明治時代の紙幣は古紙幣として高い価値があることが知られていますが、神功皇后の肖像画が描かれた改造紙幣もそのひとつです。特に、5円札や10円札には大変な値段がつく場合があります。具体的にどの程度の価値があるのでしょうか。詳しく説明します。

明治通宝の代替品として製造された改造紙幣

神功皇后の改造紙幣は、1881年に発行された日本初の肖像画入り紙幣です。なぜ改造紙幣と呼ばれているかといえば、以前に流通していた明治通宝の欠点を改良した紙幣だからです。明治通宝は初めて海外の印刷技術を取り入れて造られた近代的な紙幣でしたが、問題点も少なくありませんでした。まず、額面が10銭から100円の9種類もあったにも関わらず、サイズもデザインも同じだったのです。そのため、額面の変造が後を絶ちませんでした。また、明治通宝はドイツに発注して日本へ輸入したドイツ製の紙幣なのですが、材料として使われた洋紙が湿気の多い日本の気候には合わず、劣化しやすいのも問題でした。そこで、改造紙幣には和紙を用い、偽札が造りにくいようにさまざまな工夫を凝らしています。まず、額面ごとにサイズやデザインを変え、10円紙幣と5円紙幣にはすかしを入れています。しかも、紙幣の表面には偽造罰則の文言まで掲載するという念の入れようです。また、精巧な肖像画を取り入れたのも偽札造りの難易度を上げるためです。ちなみに、改造紙幣の原版を彫刻したのはイタリアの画家であり、神功皇后の肖像画が少し西洋人風なのはそのためです。

改造紙幣の現在の価値

当時の最新技術を投入して製造された改造紙幣は、素晴らしい出来だったものの寿命は意外に短いものでした。1882年に日本銀行が開業し、日本の紙幣はすべてここで発行することになったのです。そのため、改造紙幣を含む従来の紙幣は1899年にすべて廃止となりました。そういう経緯もあって現代では、改造紙幣は希少価値の高い古紙幣として高値で取引されています。しかも、紙幣というのは基本的に額面が大きいほど発行枚数が少ないので、必然的に現存枚数も少なくなって高値がつきやすくなります。改造紙幣は『20銭』『50銭』『1円』『5円』『10円』の5種類がありますが、最も価値が低いのが20銭券であり、完全未使用品の販売価格は5万円といったところです。それに対して、5円券なら200万円程度、10円券なら250万円程度の値がつく可能性があるのです。


古紙幣を高く売却するコツ

額面が5円や10円の改造紙幣は確かにかなりの高値で取引されていますが、200万円や250万円という値がつくのは、あくまでも完全未使用品の場合です。これが並品になると、70万円程度と大きく値を落とします。70万円でも高値には違いありませんが、180万円という価格差は古紙幣の価値において、状態の良し悪しがいかに大きな比重を占めているかを示しています。改造紙幣に限らず、古紙幣を入手した時には直射日光が当たらず、湿度や温度の安定している場所で保管するのがおすすめです。また、売却する場合は、ネットオークションで値段の高騰を期待するのもよいですが、やはり専門業者に査定を依頼するのが無難です。古紙幣の価値は保存状態で多くが決まるため、その判別は専門家でなければ難しいものがあります。そして、少しでも高く売却したいのであれば複数の業者に査定してもらい、一番高値を提示したところに売るのがよいでしょう。もし、近くに専門店がなく、何軒も回るのが大変という場合は、メール査定という方法があります。紙幣の写真をメールで送れば仮査定をしてもらえるというもので、利用することで所有している紙幣にどの程度の値段をつけてくれるのかが家にいながらでも一目瞭然です。