紙幣は現行紙幣、旧紙幣、古紙幣の3種類に分かれます。古紙幣とは、5銭紙幣のように、現代ではお金として使えないもののことです。しかし、貨幣価値はない代わりに、希少性の高いものは古物として高額で取引される場合があります。それに対して、旧紙幣は聖徳太子の1万円札のように、すでに発行はされていないものの、現在でもお金として使えるものを指します。古紙幣と違って流通量の多い旧紙幣は、普通は額面以上の価値はありませんが、条件によっては思わぬ高値がつく場合があります。その条件とはどのようなものかについてご説明します。

旧紙幣を見つけた時は製造番号の数字に注目

通常、お札には左上と右下にアルファベットと6ケタの数字の羅列があります。そのうち、重要なのは主に数字の方です。この数字の並び方によってプレミア価値がつくケースがあるのです。まず、有名なのはゾロ目です。ゾロ目とは、『555555』というふうに6ケタがすべて同じ数字のもので、例えば、伊藤博文が肖像画のゾロ目千円札なら1万円以上、2千円札なら5万円以上で取引される場合があります。また、『122221』や『855558』といった具合に、頭と末尾が同じ数字で、その間にゾロ目がサンドされているサンドイッチ番号も高値がつきます。ゾロ目ほどの価値はありませんが、額面の2倍ほどで取引されているようです。その他にも、『000001』や『000005』などのひと桁番号、『123456』や『3456789』などの連番、『100000』、『400000』などの10万で割り切れる数字なども高値がつく可能性があります。

アルファベットとミスプリントも要チェック

旧紙幣にプレミア価値がつくケースは、製造番号の数字の並びに関連している場合が多いのですが、アルファベットやその他の要素は全く関係ないのかと言えばそんなことはありません。少なくとも、製造番号の頭と末尾がひと桁のAで構成されているA-A券は見逃せないところです。お札の製造番号は『A000001A』から始まり、末尾のアルファベットがZまで進むと『B000001A』 と頭がBになって末尾がAに戻ります。そして、頭のアルファベットがZまで進むと『AA000001A』と頭のアルファベットが2桁になります。つまり、A-A券は初期に作られた紙幣の証であり、希少価値が高いお札なのです。特に、『A000009A』などというひと桁番号のA-A券は大変な額で取引される可能性があります。次に、ミスプリントも見逃せない要素です。例えば、製造番号が印刷ミスで薄くなっているだけでも1万円札が5万円で取引されるケースもあります。また、左上と右下の製造番号が異なる場合も希少価値が高いとして額面の何倍、あるいは何十倍もの値段がつきます。さらに、お札の肖像画が裏面にもプリントされていたという例もあり、こうしたミスプリントのお札はレアケースなほど高額な値段がつく傾向があります。

価格を大きく左右する紙幣の状態

旧紙幣は現在流通している貨幣であり、普段受け取っているお金の中に価値のあるものが混じっているかしれないというサプライズな魅力があります。ただ、希少価値が高いからといって、それで必ず高値がつくとは限りません。プレミアム旧紙幣の価値は紙幣の状態によっても大きく左右されるからです。ピン札なら高値で取引されるプレミアム旧紙幣であっても、シワだらけのなると値段が大幅に下がるか、額面以上の値はつかなくなる場合もあります。したがって、希少価値の高そうな紙幣を見つけた場合は、シワや折り目がつかないように大切に保管しておくことが大切です。すでにシワだらけだった場合は、濡れタオルに包んで軽く湿らした紙幣を100度程度の低温アイロンにかけ、冷えないうちに本などを重石にしてプレスをしてみてください。うまくいくとシワが取れ、ピン札のようになる可能性があります。ただし、お札の隅にあるキラキラしている部分、ホログラムにはアイロンを当てないように気をつけましょう。非常に熱に弱いため、たとえ低温アイロンであってもホログラムが変質する可能性があります。もし、プレミア旧紙幣を売りたい場合は、専門店で相談するのがおすすめですが、旧紙幣を扱っている店舗が少ないのがネックです。しかし、現代では全国どこでも出張買取に応じるお店も増えてきたので、そうしたサービスをうまく活用するとよいでしょう。