外国コインをできるだけ高額で買取してもらうためにはどうしたらいいのだろうと悩んでいる方はいませんか? 外国コインの高価買取に必要なのは、金貨の相場を知ること、高値で買取してくれる買取業者を探すこと、外国コインが高値で買取してもらえる保存状態であること、この3つが大切です。 この記事を最後までいただければお持ちの外国コインを納得のできる価格で売却できるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

外国コインって買取してもらえるの?

外国コインとは、海外のさまざまな国で発行された金貨や銀貨・銅貨などの硬貨のことです。現在流通しているものもあれば、現在はもう作られておらず、手に入りにくいアンティークの古いコインもあります。ほかにも何かの記念でつくられた記念貨幣などもあります。 各国の造幣局で作られた金貨は素材の質や信用性も高く、なおかつ収集目的にもなるので買取市場はとても活発で人気があります。                     

外国コインの種類は大きくわけて2種類

外国コインは大きく分けて地金型金貨と収集型金貨の2種類があります。地金型金貨と収集型金貨では目的や特徴が全く異なります。2種類の金貨について詳しく説明していきます。

地金型金貨

地金型金貨とは、投資用に発行されている金貨です。 海外では戦争や国の政治の問題でスーパーインフレが起こり貨幣の価値が価値が急激に下がったり、価値がなくなってしまったりすることがあります。リスク回避の観点から金貨を投資として購入する人がいるのです。 地金型金貨は純度の高い金貨で、金相場によって価格が変動します。

収集型金貨

収集型金貨は売ることを想定しておらずコレクションすることが目的です。 コレクションには目的があって、好きな時代があってその時代のコインを集めていたり、国別、素材別、好きな人物・デザインなど、好きなジャンルを中心に集める人もいます。オリンピックや万博博覧会など国際的な行事や国家の行事を記念して発売される記念金貨もコレクターが多い収集型金貨に含まれます。 アンティークコインをペンダントトップにつけるなど、ファッションに使用することもあります。        

価値の高い外国コインの種類と買取相場

価値の高い外国コインの種類と買取相場 外国コインは歴史も長く、種類やデザインも豊富です。その中でも、高価買取をされている価値の高い外国コインの種類と買取相場をまとめました。 知っていてほしいことは、金貨の価値は金相場の影響を大きく受けるということです。金貨の状態が良くないものを除いて、だいたい地金相当の金額になります。 外国コインは数や種類も豊富で正しい価値を知っている買取業者は多くありません。ご自身が正しい価値を知っておくことで、より上手に買取交渉ができるようになります。ぜひ参考にしてください。 ちなみに、金貨はg(グラム)ではなく、oz(オンス)で表示されます。1ozは約28.3gです。

メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ金貨は、金の純度が99.9%とかなり高いこと、発行している国がカナダで信頼性が高いことから、投資家に人気の外国コインです。流通量世界一で信頼度の高い有名な金貨なので換金するときもスピーディーです。 金貨の価値は金の純度と重さ、その日の取引金額によって毎日変動があります。 メイプルリーフ金貨はトロイオンス別に5種類あります。
1oz(28.3g) 1/2oz 1/4oz 1/10oz 1/20oz
(額面)50ドル 20ドル 10ドル 5ドル 1ドル
20万円前後 10万前後 5万前後 2万円前後 9000円前後
これはどの外国コインもk24で金の純度が99.9%あるとだいたい同じような価格になるので目安として参考にしてください。

カンガルー金貨

1986年西オーストラリア州政府造幣局が発行したのがカンガルー金貨です。地金型金貨で表面はイギリス女王エリザベス二世の肖像、裏面は毎年変わるカンガルーデザインになっていて、収集型金貨としても人気です。 金貨のサイズは、定番の1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスのほかに1㎏と2010年より発行開始した0.5g(Mini ROO)があります。金99.9%、24k相当です。
1oz 1/2oz 1/4oz 1/10oz 0.5g 1kg
19万~20万 10万前後 5万前後 2万円前後 3000円前後 600万超

ダカット金貨

ダカット金貨は1284年イタリアのヴェネツィアで誕生しました。ヴェネツィアだけでなく国際貿易を行っている色々な国で発行し、ヨーロッパ国際貿易の基本硬貨として使われていた金貨です。 1ダカット金貨と4ダカット金貨があり、発行する国によってデザインが異なります。発行した国、額面や金の含有量によって買取価格は多少異なります。 買取価格の目安としてはオーストリア政府が発行するk23の4ダカット金貨は約8万円程、1ダカット金貨2万円ほどです。

ナポレオン金貨

1857年にフランス発行のナポレオン硬貨は金90%銅10%と金の純度は少し低い金貨です。デザイン豊富でミントマークによって製造局を特定することもできます。 大量に製造・流通していたので、ミントマーク・プリヴィマークの種類や発行年によって価格は多少変動しますが、基本的には金の地金価格に合わせた価格での買取になります。 種類、流通数が多いので、金の含有量で買取額を計算すると買取価格の目安になります。   

ウィーン金貨

オーストラリア政府が品質を保障する金貨で金の純度は99.99%ととても高い金貨です。 ウィーン商工会議所が認める高品質の称号であるウィーンプロダクツに認定されています。15枚限定の1000トロイオンスの硬貨もあります。発売当時世界最大の金貨で販売価格は約6千万円というのですから驚きです。 1ozのウィーン金貨は他の1oz金貨に比べるとサイズが大きく見栄えが良く人気があります。
1oz 1/2oz 1/4oz 1/10oz
(額面)100ユーロ 50ユーロ 25ユーロ 10ユーロ
20万円前後 10万前後 5万前後 2万円前後

