硬貨の歴史はとても古く、歴史的背景を知るためにも非常に重要なアイテムですので、高額で売買されることも少なくありません。

個人的に収集している方も少なくないため、あらゆる機関で買取ってもらうことが可能です。 家に古銭がある方は査定に出しましょう。 いわゆる大判小判のようなものばかりが価値があるとは限りません。 庶民の間で一般的に使用されていたものはもちろんのこと、比較的近代のものでも中には非常に高額で買取られるものも存在するのです。 もちろん、外国のコインでも問題なく買取ってもらえます。

古銭の種類は実に多く、一部地域限定で使われていたものや外国のものなどを合わせるとかなりの数が存在します。 単純に種類が多いだけでなく、中には偽物やレプリカなども存在するため、素人ではなかなかその価値を判断することは困難です。 もし手元に大量に古銭があるのならば、査定にもある程度の日数を要する可能性があることを念頭に置いておきましょう。

買取業者によっても査定額が大きく異なる場合もありますので、大きく損をしないためにもある程度の相場を把握しておくことが大切です。 また、出来ることならば複数の業者に査定を依頼して、査定額を比較するようにしましょう。

どんなものが買取ってもらえるの?

古銭を買取ってくれる業者は非常に多く、買い取ってもらえる古銭のタイプも色々あります。

まず、大判小判といったものは当然それ自体が金や銀で作られているものですので非常に価値が高くコイン買取業者に限らず買い取ってもらえます。 純度や製造された年によって異なりますが、数十万円?数百万円ほどで買取られるのが一般的です。 穴銭と言われる円形や楕円形のものの中央に四角い穴が開いているものや、小金銀は歴史的価値があるものも多く、中には高額なものも存在します。

古銭の中には四角い形のものや、一見硬貨には見えないような特殊な形状のものもあります。 特に珍しいものなら百万円以上の価値がある場合もありますので、一般的にあまり知られていないような形のものでも是非査定に出してみましょう。 穴が空いていない近代硬貨や古紙幣なども買い取ってもらえます。

近代硬貨はデザインが美しいものも多く、外国人の中にも収集している方がたくさんいらっしゃいます。 製造された年や現存している枚数、保存状態によって数千円から数十万円ほどと、買取価格に大きな差が生まれるのが特徴です。 古銭の中でも家に残っている可能性が一番高いタイプですので、気になる方はまず査定に出してみることをお勧めします。

記念硬貨やカラーコインについて

国の大きなイベントごとの際などに発行される特別な硬貨が記念硬貨です。

発売される期間にも限りがありますので、プレミア価値が付くのではないかと思われがちです。 しかし実際のところ、かなりの枚数が製造されるものですので、思ったほどの価格にならない場合も少なくありません。 比較的近代に製造されたものや、記念硬貨の中には現在も普段の買い物の際に利用可能なものもあります。 店舗によっては機械で処理する際にエラーを起こしてしまうため、使用を断られる場合があります。

しかし銀行で両替をしてもらうことも出来ますので、もしも買い物に使用したいのであればあらかじめ両替をしておきましょう。 枚数が多い場合、口座振込にしてもらうと手数料が不要になりますのでお得です。

また観賞用に作られたプルーフ貨幣や、ケースに入れられているミントセットなどはそれらをメインに収集している方も多いものです。 中にはかなりの高額になるものもあります。 これらの場合はいかに保存状態がいいかによってかなり金額に差が出てきます。

特にケースなどの付属品の有無は重要なポイントになってきますので、買取りに出す場合は付属品も一緒に付けるようにしましょう。


どんなものが高額になるの?

古銭といっても、買取価格に非常に大きな差があるものです。

では高額で買い取ってもらえるものというのはどんなものでしょうか。 基本的に歴史的価値があるもの、発行数が少なくて希少価値が高いもの、保存状態がいいものほどより高額で買い取ってもらえます。 特に紙幣においては汚れていたりカビが生えていたりすると急激に価値が下がります。 折れ目の有無によっても値段の差が出てきますので、保管しておく場合は空気や湿気に十分注意しておくことが必要です。

それ以外にもエラー紙幣、エラーコインは非常に高額で売買されます。 印刷ミスで本来の色とは違う発色になってしまったものや、画像にズレが生じてしまったものなどや、硬貨の穴の位置がズレていたり、そもそも空いていないものなどはオークションサイトなどでもとても人気があるアイテムです。 特に最近は製造技術の向上に伴い、エラーも少なくなってきましたので、近年のものほど高額になる傾向があります。

また紙幣の製造番号が1から順に並んでいたり、ゾロ目だったりしたものも高値で買取られることがあります。 なかなか見つけにくいものですので、たまにお財布の中のお札をチェックしてみるのもいいかもしれません。

古銭を買い取ってもらうためには

古銭を買い取ってもらうにはいくつか方法があります。

まず最も一般的なのは、古銭買取を行っている店舗に直接商品を持ち込んで査定をしてもらうという方法です。 出来れば数店舗回って査定額の比較をしてみましょう。 近くに買取店舗がない場合や、忙しくてなかなか出向けないという場合、出張買取や宅配買取を利用するという方法もあります。 宅配買取の場合、商品を詰めて送るだけで査定をしてもらえます。

店舗によっては無料の宅配キットを準備してくれるとこもありますので非常に便利です。 もちろん、査定価格に納得がいかなかった場合もきちんと商品を送り返してもらえますので安心して利用しましょう。 店舗によっては、買い取ってもらいたい商品の画像をメールで添付するだけで大体の査定をしてもらえるところもあります。

買取枚数が少ない場合や、出来るだけ多くの店舗で査定を比較したいという場合におすすめです。 いずれの場合も、トラブルを防止するために買取の際には必ず身分証明書が必要になります。 宅配買い取りの場合、身分証明書のコピーを同封しなければならないこともあります。 直接店舗で査定をして貰う場合には、あらかじめ身分証明書を用意しておきましょう。

古銭の買取は相場と比較することが大切まとめ

古銭の処分をする場合、専用の買取業者に買い取ってもらうだけでなく、オークションサイトを利用するという方法もあります。

インターネットが普及したことによって利用者数も格段に増えてきましたし、会員登録をすれば誰でも気軽に利用することが出来るため、非常に便利なものです。 店舗ではあまりいい値がつかなかった記念コインでも、場合によっては高額で落札されることも少なくありません。 特徴的な製造番号のものやエラー紙幣、エラーコインなどは非常に人気があるため、オークションサイトでは高値もつきやすいものです。

ただし、オークションサイトを利用する際はデメリットがあることも念頭に置いておく必要があります。 出品したからといって必ずしも落札されるという保証はありません。 また出品したい古銭のある程度の相場を把握しておかなければ、かなり損をしてしまうこともあります。

出品する際には、あらかじめその商品がどれ位の価格で売買されるのが妥当なのか下調べをした上で、最低落札額を設定しておくことをおすすめします。 落札した後鑑定してもらったら、実は贋作だったというトラブルも稀に起こっていますので、気になる場合はあらかじめ真贋の確認をしておきましょう。