古い紙幣には旧紙幣と古紙幣があります。旧紙幣とは現行のお札とは肖像画などが異なり、発行も停止しているものの、額面通りのお金として使用可能なものです。

一方、古紙幣とは古すぎてお金として通用しないものを指します。しかし、お金としての価値はなくても、場合によっては高額で取引される場合があります。そこで、古い紙幣の価値についてご説明していきます。

旧紙幣は額面以上の価値がつく場合もある

古紙幣に対して、現在でも流通している旧紙幣は現存数が多いため、基本的には額面以上の価値はありません。ただし、例外もあります。例えば、戦前に発行された紙幣です。戦前の紙幣は現存数が少ないため、現在使用可能なお金であっても高額で取引される場合があるのです。

しかも、同じ1円札でも肖像画が大黒天のものや二宮尊徳のものなどさまざまなタイプがあり、その種類によっても価値が変わってきます。中には、100万円以上で取引されるケースもあるため、古い紙幣が出てきた場合は、使用する前にどの程度の価値があるのか調べておいた方が賢明です。

また、旧千円札や旧1万円札のように、紙幣そのものには額面以上の価値がなくても、付加価値によって思わぬ高値がつく場合があります。お札の番号がゾロ目だったり、800008という具合にサンドイッチ番号だったりしてコレクターがレアものだと判断した場合です。他にも、印刷ミスの紙幣も希少性が高いとされ、高値で取引される要因となります。

古紙幣の価値は希少性と保存状態によって決まる

基本的にお金の単位が変わり使用できなくなったものが古紙幣です。例えば、5銭紙幣や10銭紙幣は1953年に『銭』の単位が廃止され、使用できなくなりました。

しかし、お金としての価値はなくなっても、古くて珍しいものに対してはコレクションとしての価値が生まれます。現に、5銭紙幣や10銭紙幣でも、現在では数千円程度で取引がされています。こういったものは古ければ古いほど価値あると思われがちですが、一概にそうとは言えません。重要なのは希少価値です。いくら古くても大量に発行され、現存数が多ければ、高額での取引は期待できないでしょう。

逆に、それほど古くはなくても現存するものがほとんどない紙幣に対しては、驚くほどの値段がつく場合があります。また、希少価値の次に大切なのが保存状態です。当然、状態がよいものほど価値は高くなり、製造当時の状態を保った、『完全未使用品』であれば、並の状態のものと比べて価値が10倍以上にも跳ね上がるケースもあります。


旧紙幣や古紙幣を高く売るコツ

古い紙幣を売る場合は、ネットオークションという手もありますが、写真や説明文のアップロードや取引成立後の発送などすべて自分で行わなくてはならないのがネックです。

それに、紙幣に関しては、折り目やシミなど細かい状態の違いによっても価格が大きく変わってくるので、本当の価値を判断してもらうには専門の買取店に持ち込んだ方がよいでしょう。しかし、専門業者であっても価値基準は人それぞれ異なるため、お店によって査定額に大きな開きがある場合があります。

査定額の安い店舗で売ってしまい、あとで後悔することを避けるためには、あらかじめネットで相場を確認しておくことが大切です。

また、最初に訪れたお店で売るのではなく、複数の店舗で査定を依頼して、条件のよい店で売るのがよいでしょう。ちなみに、買取がしっかりしているお店は、品揃えが豊富で、サービスも充実している傾向があります。例えば、出張買取サービスなどもそのひとつです。最近では出張買取に対応した専門買取業者が増えています。何軒もの店に持ち込むのは手間だと思う方はこの出張買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

旧紙幣と古紙幣の買取価格まとめ

旧紙幣と古紙幣の種類や買取相場の具体的な例をいくつか挙げて、価値や希少性について述べてきました。古い紙幣は種類も豊富で状態によっても買取価格が変わってきます。

もしもご自宅に古い紙幣があり価値がわからない場合は、一度査定を依頼してみることをおすすめします。もしかしたら驚きの査定額を提示してもらえるかもしれません。