昔に製造された車や美術品などの中には価値が見直されたり、希少価値が付いたりすることで、現代において高額で取引されている物もあります。古いお金もそのうちの1つで、旧貨幣は種類や保存状態によって驚くほどの高値がつきます。ここでは、「明治通宝」という日本の旧紙幣について解説します。

明治通宝とは?

明治通宝とは、明治時代の初期に発行された政府紙幣のことです。明治維新によって新政府が誕生した当時は、日本では府県札、太政官札、為替会社札などといったさまざまな紙幣が使われていました。これらの紙幣はそれぞれに発行元が異なるため価値に統一性がなく、製造技術も未熟だったため偽造紙幣が多く出回っていたのです。この問題を早急に解決しなければならないと考えた明治政府は、価値を統一した共通通貨である「円」の導入を決定しました。それが明治通宝です。日本は当初イギリスに新紙幣の製造を依頼する予定でしたが、ドイツから偽装防止に効果的な印刷技術があると売り込みがあり、最終的に日本政府はドイツのドンドルフ・ナウマン社に新紙幣の製造を発注しました。そのため、明治通宝は別名「ゲルマン札」と呼ばれることもあります。偽造防止効果が売りだとされた新紙幣でしたが、ドイツから届いた実物は完成度が低く、結局は日本で偽造対策を別に施してから発行する運びとなりました。

明治通宝の種類と市場価値

明治通宝には、100円、50円、10円、5円、2円、1円、半円、20銭、10銭という9つの種類があり、紙幣ごとに製造数も違います。少額紙幣の製造数が多く、高額になるほどその数は少なくなっていきます。それゆえに、現在の市場価格も高額紙幣ほど高騰している傾向が見られます。10円、5円あたりになると価値はかなり高く、保存状態のいいものなら100万円以上で取引されることもあるようです。そして、非常に希少性が高く取引事例もほとんどない100円や50円の明治通宝なら、市場価値は数千万円だと言われています。ただし、明治通宝は印刷に使用されたドイツの紙が日本の気候に合わなかったために傷みや変色が起こりやすく、良好な状態を保ったものを見つけるのはなかなか難しいでしょう。


もし明治通宝を持っていたら

もし何かの縁で明治通宝を手に入れた場合は、すぐに適切な方法で保存しましょう。基本的な保存方法ですが、まずは明治通宝に皮脂や汗を付着させないよう手袋をつけてから作業を始めます。そして、シワや折れができないよう細心の注意を払いつつ専用のケースに入れ、脱酸素剤や乾燥剤と一緒に保存しましょう。保管場所は直射日光や照明の当たらない冷暗所を選んでください。劣化の原因である酸素や湿気や紫外線から、紙幣を遮断することが重要になります。しかし、どれだけ入念に保存管理を徹底したとしても、紙幣の劣化を完全に止めるのは困難です。管理に自信がないという方は古銭を専門的に扱っている業者に相談してみるのもいいでしょう。また、旧貨幣を収集する趣味がないという方なら、専門業者に買取を依頼するのも1つの選択肢です。旧貨幣は保存状態によって価値が大きく変動するため、売却を考えているのであれば劣化が進まないうちになるべく早く決断しましょう。