財布や貯金箱に入っている普通の硬貨が、実はプレミアコインかもしれません。プレミアコインとは、希少性のために通常を大きく上回る価値をつけられるコインです。コレクターも多く、高額で取引されることも多いプレミアコインについてご紹介します。

どんなコインがプレミアコインになる?

通貨がプレミアコインになる条件の1つは、現在市場に存在する枚数です。一般的に小銭は毎年製造されていますが、年によって製造量が少なかったり、製造量が多くても改鋳などで地金に戻ってしまい、市場に流通する枚数が減ってしまったりする場合があります。そのようなコインにプレミア価値がつき、高額で取引されるに至るのです。また、デザインが良く、美的価値の高いコインはさらに評価される傾向があり、日本の硬貨では旧20円などが該当します。そして、プレミアコインの状態が良好であるほど、価値は吊り上がります。目安としては、摩耗やキズが少なく、デザインが判別できるものが美品とみなされています。

まずは製造年数を確認してみよう

市場に流通するコインの量には変動がありますが、製造年数を確認することで希少性を判断する手がかりになります。一度製造されたものが改鋳されてしまったかどうかは追跡しづらいですが、もともと製造枚数の少ない年をチェックし、その年のコインを保持することでプレミアがついていくのです。日本のコインは、種類によってプレミアのつく製造年が異なります。代表的なものを挙げると、まず1円玉では平成23年?25年、5円玉は平成22年~25年、10円玉は昭和33年、50円玉は昭和62年、100円玉は平成13年、500円玉は昭和62年に希少価値がついているといわれています。実は、コインの種類によっても生産量が異なっています。10円玉や100円玉、500円玉は毎年多くの枚数が発行されているため、希少価値がつきづらい傾向があります。一方で、5円玉や50円玉は発行枚数が少ない傾向です。財布に小銭が余っていた時は、製造年数をチェックしてみると良いでしょう。


エラーコインを見つける楽しさも

珍しさゆえにプレミアがつくコインとして、エラーコインも挙げられます。エラーコインとは、製造の過程で何らかの失敗が生じたコインのことであり、不良品という位置づけです。造幣局が細かいチェックを行うため、普段はエラーコインが出回ることはありませんが、何かの拍子に流通してしまうことがあります。これが珍しいものとして、高い価値をつけられるのです。エラーコインには大きく6種類がありますが、見つけやすいものとしては「穴ズレ」「穴なし」があります。これは5円玉や50円玉に空いている穴が、本来の場所からずれていたり、そもそも穴が空いていなかったりするエラーです。よく見れば気づくものとしては、片面の刻印がもう片面に写っている「裏写り」や、同じデザインが二重に刻印されている「影打」、刻印がずれてしまった「傾打」などがあります。さらに珍しいものとしては、コインがめくれてしまっている「ヘゲエラー」というものもあるのです。また、これらのエラーが1つのコインに集中することもあり、場合によっては数十万円に価値が跳ね上がることもあります。珍しいコインを手にしたら、ぜひ価値を査定してみてください。