡のように表面を磨き、艶消しにした模様を浮き出させるようにして加工したプルーフ金貨といわれるものも発行されています。記念金貨として有名な日本の金貨には、昭和天皇御在位60年記念の十万円金貨、平成天皇ご即位記念の十万円金貨、皇太子殿下ご成婚記念の五万円金貨、長野冬季オリンピック記念のデザインの異なる3種類の金貨、平成天皇ご在位10年記念、20年記念、FIFAワールドカップ記念、愛知万博記念の記念金貨などがあります。記念金貨の中には額面金額を上回る価格で取引されるプレミアム金貨として取引されるものも多く存在しています。