古紙幣はお金としての価値はないものの、コレクターの間で取引され、時には思わぬ高値がつく場合もあります。

旧1万円札や旧5千円札などの現在でもお金として使用できる古い紙幣には、何か特別な価値はあるのでしょうか。

基本的に額面以上の価値はない旧紙幣

現在でも流通している古いデザインの紙幣を旧紙幣と言います。

代表的なものとしては、聖徳太子の肖像画が描かれた1万円札や新渡戸稲造の5000円札などが挙げられます。

現在では発行されていないので高値で売れるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、基本的には額面以上の値がつくことはありません。

これは旧1000円札や500円札にも同じことが言えます。

例えば、500円札は最近ではあまり見かけなくなったものの、いまだ2億枚以上が流通していると言われています。

高値をつけるには現存枚数が多すぎるのです。そのため、500円札を業者に売りに行くと、買取ってくれるどころか、逆に両替手数料とられるケースがあるほどです。

ちなみに、500円札よりさらに古い100円札になると、希少価値も幾分高まり、1000円以上で買取ってくれる場合もあります。

ただし、それは未使用やピン札などの美品に限った話であり、しわだらけだったりすると、額面以上の価値は期待できなくなります。

100円札程度では、状態の悪いものに高値をつけるほどの希少性はまだまだないということです。

プレミアのつく製造番号

基本的に、額面以上の価値は期待できない旧紙幣ですが、例外もあります。ひとつは製造番号です。

紙幣には左上と右下にアルファベットと数字からなる番号が表示されていますが、その並び方が非常に重要な意味を持っています。

例えば、『888888』という具合に6桁の数字がすべて同じゾロメ目の旧紙幣は非常に珍しく、額面の何倍もの金額で取引されています。

伊藤博文の千円札が1万円以上で買取られ、ゾロ目の2000円札には10万円近い値がついたという例もあるほどです。

また、『411111』や『333330』などの5桁のゾロ目や、『177771』や『566665』といった同じ番号の間にゾロ目が組み込まれているサンドイッチ番号も6桁のゾロ目ほどではありませんが、額面より高い値で取引されています。

そして、忘れてはいけないのが、A-A券です。

お札の製造番号は『A000001A』から始まり、『A900000A』までくると末尾がBに代わり、「A000001B」となります。

さらに、末尾がZ までくると、次は『AA000001A』というように頭のアルファベットが2桁になります。

つまり、頭がひと桁のA で末尾もAという番号のお札は最初期に造られたことを示しているのです。

A-A券は希少価値が高いことから高値がつけられています。

特に、『A000009A』といった数字がひと桁のA-A券は非常にレアで、100万円以上の値がつく場合もあります。


所有している旧紙幣の価値を調べるにはメール査定がおすすめ

旧札の場合、特殊な番号以外にエラー札と呼ばれるものも高額で取引されています。

エラー札とは製造番号が薄くなっていたり、普通のお札よりも全体のサイズが大きかったりと、製造段階で何らかのミスがあったものを指します。

要するに不良品ですが、紙幣のミスは希少性が高いため、そこに独自の価値が生まれるのです。

特に有名なのが、左上と右下の製造番号が異なる2000円札で、これには10万円以上の値がつけられています。

このように、旧紙幣は同じ種類のものでも思わぬところに付加価値がある可能性があります。

旧紙幣を手に入れた時は、どこか変ったところはないかチェックしてお宝を逃さないようにしたいものです。

ただ、プレミアのついている紙幣でも、折れ目があったり、汚れていたりすると大幅に価値が下がってしまいます。

珍しいお札を見つけた場合は、ケースなどに入れて大切に保管するのがよいでしょう。

旧紙幣を売る方法ですが、現在では、写真と詳細をメールで送れば仮査定をしてくれる業者も増えてきています。

そこで、最初に複数の業者にメール査定を依頼し、その結果を見て売るかどうかを決めるのがおすすめです。

複数の業者に値段を出してもらうことで悪徳業者に買い叩かれる心配もなくなりますし、その紙幣の相場を知ることもできます。

売るかどうかを迷った時は、まずは気軽にメール査定を利用してみましょう。