江戸時代を中心に鋳造された小判は、古銭の中でも高値で取り引きされています。 ただ、「自分が持っている小判は、どれくらいの価値があるんだろう?」「どんな種類の小判が高い相場で買取されているんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? そこで今回はそういった方へ向けて、江戸時代に鋳造された小判の特徴と買取相場、価値の高い小判の特徴について解説していきます。 この記事を読めば、小判の特徴や買取相場について確認できるので、あなたの小判がどれくらいの相場で取り引きされているのかが分かるでしょう。

小判とは 買取における人気はどのくらい

小判とは、江戸時代に流通した大判より小型の金貨のことです。小判型と呼ばれる楕円形をしているのが一般的な特徴で、表面には全体的に打目が付けられています。     また、特徴の一つとして「極印」であることが挙げられます。それまでに流通していた大判は、正式なものであることを示すために「墨書」で印が付けられていました。しかし、1つ1つ墨書きしていては一般流通に向かないということで、極印に改められたのが小判です。     小判は大判に比べて小ぶりで、買取価格は低くなっています。しかし、コレクターからの人気は高く、古銭の中ではかなり高い値段で取引きされています。  

小判の歴史

小判の歴史 小判は、江戸時代の初期から流通し始めました。江戸幕府を開いた徳川家康が、一般的に貨幣を流通させるために、それまでに流通していた大判よりも小型の金貨を製造させたのが始まりです。それまでは墨書だったものを極印に改め、小判を量産できるようにしました。     1601年(慶長6年)に徳川家康が後藤家に命じて作らせた「慶長小判」を始めとして、1860年(万延元年)に発行された万延小判まで、10種類もの小判が製造されました。ちなみに、江戸時代以前に鋳造された小判はとしては、駿河墨書小判と武蔵墨書小判があります。     江戸時代末期まで製造され流通していた小判ですが、明治時代に時代が移り変わり廃止されました。それまでの貨幣単位であった「両」や「分」「朱」「匁」が、「円」や「銭」「厘」に取って代わられ、コインや紙幣が発行されたことが理由です。   江戸時代というおよそ260年間の間のみに流通した金貨は、非常に価値の高いものです。  

小判の種類と買取相場

小判の種類と買取相場 以下では、江戸時代に鋳造された小判の種類と買取相場を紹介します。  

元禄小判

元禄小判は、1695年(元禄8年)に鋳造が開始された小判です。元禄小判の以前に鋳造されていた慶長小判は金の含有量が高く、一般にはそれほど流通しませんでした。しかし、元禄小判は金に銀を混ぜて鋳造枚数を増やしたことで、小判の流通量を増やすことに成功しています。その一方で、金の含有量が低いことが理由で、多くの元禄小判が溶かされてしまったため、現在残る枚数は少なく高値で取引されている小判です。 元禄小判の買取相場は、およそ500,000円~2,000,000円とされています。  

享保小判

享保小判は、1714年(正徳4年)頃から鋳造が開始された小判です。享保小判の以前には正徳小判が鋳造されていましたが、これがおよそ3ヶ月で鋳造が中止されました。その後、約20年間に渡って鋳造され続けたのが、この享保小判です。このように享保小判は長期に渡って流通していたため、現存する数も多くなっています。金の含有量は多いですが、流通量のために小判の中では買取相場はそれほど高くない方です。 享保小判の買取相場は、およそ100,000円~400,000円とされています。  

元文小判

元文小判は、1736年(元文元年)に鋳造が開始された小判です。「古文字小判」や「真文小判」とも呼ばれています。上で紹介した享保小判の次に鋳造された小判で、享保小判にマイナーチェンジが加えられたものとなっており、享保小判と同じく金の含有率は高いです。元文小判は元文元年から文政元年まで鋳造され、約90年もの間流通していました。したがって、現存している小判も多く他の小判に比べて価値は低くなっています。 元文小判の買取相場は、およそ数万円~十数万円とされています。  

文政小判

文政小判は、1819年(文政2年)に鋳造が開始された小判です。文政小判は、別名「草文金」とも呼ばれています。文政2年から文政11年までのおよそ10年間の間、鋳造され続けました。元文小判の以前に鋳造された元文小判も金の含有率は低かったですが、文政小判は元文小判よりもさらに金の含有率が低くなっており、江戸時代に流通した小判の中で最も金の含有率が低い小判といわれています。ただし、買取相場は元文小判と同等程度です。 文政小判の買取相場は、およそ数万円~十数万円とされています。  

天保小判

天保小判は、1837年(天保8年)頃に鋳造が開始された小判です。「保」という文字が打刻されているため、「保字小判」と呼ばれることもあります。天保小判は文政小判に続いて鋳造された小判ですが、文政小判と似ている点が多々あるのが特徴です。天保小判の方が文政小判より高い値段が付く可能性が高いので、適切に査定をしてもらう必要があります。天保小判をお持ちの方は、信頼のできる買取業者に査定を依頼してください。 天保小判の買取相場は、およそ40,000円~500,000円とされています。  

万延小判

万延小判は、1860年(万延元年)に鋳造が開始された小判です。江戸時代で一番最後に流通した小判であり、「新小判」や「雛小判」とも呼ばれています。万延小判の特徴は、鋳造機関が短く発行枚数が少ないことと、金の含有率が低いこと、サイズが小さいことです。発行枚数は少ないのですが、金の含有量が少ないことと鋳造された時代が新しいことから買取相場は低くなっています。 万延小判の買取相場は、およそ20,000円~100,000円とされています。  

価値の高い小判の特徴は?

江戸時代に鋳造された小判の中で特に価値が高いとされているのが、以下の2種類です。  
  • ・慶長小判
江戸時代の小判の中で、1番最初に鋳造された小判で希少価値が高いこと、江戸時代に鋳造された10種類の小判の中で最も金の含有量が多いことが理由です。  
  • ・元禄小判
15年ほどしか使用されなかった小判であり、江戸時代に鋳造された10種類の小判の中で最も希少価値が高いとされているのが理由です。   上記2種類の小判は、ともに江戸時代の初期に鋳造された小判です。江戸時代に鋳造された小判は、時代を経るごとにサイズが小さく、金の含有量が少なくなる傾向にあります。こういった理由から、江戸時代の初期に鋳造された「慶長小判」と「元禄小判」が価値が高いとされています。   また、小判の種類だけでなく状態の良さも値段に影響します。一般的に価値が低いとされている小判でも、状態が良く変色や劣化が進んでいなければ高い価値が付くこともあります。  

小判を売却する際は磨きすぎないように

小判の売却を考えている方は、小判を磨き過ぎないように注意しましょう。なぜかというと、小判を磨きすぎるとかえって価値を落とす可能性があるからです。表面に付いた汚れやホコリなど、簡単に落とせる汚れだけ落として査定に出すようにしてください。

小判の買取実績

小判の買取実績①

小判の買取実績
  • 買取エリア:大分県
  • 買取金額:¥205,000

小判の買取実績②

小判の買取実績
  • 買取エリア:東京都
  • 買取金額:¥85,000

小判の買取実績③

小判の買取実績
  • 買取エリア:岐阜県
  • 買取金額:¥552,000

<h2>小判を買取されたお客様の声

お客様の声:東京都 40代 女性 すごく良かったですね!まずは言葉遣いが丁寧だったことと、質問に関して的確に答えて 1点1点商品を丁寧を見てくれたので良かったですね!