エラーコインとは、刻印の二度打ち、穴開き硬貨の場合穴ずれなど、いわゆる「失敗作」の硬貨の総称です。

何故エラーコインに希少性が出るのか

造幣局で製造される硬貨については、正確性と信頼性が保たれている機械により製造されています。わが国の硬貨の製造過程は国際的にも評価が高く、通常エラーコインが発生することはありません。たとえ、機械の不具合などでエラーコインが発生したとしても人の手によってチェックが繰り返されるので、正規のルートでは市場に出回ることがないのです。しかしながら、偶然が重なりチェックから外れてしまう可能性もゼロとは言えず、稀に市場に出回ったもの、それがエラーコインなのです。それゆえに入手が困難で希少性があります。

エラーコインの種類

希少性があることで知られるエラーコインですが、どのような物がエラーコインとして認識されているのでしょうか。簡単にわかるエラーコインの代表と言えば、「穴ずれ硬貨」です。50円玉や5円玉の真ん中には穴が開いていますが、この穴をあける場所がずれている物がそれにあたります。希少性のある珍しい例としては、穴が開いていない物も存在し、コレクターの垂涎の的となっています。また希少性のある珍品の類として「ヘゲエラー硬貨」も市場価値が高い一品です。硬貨製造の際、一部がめくれ上がってしまった物を指し、見た目にもわかりやすいです。

珍しいものや綺麗なエラーコインはコレクターに人気

エラーコインのなかでもより希少性のある物が市場でも高値で取引されます。もともとエラーコインは出回る事のない硬貨ですので希少性はあるのですが、発行枚数の少ない年代の物や、見た目が美麗である物、今までに見た事もない種類のエラーである物などは、特に値がつきやすい傾向にあります。例えば刻印のずれによって、硬貨の一方の面にほとんど刻印がされていない1円玉などは、オークション等で想定外の高値がついて落札された実績もあります。このことからも、エラーコインの希少性に加えて、よりコレクターが欲しがっている物に値がつきやすい事も見て取れます。もしかすると、あなたのお財布の中にもこれらのお宝が眠っている可能性があるかもしれません。