ルイドール金貨

17世紀から18世紀にフランスで発行された金貨です。金91%に銀が混ざっています。 ルイ14世のルイドール金貨は8万円から10万円で買取されていますし、フランス革命の後1793年発行のルイドール(24リーブル)であれば100万以上の値が付くこともあります。 

クルーガーランド金貨

南アフリカ共和国の造幣局発行の金91%に銅が含まれた22kの金貨。銅が入っていることで赤みのある金色で強度も少し高く傷つきにくくなっています。 1oz,1/2oz,1/4oz,1/10ozの4種類が発行されていてクルーガー大統領の横顔をあしらった金貨です。 1ozクルーガーランド金貨が19万前後が買取相場になります。 22kですが、買取業者によっては24kの金貨と同様の価格で買取されていることもあります。 

ナゲット金貨

オーストラリアのパース造幣局が発行した純度99.99%の純度をほこる24k金貨です。ナゲット金貨は1986年~89年まで製造されていましたが、カンガルーにデザインを変更し、名前もカンガルー金貨となりました。 ナゲット金貨もカンガルー金貨同様、純度の高い金貨なので金の買取金額によって価格が変わります。     
1oz 1/2oz 1/4oz 1/10oz 1/20oz
(額面)100ドル 50ドル 25ドル 15ドル 5ドル
20万円前後 10万前後 5万前後 2万円前後 9500円前後
   

ソブリン金貨

イギリスの法定貨幣で、世界恐慌が起こる1929年まで国際通貨として使用されていました。表記がオンスではなくグラムになっています。1oz=28.3gなので注意しましょう。金91.7%の22kです。古いものはアンティークコインとしても人気です。         
39.9g 15.9g 7.9g 3.9g
(額面)5ポンド 2ポンド 1ポンド 1/2ポンド
20万円~23万 10万前後 5万前後 2万円前後

イーグル金貨

イーグル金貨はアメリカ合衆国で発行された地金型金貨です。1oz,1/2oz,1/4oz,1/10ozの4種類が発行されています。 外国コインは24kが主流ですが、イーグル金貨は22kで、金の純度91.7%なので純度の高い金貨に比べると価格は下がります。 自由の女神とアメリカの国鳥であるイーグルが浮き彫りにされているアメリカらしい金貨です。 買取相場は1オンス16万~18万ほどです。24k金貨よりも少し低い金額を目安にすると分かりやすいでしょう。

外国コインを売却する方法

外国コインを売却する方法には大きく分け2種類、ネットオークションやフリマアプリを使って自分自身で売る、もしくは専門の買取業者に買取に来てもらう、もしくは買取の店舗に売りに行く方法です。 メリット・デメリットや特徴について詳しく説明します。

ネットオークション・フリマアプリ

  服や日用品まで、揃わなものなんてないくらいたくさんのモノが売買されているフリマアプリです。  
  • ・コインの状態が悪くてもまとめて販売することができる。
  • ・売れるまで時間がかかる。
  • ・送料・発送・メッセージのやり取りなどの手間がかかる。
  • ・金貨の価値が分からない人が多い。
  • ・運が良ければ競り合って高額になる可能性もある。
  外国コインに関しては圧倒的にデメリットが多いです。

買取業者

買取業者に買取をお願いしたときのメリット・デメリットは
  • ・多くの場合、無料で出張買取に来てもらえる。
  • ・店舗に持ち込みも可能。
  • ・即金での買取も可能。
  • ・金貨の知識をもった専門スタッフが鑑定してくれる。
  • ・業者によって買取価格が異なる。
  • ・人と会う必要がある。
などです。 せっかく持っていた外国コインを売るのであれば価値の分かる人に鑑定してほしいですよね。 即金で買取してもらえるのはとても大きなメリットではないでしょうか。

外国のコインを高く売りたいなら鑑定書もつけよう

日本のコインであれば日本貨幣商協同組合(JNDA)で鑑定書を発行してもらうことができますが、外国コインはそうはいきません。 外国コインは種類も多く、偽物や偽造もたくさん出ています。買取業者の中には古銭専門の鑑定士が不在の場合もあります。 そんなとき、鑑定書があればスムーズに正しい価値を鑑定してもらうことができるのです。それをレコーディングといいます。 外国コインは国際的第三者鑑定機関のグレーディングコインかそうでないかで査定が変わってきます。鑑定してもらったグレーディングコインは特殊なプラスチックケースに入っていてコインの品質が明記されているので、信頼度も高く鑑定もスピーディです。

まとめ

今回は、外国コインの気になる買取相場と売りたい時に役立つ情報についてご紹介させていただきました。 外国コインや金貨は金の市場相場の変動によって価格が日々変動します。明日上がるのか下がるのか予想することは難しく、専門の鑑定士でも予想することはほぼ不可能です。 もし、手元にある外国コインを売ろうかなと思ったら、ぜひ専門の買取業者にご相談ください。数社に見積もりをしてもらうことも可能です。ここでだったら売ってもいいかなと思える業者が見つかるといいですね。