造幣局が毎年発行している貨幣セットは通貨の未使用美品だけでなく、記念コインなども封入されており、バラエティ豊かなラインナップが楽しめます。その年限りで製造が終わってしまうからこそ希少価値が高く、コレクターからの人気も高いのです。ここでは、日本で販売されている貨幣セットの主な種類や歴史、気になる買取価格の目安についてご紹介します。

貨幣セットにはどのようなものがある?

貨幣セットとは、毎年新たに製造した通貨や記念コインが一組になっているものを指します。日本の貨幣セットは造幣局が販売元となっていて、ミントセットやプルーフセット、記念コインなどのセットが主なラインナップとなっています。ミントセットは、日本に流通している硬貨6種類(500円・100円・50円・10円・5円・1円)の新品と、年銘板という年号や干支が刻印されたコインとがセットになったものであり、毎年通信販売を中心に展開されています。プルーフセットは、ミントセットに納められているコインがプルーフコインという表面が磨かれた観賞用のコインになっているものであり、同じく年に1回販売されています。ミントセットもプルーフセットも、干支の年銘板だけでなく、アニメキャラクターや動植物などのモチーフが使用されることもあり、バリエーションに富んだラインナップとなっています。また、天皇即位の周年記念やオリンピック・万博などの大規模行事、法制定の記念などのタイミングで、特別デザインの記念コインセットが販売されることもあり、デザインの美しさや製造数によって高値をつけられることがあります。

貨幣セットの歴史を知ろう

貨幣セットが初めて日本で製造されたのは、昭和44年のことでした。当時は海外販売専用のセットとなっており、流通している硬貨の新品を詰め合わせたものでした。日本国内で景気が安定し、コレクター需要も高まってきたことから、昭和50年には日本国内向けにも貨幣セットが販売されるようになり、昭和51年には年銘板入りのセットが誕生します。コインの表面を磨いて美的価値を高めたプルーフコインのセットは昭和62年に販売されるようになり、貨幣セットのバリエーションも豊富になっていきます。貨幣セットは造幣局の併設ショップや通信販売、イベント会場などで購入することができます。いずれも製造数が決まっていて二度と増産されないため、希少価値の高いセットは高額をつけられることが多くあります。


貨幣セットの買取価格の目安とは

製造数の多い貨幣セットは額面通りの査定額をつけられることもありますが、製造数が少なければ査定額が高くなります。たとえば初めての貨幣セットである昭和44年のミントセットは価値が高く、約2万円の買取価格が目安となっています。また、ミントセットとプルーフセットを比較するとプルーフセットの方が高額をつけられる傾向があり、2010年以降のプルーフセットは1,500円?3,000円程度の買取価格です。記念貨幣セットも希少価値や美的価値に応じて高値がつけられており、天皇陛下御即位記念や新幹線鉄道開業50周年記念などは人気があるため査定額も高くなっています。