自宅に古くなって使わなくなってしまったお金が眠っているという方もいらっしゃることでしょう。そのようなお金は自分では使わない為全く価値がないように感じるものですが、実は査定をしてもらうとすごく価値のあるものである場合があります。

それらのお金は古銭と呼ばれており、昔使われていたが今現在は使わなくなったお金になりますが、これらの古銭は自分自身では値段の判断が難しいものです。例えば当時の古銭の価値が100円程度の価値だったものが、状態などによっては数倍から数十倍の価値になっている場合もあります。

そんな自宅に眠っている古銭、そして自分自身では価値が分からない古銭は専門の買取業者に査定をしてもらうのが一番になります。とは言っても全く知識がない状態ですと、安く買取られてしまったりしてしまうこともあります。

値段は同じものであっても状態や、紙幣の場合には番号によっても価値が異なりますが、ここではそんな古銭の買取の基礎的な知識から、どのようにして値段が決められているのかまでをご紹介していきますので、自宅に古銭が眠っているという方は、是非参考にして、損をすることなく買取をしてもらいましょう。

古銭の買取では歴史的価値も重要

古銭とは昔使われていたけれど、今現在は使うことができなくなった古いお金のことです。これらの古銭は当時のお金としての価値は安かったとしても、歴史的価値が高いことなどの理由から、当時のお金としての価値の何倍もの価値が付いているものがあります。

しかし、いくら歴史的価値が高いとは言っても実際にお店などで使うという事はあまりありません。そのため手元に持っていたとしても使うことができませんので、買取に出してしまうのが最も良いでしょう。

また古銭は古いものですので、かなり汚れていたり状態の良くないものであることが多いです。素人目には買い取ってもらえないと感じるかもしれませんが、自分では価値がないと思っていても、査定に出してみたら思わぬ高額買取となる場合も少なくありません。

ただし、査定に出す際に注意をしてもらいたいのですが、それぞれの種類の買取相場というものがあります。しかし古銭の価値に詳しくないと持っている古銭がいくらになるのかを知るのは難しいため、しっかりと古銭に関する知識を持った業者を探した上で査定をしてもらうようにしましょう。

特に古銭の専門買取業者であれば、古銭に関する知識を持った査定員が多く在籍していますので安心して依頼できます。

古銭買取の基礎知識

自宅に眠っている古銭を買い取ってもらいたいと考えている方もいらっしゃることでしょうが、そもそも買取をしてもらえるものや、どのような流れなのかなどを知らないという方も多いことでしょう。

まずは、どんな古銭が買い取ってもらえるのかという事ですが、さすがにどんなものでも大丈夫と言うわけではありません。 ボロボロになり過ぎていて、原形をとどめていないようなものは買い取ってもらう事は難しいでしょう。

また一般的なリサイクルショップでは買取をしていない場合もありますので、もしも査定に出す場合には古銭を取り扱っている業者を探すようにしてください。 そして査定をしてもらうのですが、その際には歴史的価値が高いことなどが査定には重要になります。それに加えて保存状態などもチェックされるのですが、やはり保存状態の良いものの方が評価は高くなります。

保存状態が良い古銭は表面に汚れが少ないため綺麗なものなどありますが、だからといって薬品などを使って汚れを取り除くと価値がなくなる恐れもありますので、基本的に古銭のクリーニングは絶対にやめましょう。

ですので、査定に出す前には柔らかいタオルなどで軽く汚れやほこりを取り除く程度にして、後は専門家に任せるようにしてください。


古銭買取における査定ポイント

古銭を買取査定に出す際に、最も気になるのはいったいいくらぐらいの値段が付くのかという事ですが、ここでは、査定のポイントについてご紹介していきます。

買取と聞くと多くの方がイメージするのはブランド物のバッグや財布などのファッションアイテムでしょう。ですので、これらの物に関してはどのようにして査定をしているのか想像が沸きやすいでしょう。

しかし、古銭と言われてもどのように査定をしているのかと聞かれても分からない方が多いと思います。 査定のポイントですが、まずは発行枚数が少ないことなどのレア度、それに加えて保存状態なども加えて総合的に判断をしていきます。

またニーズの多い古銭の方が査定額としては高額になりやすいのですが、発行枚数が多い場合にはあまり高額な値段が付かないことがあります。

古銭は専門的な知識を持っている専門業者に査定をしてもらい、買取をしてもらうようにしてください。

高価買取されている古銭

今現在使われているお金はそれぞれの種類ごとに銀行によって価値が決められています。そして昔使われていた五百円札などは今現在も使用することはできます。 ですので、そのままの価値でお店で使用をしても良いのですが、これらのお金を今の金額で使用するのはもったいないことです。

