二分金は江戸時代後期から明治初期に流通したお金で、現代の貨幣価値に換算して3万円~10万円ほどに相当します。もちろん、現在ではお金としては利用できませんが、古銭コレクターの間では人気が高く、高値で取引されるケースもあります。そこで、二分金の種類と買取額の目安についてご説明します。

二分金の種類と価値

江戸時代の貨幣で一般にも有名なのは、1両小判ですが、二分金はその半分の2分の1両にあたります。ちなみに、幕府関連資料に基づく正式名称は二分判です。二分金が最初に鋳造されたのは1818年のことで、これを真文二文判と言います。その後も、幕末までに草文二分判、安政二分判、万延二分判と次々と新しい二分金が作られていきました。そして、明治元年に明治二分金が鋳造され、これが最後の二分金となります。このように、全部で5種類の二分金があるわけですが、状態に差がなければどのタイプも買取価格に大きな差はありません。ただし、明治二分金だけは話は別です。明治二分金と万延二分金は、刻印の『分』の文字にはねがあるかないかの違いだけで、見た目はほとんど同じです。しかし、明治二分金は飛び抜けて現存数が多いため、他の二分金が数万円で買取られているのに対して、せいぜい数千円の値段しかつかないのです。このように、古銭の場合は希少性の高さがその価値を大きく左右します。

思わぬ価値を生むエラー貨幣や密鋳品

現代のお金でも、穴のない50玉のようなエラーコインは高値がつく場合がありますが、それは古銭にも同じことが言えます。希少性の高いエラーであればそれだけ評価価格も高くなります。二分金で言えば、有名なのは逆打ちです。表と裏の刻印の向きが逆になっているというもので、状態のよいものであれば10万円以上で取引される場合があります。特に、草文二分判の草書体の刻印が逆打ちになっているものは、70円万以上の値がついた例があるほどです。しかし、逆打ちの二分金以上に取引額が高いのが筑前二分金です。これは正式な二分金ではなく、福岡藩で密造されたものだと言われています。要するに、偽金であり、模造品は価値がないと思われがちですが、実際には、美品であれば数百万円の値がつく超プレミア品です。他にも、会津銀判や甲州金などの地方貨幣で高値がつくものはありますが、筑前二分金はその代表的存在だと言えます。


二分金を高く売るコツ

二分金は古銭として高い価値を有していますが、実際に高値で買取ってもらうためにはいくつかのコツが必要です。まず、汚れていても決して洗ったり、磨いたりしてはいけません。普通の中古品は買取に出す前に、なるべくきれいな状態にしておいた方が高い査定額が期待できるものです。しかし、生成から100年以上も経過した金属は非常にデリケートな状態にあります。わずかな刺激が劣化を招き、骨董価値を大きく下げてしまう場合があるため、二分金に限らず、古銭はなるべくそのままの状態で査定に出すのがベストです。次に、買取りに出す古銭が以前専門店から購入したものならば、鑑定書やケースなどの付属品はなるべく揃えて買取店にもっていきましょう。付属品が揃っていることで査定額がかさ上げされる場合があります。そして、最も大切なのは業者選びです。古銭を正確に鑑定するのは非常に難しいため、業者によっては同じ品でも1000円と査定する場合もあれば10万円と査定するケースもあります。そのため、買取の際には複数の業者に査定をしてもらうのが大切です。ただ、古銭の買取店は店舗数が少ないため、何軒も回るのはかなり手間がかかります。そこで、おすすめなのがネットでの査定です。現代では、古銭の写真をメールで送れば仮査定をしてくれる業者も増えています。したがって、ネットで複数の業者に見積もりを依頼し、査定額が高かったところで改めて実物を見せて鑑定をしてもらうのが得策です。