大判_買取 江戸時代を中心に鋳造された大判は、古銭の中でも特に高値で取り引きされています。 ただ、「自分が持っている大判は、どれくらいの価値があるんだろう?」「どんな種類の大判が高い値段で取り引きされているんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? そこで今回はそういった方へ向けて、江戸時代に発行された大判の特徴と買取相場、高値で買い取ってもらうための保存方法などについて解説していきます。 この記事を読めば、大判の特徴や買取相場について確認できるので、あなたの大判をできるだけ高い値段で買い取ってもらうことができるか見ておきましょう。  

大判とは 買取における人気はどれくらい?

大判とは、金塊を叩いて伸ばした楕円形で大型の延金のことを指します。金貨として発行された大判は、1588年(天正16年)に豊臣秀吉が後藤四郎兵衛に製造を命じたものが初めてです。その後、時代は江戸時代へと移りましたが、1862年(文久2年)まで後藤家が大判を鋳造し続けました。   大判は小判とよく似ていますが、小判に比べて値段が高いのが一般的です。その理由の1つとして、墨書きが記されていることが挙げられます。大判一枚一枚に墨で後藤家が鋳造していることを証明する書名が記されたのです。大判は希少価値の高いもので数百万円~数千万円という値段が付く可能性もあります。  

大判の種類と買取相場

以下では、江戸時代に鋳造された大判の種類と買取相場を紹介します。  

慶長大判

慶長大判は、1601年(慶長6年)に発行が開始されたものです。慶長大判は贈答や、主君から武士への賞与を目的として発行されたといわれています。慶長大判は、「慶長笹書大判金」や「明和大判」など様々な種類に分けられますが、いずれも値段が高いのが特徴です。買取相場は種類によってそれほど大きくは変わりません。ただし、明暦の大火の被害を受けた大判については、買取価格が低くなる可能性があります。 慶長大判の買取相場は、およそ30,000,000円前後だといわれています。  

万延大判

万延大判は、1860年(万延元年)に鋳造が開始されたものです。万延大判は、「新大判」とも呼ばれた新しい時代を切り開いたといえるでしょう。それまで鋳造されていた大判は主に恩賞を目的として使われるものでしたが、万延大判以降は貨幣として流通させることも想定して鋳造されました。そういった理由から、金の含有量は今まで鋳造されていた大判の2分の1程度とあまり高くなく、買取相場も他のものに比べれば低くなる傾向があります。   万延大判の買取相場は、およそ500,000円~2,000,000円だといわれています。  

天保大判

天保大判は、1838年(天保9年)に鋳造が開始されたものです。同時代に流通していた他の貨幣よりも金の含有量が多かったことから、「吹増大判」や「吹継大判」などとも呼ばています。天保大判は高値で取り引きされており人気が高い大判です。理由としては金の含有量が多いことが挙げられます。また、「花押」の墨書のコンディションが良ければ、さらに高値で取り引きされる可能性もあるでしょう。   天保大判の買取相場は、およそ7,000,000円前後だといわれています。  

天正大判

天正大判は、1588年(天正16年)に鋳造が開始されたものです。天正大判は豊臣家の時代に鋳造された大判で、他の大判に比べて希少価値が高いとされています。特に、豊臣家が始めて鋳造を命じた大判である「天正菱大判」は、この世にわずか6枚しか現存していない といわれており、その買取相場は7,000万円~1億円ほどです。その他の種類の天正大判も天正菱大判ほどではありませんが、1,000万円は割らないでしょう。   天正大判の買取相場は、およそ10,000,000円~100,000,000円だといわれています。  

享保大判

享保大判は、1725年(享保10年)に鋳造が開始されたものです。享保大判は、江戸時代に鋳造された他の大判に比べて金の含有量が多いというのが特徴です。また、1725年から1800年初頭までの長期に渡って鋳造されたことも特徴として挙げられます。鋳造期間が長いため、後藤家の何代にも渡る墨書が見られますが、中でも鋳造され始めた当初の12代の墨書が書かれているものは特に高い値段が付く可能性があります。   享保大判の買取相場は、およそ1,000,000円~3,000,000円といわれています。  