なぜなら昔使用されていた古銭は、現在は希少価値がついている可能性もあるため、額面以上の金額になる可能性があるからです。 では、実際に高価買取されている古銭にはどのようなものがあるのでしょうか。最も重要となってくるのは発行枚数になります。 単純に発行枚数が少なければ希少価値も高くなりますので、高価買取される対象になりますが、他にも高価買取されるものがあります。

それはエラーコインと呼ばれるものになります。エラーコインとは具体的には穴が開いていないものや、穴がずれているもの、刻印がずれているものなどになります。 通常の商品であれば不良品としてしか扱われない製造ミスですが、お金になると希少価値が高いことから高価買取の対象として取引されるようになります。

このエラーコインに関しては、今現在使われているような小銭や紙幣であっても、そのお金の値段以上の価値がつくことがあります。 ましてや希少価値の少ない古銭がこのようなエラーコインであれば、さらに価値は上昇すること間違いありません。

さらに紙幣の場合、番号が割り振られているのですが、プレミアの付く紙幣は、番号において数字6桁がすべてそろったゾロ目の同じ数字が並んでいたり、「123456」などの連番のように数字の順番が綺麗に並んでいる場合などには高価買取されます。

種類別による古銭の買取相場

古銭の買取相場をいくつか具体的に見ていきましょう。江戸時代の古銭から近現代に至るまでの様々な古銭、さらにはエラーコイン等も明記いたします。

小判

古銭の種類買取相場
元禄小判元禄8年(西暦1695年)から流通が開始され、買取相場としては200万円以上に及ぶ可能性があります。
天保小判天保8年(西暦1837年)から流通が開始され、状態にもよりますが、買取相場は10万円~数十万円になります。
享保小判正徳4年(西暦1714年)に発行され、買取相場は数十万円になります。

大判

古銭の種類買取相場
天正大判天正16年(西暦1588年)に初めて鋳造され、買取相場は約100万円~1億円といわれています。
慶長大判慶長6年(西暦1601年)より発行され、慶長笹書大判金や明和大判など約8種類に分類されます。買取相場は、慶長笹書大判金であれば2000万円以上になる可能性があります。
元禄大判元禄8年(西暦1695年)に発行され、買取相場は数百万円以上になる可能性があります。

記念硬貨

古銭の種類買取相場
東京五輪記念硬貨日本初の記念硬貨で、1964年の東京オリンピック大会を記念して発行された銀貨です。1000円銀貨と100円銀貨の2種類が存在しますが、買取相場は額面の2倍~3倍以上になります。
大阪万博記念硬貨1970年の大阪万博の開催を記念して発行された額面は100円も硬貨で、買取相場は数百円です。
天皇陛下御即位記念硬貨1990年~1991年に500円の銅貨と10万円の金貨が発行され、銅貨の買取相場は1000円前後で、金貨の買取相場は10万円以上になる可能性があります。
沖縄復帰20周年記念硬貨1972年に沖縄がアメリカから返還されてから20年が経過したのを記念して1992年に発行された500円銅貨です。買取相場は約1000円前後です。

硬貨

古銭の種類買取相場
昭和32年発行の5円硬貨買取相場は額面の約100倍の500円前後になります。
昭和33年発行の10円硬貨買取相場は約100円です。
昭和62年発行の50円硬貨買取相場は8,000円前後になります。
平成13年発行の100円硬貨買取相場は約300円です。

エラーコイン

エラーコインには、5円や50円の穴なしや穴ずれ、模様がずれて刻印されてしまった刻印ズレや表面の模様と裏面の模様の角度がずれてしまった角度ズレがあります。

さらには両面が同じ模様になってしまった影打ちエラーや素材の金属の状態により一部がめくれがあったり、余計な金属の塊がくっついてしまったヘゲエラーなどいくつか種類がありますが、中には100万円を超えるようなエラーコインも存在します。

古銭買取の値段まとめ

古銭買取の値段を決定するいくつかのポイントをご紹介しました。

古銭は昔は当たり前にお店などで使われていたお金で、当時の価値は銀行が定めた価値しかありません。 ところが製造が終了して使われることがなくなってくると、銀行が定めた金額以上の価値が生まれるものです。

そのため、銀行が定めた価値のままで使用するのではなく、買取査定をしてもらい、より高い価格が付いた方が良いでしょう。 しかし、どんなものでも価値があるという訳でもありません。まず最も価値があるものは発行枚数が少ないもの、それに加えて保存状態が良いことなどが高価買取される条件となっています。

自宅に眠っている古銭があるという方は、一度、古銭の専門買取業者に査定をしてもらってみてはいかがでしょうか。