古銭とは昔使われていたお金のことで、今現在は製造されていないものですが、今でもお店などでは使うことは可能となります。 昔使われていた古銭は、今現在でも使用することは可能ですが、金額としての価値で使用することは非常にもったいないものでもあります。

古銭は製造こそされていはいないまでも、当時の金額としてお店などで使う事は可能です。しかし、古銭は既に製造されていないことからも、プレミア価値が付いているものが数多く存在していて、金額としての価値よりも高額な買取価格がつくことがあります。 そのようなことから、お店などで使うよりもしっかりとした査定をしてもらった上で、買取をしてもらう方がお得でしょう。

しかし、買取をしてもらうには全く知識のない状態では、正しい安く買取られてしまったり、高く買取ってもらおうと、間違った手入れをしてしまい、逆に価値を落としてしまう事もあります。 ですので、まずは正しい知識を身に付けて、どんな古銭が高く買取ってもらえるのかを知っておくようにしてください。

ここでは、古銭の基本的な知識や歴史、さらには買取一覧などをご紹介していきますので、自宅に眠っているという方は参考にしてください。

古銭の歴史と希少価値

古銭の歴史は非常に古く、元々は物々交換をしていた時代に、より便利に取引を行う為に作られたのが紙幣という考え方です。

それだけに最も古いものになると原始時代にまでさかのぼります。日本の古銭の歴史は8世紀に鋳造された和同開珎によって開始されます。 その後は平安時代にかけて銅貨を12種類、銀貨を2種類、金貨を1種類製造したとされています。これらを皇朝十二銭と呼び、買取一覧の中でも非常に高額な取引をされている古銭になります。

人気のある皇朝十二銭としては寛平大宝や貞観永宝、神功開宝、隆平永宝などがあります。そして、どの皇朝十二銭でも買取一覧では10,000円から、中には饒益神宝のように100万円を超えるものまであります。 その後も新たな紙幣の製造がされていくようになるのですが、戦争中などには金属は貴重なものだった為、アルミや銅といった安価なもので硬貨を製造したりもしました。 当時は安価なものだったものでも、今現在では希少価値が高いことから高額買取をされているものが数多くあります。

このような歴史的背景も踏まえながら見てみることで、さらに面白さを増すことも、多くのコレクターに愛される魅力なのかもしれません。

買取対象となる古銭の一覧

古銭は多くのコレクターがいる人気のアイテムですが、一体どんな種類であれば買取をしてもらえるのでしょうか。

古銭と聞くと多くの方がイメージするのが小判のようなものだと思いますが、実は非常に多くの種類があるのです。 買取対象となる古銭の一覧としては、当然昔使っていたお金があります。例えば100円札や500円札などの今は硬貨として製造されているお金や、聖徳太子が描かれていた1万円札などは買取対象となります。

その他にも記念硬貨なども対象となっていますが、例えばオリンピックなどが開催されると記念に作られるもので、希少価値も高いことから高額買取が期待できます。 またお金は日本だけのものではありませんので、海外で使われていた金貨や銀貨といったものも古銭として買取の対象となっています。 金貨や小判、大判といったものは使われている金属自体も金などの高価な金属を使用している為、非常に高額となる場合がありますので注目です。

他にもイーグルコインや通貨セット、硬貨アルバムなども買取の対象となっていますが、これらの物は中々自分では価値がどのぐらいなのか判断が難しいものですので、お持ちの方は一度査定に出してみると良いでしょう。


高額買取される古銭の一覧

古銭は近年注目度が上がっていて、それは日本国内だけではなく海外でも注目が集まっていることから、売却をするには最適な時期と言えます。

しかし、古銭であればどんなものでも高額買取をしてもらえるという訳ではありません。高額となる条件は店舗によって異なりますが、多くの場合は2つに分けることができます。 1つが金貨などの金のレートと古銭としての価値がかみ合っているもの、もう1つが歴史的な価値が高く、プレミアがついているものです。

例えば価値が高いものとしては、世界的に重要な国際イベントの際に数十枚しか発行されなかった記念コインや、江戸時代に数枚しか出回っていなかった大判や小判なども高額な値段で取引されています。

また意外と高額になりやすいものとしては、エラーコインと呼ばれるもので、製造の過程で印刷がずれてしまったものや、穴が開いていなかったりずれているものなどです。 これらのものは非常に高額な取引がされているのですが、これに関しては古銭でなくても今現在も発行されているような紙幣であっても高額な取引の対象となっています。

ですので、古銭でエラーコインのようなものがあれば、非常に希少価値が高くなりますので、高額買取されることは間違いないでしょう。

高額買取してもらう為には

このように様々な古銭が高額買取の対象となっているのですが、同じものであっても買取査定は異なってきますので、高く買取ってもらうにはどのようにすれば良いのかお伝えします。

同じ種類であっても、その価値が異なる場合が多々あります。まず最も重要なことは保存状態になります。 やはり古いものですので、保存状態が悪いものが多くなってしまいます。ですので逆に保存状態が良いものであれば、非常に希少価値が高くなりますので高額な取引の対象となります。

ただし注意していただきたいことが、綺麗な方が買取価格が上がるからと言って、薬液などを使って素人が磨こうとすると、逆に傷をつけてしまい価値を下げる恐れがあります。 ですので、自分で無理に磨くようなことはせず、柔らかいタオルなどで軽く汚れを落とす程度に済ませておくようにしてください。

次に同じ種類のものでも価値が異なる場合は、紙幣などにかかれている番号です。これは同じものが2枚以上ないように各種類ごとに割り振られた番号のことです。 この番号の並びが1から順番に並んでいたり、1だけの場合には同じ種類であってもその価値は大きく跳ね上がります。 これは今現在発行されている紙幣であっても同じですが、これが古銭ともなれば非常に高価なものとなります。

古銭の歴史と知識、そして買取一覧まとめ

古銭は古くから買い物などで当たり前に使用してきたものです。そして今現在は製造こそされてはいないものですが、お店などでは使うことが可能となります。

しかし、古銭の歴史は古く時代背景によっても、作られた種類の特徴が異なります。それゆえに多くのコレクターが存在していますので、金額として価値以上の高額な取引の対象として扱われています。 ですので、お金の価値をそのまま使うのではなく、専門業者に査定をしてもらって買取をしてもらった方が良いでしょう。

希少価値が高いものとしては、やはり歴史が古く製造枚数も少ないものが高額買取の対象となります。 また金貨や小判、大判のようにそもそも使われている素材の価値が高いようなものであれば、歴史的価値に加えて金として価値も加わりますので高価買取が期待できます。 同じ種類であっても、その価値は大きく変わることがあります。まずは保存状態ですが、古いものですので保存状態の良いものは数が少ないです。 数が少なければ価値が上がりますので、綺麗な方が良いのですが、だからと言って無理に磨いて逆に価値を落としてしまう事もありますので注意してください。

このように、昔は価値が低かったものであっても、今現在は高額になっている場合がありますので、自宅に古銭が眠っているという方は、一度専門の業者に査定をしてもらってはいかがでしょうか。