元禄大判

元禄大判は、1695年(元禄8年)に鋳造が開始されたものです。1700年代の初頭まで鋳造されました。元禄小判および元禄丁銀の発行にともなって、元禄大判の金の含有量も下げて発行され、およそ30,000枚が鋳造されたといわれています。ただし、現存する本物は数が少なくなっており、希少価値の高い大判です。元禄大判の本物であれば、高い値段が付く可能性は大いにあるでしょう。   元禄大判の買取相場は、およそ数千万円だといわれています。  

価値の高い大判は「墨書」が残っているもの

大判に高い価値が付く1つの基準となるのが、「墨書」です。製造初期に後藤四郎兵衛家が記した「墨書」が綺麗に残っているかどうかが判断基準となります。ただし、同じ後藤四郎兵衛家の墨書でも、製造後に直し書きしたものは買取額が下がってしまう可能性があるので注意が必要です。   また、後藤四郎兵衛家以外の人間が書き足すというケースもよく見受けられます。この場合は、直し書き以上の大幅な価値低下の要因となってしまいます。   買取の値段が上がるかどうかは、「墨書」が本物かどうかによって大きく変わってきます。また、本物であっても綺麗に残っているかどうかで価値が変わってくるので、保存状態に気を付けることも非常に大切です。  

大判をなるべく高く買取してもうらために

最後に、大判をなるべく高い値段で買い取ってもらうためのポイントを紹介します。大判は値段の高い古銭ですが、気を付けないと値段を下げてしまうかもしれません。以下で紹介する2点に気を付けて、お持ちの大判を高く買い取ってもらえるようにしましょう。  

保存状態に気をつけて保管する

保存状態が良い状態とは、汚れのない綺麗な状態を指すわけではありません。つまり、洗浄したり磨いたりした大判の買取価格が上がるとは限らないのです。   むしろ、洗浄したり磨いたりすることによって「墨書」が薄くなってしまうと、買取価格を下げる原因となる可能性があります。表面に付いているホコリを優しく払い落すくらいに留めておきましょう。  

大判はレプリカが多いため鑑定書があれば査定額アップの可能性あり

お持ちの大判に鑑定書が付いていれば、査定額が上がる可能性があります。なぜなら、鑑定書が付いていれば、その大判が本物であるという証明になるからです。   大判には、レプリカや偽物も多く出回っています。鑑定書がなくても買取することはできますが、鑑定書がある場合は必ず鑑定書とセットで査定に出すようにしましょう。

大判の買取実績

大判の買取実績①

大判の買取実績
  • 買取エリア:兵庫県
  • 買取金額:¥300,000

大判の買取実績②

大判の買取実績
  • 買取エリア:東京都
  • 買取金額:¥130,000

大判の買取実績③

大判の買取実績
  • 買取エリア:大阪府
  • 買取金額:¥201,500

大判を買取されたお客様の声

お客様の声:茨城県 つくばみらい市 70代 女性 すごく良かったです。ありがとうございました!!とても安心できました。雰囲気が良かったんでね。説明もわかりやすく話してくれました。これからも頑張ってください!!

まとめ

今回は、江戸時代に鋳造された大判の特徴と買取相場、高値で買い取ってもらうための保存方法などについて解説しました。   本記事の要点は、以下のとおりです。  
  • ・大判とは、金塊を叩いて伸ばした楕円形で大型の延金のこと
  • ・大判の中には、10,000,000円以上で買取されるものも少なくない
  • ・大判は過度に手入れをせず、鑑定書とセットで査定に出す
    大判は古銭の中でも、かなり高値で取り引きされる部類のものです。この記事を参考にして、あなたが所持している大判の特徴や買取相場について把握し、できるだけ高い値段で買い取ってもらいましょう。